パリでアパートメントを借りてみた!検索方法と契約手順、おすすめの滞在エリアをまとめました。

こんにちは、パワートラベラーの阪口です。

パリでは過去3回滞在し、夫婦で色んなエリアのホテルを転々としたり、短期で2回アパートメントを借りてきました

「パリでアパートを借りる」というと複雑な手続きを予想されるかもしれませんが、ヨーロッパの都市では、外国人旅行者が気軽に借りられるようなアパートがたくさんあります。

現地の人と同じ条件で、不動産屋で安い物件を探すとなると大変ですが、ホテルと同じ感覚で、サクッと借りることができるアパートも多いです。

今回の記事では、パリでのアパート探しと契約方法、そして「滞在してよかった!」と思ったオススメエリアをまとめていきます。

暮らすように滞在する、パリのアパート選びにご参考下さい!

まずは検索しよう!パリのアパート検索の方法について

パリのアパートを検索する方法は、主に次の3つの方法に分かれています。

1.「Paris Apartment」と検索して、現地のアパート検索サイトを利用する

2.「AirBnB」などアパート予約サイトを利用する

3.「Booking.com」などのホテル予約サイト内でアパートを見つける

この3つのパターンになるかと思います。

数ヶ月期間の長期で借りるのであれば1の方法、数日〜数週間程度の短期滞在であれば、2 or 3の方法のほうが手軽でオススメです。

それぞれの方法についてご紹介します。

1.パリ専用のアパート予約サイトで検索する方法(長期滞在向け)

まずは英語で「Paris Apartment」で検索してみます。

パリ アパート検索 in Google

そうすると、パリのアパート物件を取り扱っているサイトがいくつも出てきます。

僕が比較検討したサイトを羅列すると、、、

などですね。

日本語対応しているのは「LODGIS」と「Only Apartment」の2サイト。

どちらも日本語対応なのでわかりやすいですが、LODGISは手数料として20%かかるのでちょっと割高な感じです。個人的にはOnly-Apartmentsが手頃なアパートが集まっていて気に入っています。

パリのアパートをOnly-Apartmentsで検索!3

部屋の広さや内容、設備などを見ながらアパートを絞り込んでいくプロセスは、ホテル選びと同じ感覚でできます。Wifiがちゃんとついているかどうか、自炊をするならキッチンがあるかどうかなどもきちんとチェックしておきましょう。

あとは、「今すぐ予約」をクリックしてホテル予約と同じような要領で予約をしていくだけです。簡単ですね!

アパートを予約するときの注意

こうしたアパート検索サイトで予約したときの注意は、サイトを経由して予約を完了して「それでおしまい!」ではなく、アパートのオーナーさんや管理会社と連絡を取る必要があるということです。

部屋の予約をした後で、

  • 鍵の受け渡しの詳細(場所や時間)
  • 支払いについて

この2点を決める連絡を取ります。

パリのアパートをOnly-Apartmentsで検索!5

過去に借りたアパートにて。部屋の前で待ち合わせ、自転車でやってきたオーナーさん。

鍵の受け渡しについてですが、ホテルのように受付にスタッフがいるところは稀です。オーナーさんと直接連絡をとって、鍵の受け渡しと支払いについて調整します。

オーナーさんは同じアパートに住んでいることもありますし、まったく別の場所に住んでいて、自転車でやってきてアパートのドアの前で待ち合わせることもあります。

これは物件によって変わりますので、必ず「到着時間」と「場所」については確認するようにしましょう!

2.AirBnBホテル予約サイトで「アパート」を探す(短期滞在向け)

短期滞在用でアパートを借りるのであれば、「AirBnB」や「Booking.comのアパート検索」などがおすすめです。

こうしたホテル予約サイトに掲載されているアパートは、受付がついていたり、ロック付きのポストに鍵を入れてくれたりなど、前出したオーナーさんとの英語でのやりとりなどを省けることが多いのが特徴です。

ホテルと同じ感覚でアパートを検索することができて便利。ということで最近は、こちらの方法でアパートの予約を取ることが多いです。

Booking.comでパリのアパートを検索しよう!

意外と知られていないように思うのが、Booking.comなどの大手予約サイトでアパート検索ができるということ。

アパート検索ページはこちら→https://www.booking.com/apartments/

ホテル予約と同じように、「都市名」「チェックイン日」「チェックアウト日」を設定すると、その地域で空きがあるアパートを検索することができます。

アパートを検索するコツですが、個人的には、

「パリ市内中心部」

で、徒歩圏内に観光名所や駅があったり、ショップやレストランが多い地域を選ぶようにしています。(パリ滞在のおすすめエリアは下にもまとめています)

HotelsCombinedでパリのアパートを探そう!5

ホテルの価格帯に比べると、アパートは比較的安め。ホテルと同じ値段を出すと、ホテルの部屋より2-3倍くらい広い部屋に宿泊できることもよくあります。アパートタイプの部屋は大抵キッチンがついているので、自炊をすれば滞在費を節約できますね!

アパートの予約の流れは、通常のホテルと同じような流れになります。アパート予約に抵抗がある、英語でのやりとりが苦手という場合は、大手ホテル予約サイト内でアパートみるけることをおすすめします。

Booking.com アパート検索ページへ

3.パリでアパート滞在するならこのエリア!おすすめ3選を紹介します。

東京の山手線と同じくらいの大きさのパリ市は、中心を1区(ルーヴル美術館も1区です)として、時計回りに20区まであります。

そして、地区によって雰囲気が違い、治安や安全度も異なります。

僕は最初、パリの土地勘がなかったこともあり19区の黒人居住区にアパートを借りたことがあるのですが、その時はだいぶ殺伐としたパリ滞在になりました(笑)

実際にパリで暮らしてみて「ここは良かった!」と思うエリアをご紹介します!

パリおすすめ滞在エリア1: オペラ座エリアのアパート

百貨店・ギャラリー・ラファイエットの屋上から。屋上はテラスになっていてオペラ座エリアを見下ろすことができます。まずアパート滞在におすすめなのが「オペラ座エリア」。

有名なギャラリー・ラファイエットなどのデパートや専門店、レストランやカフェなどが並ぶこのエリア。観光・食事・買い物、すべて満たすことができるおすすめエリアです!

またこのエリアは交通の便も良いのが特徴。

シャルル・ド・ゴール空港からのシャトルバスの発着場所となっているのもこのエリア。パリ市内のちょうど中心地ですので、駅を通っている地下鉄の路線数も多いです。

また人通りも多いですし、高級ホテルなども多いため、治安的にも比較的安全というのもポイントです。僕ら夫婦はまず、このエリアからホテルやアパートを探すことが多いです。

オペラ座周辺のアパートを検索する

パリおすすめ滞在エリア2:ルーブル美術館の東・マレ地区のアパート

オペラ座近辺のパリのアパートを探そう!

少し長めの滞在を予定されているのであれば、ルーヴル美術館の東側、マレ地区(3区・4区)寄りのエリアがおすすめです。

長期滞在向きのアパートもあり、日本人の管理・経営するアパルトマンもあるので、安心してパリジャン、パリジェンヌ気分を体験することができますよ。

以前、このエリアのアパルトマンに滞在した時にはご近所の方と親しくなり、冷凍食品を専門に扱うお店や食料品のお店、日用品をお手頃に購入できるお店と地元情報をいろいろ教えてくれました。

セーヌ河のほとりを散歩したり、世界遺産であるノートルダム大聖堂を見学にいったり。パリ滞在を満喫できるエリアといえるでしょう!

マレ地区のアパートを検索する

おすすめの宿泊エリア3:パリ16区の高級住宅街エリアのアパート

e50fa186d84c9c7f081fb35ffa127631

パリへは何度か行ったことがあるし、見たい所もだいたい行ったので、今度は少しパリジャン、パリジェンヌ気分でのんびり過ごしてみたいなぁという方には、パリの16区、高級住宅街として知られるエリアでアパートを借りるのもおすすめ。

高級住宅地と聞くと高そうなイメージですが、このエリアには意外とかわいいプチホテルや、気軽に借りられるアパートの数も多いです。

この16区で朝から散歩をしたり、カフェのテラスで朝食を兼ねてのんびり本を片手にカフェを楽しんだり。落ち着いたパリ滞在を楽しむならおすすめの地区です!

パリ16区のアパートを検索する

アパートを借りて気分はパリジャン。素晴らしいパリ滞在を!

パリは物価も部屋の値段も高いですが、アパートを借りて自炊をすると、意外と生活費が節約することができます。

なにより、拠点ができたようでワクワクします。アパートは2-3日の短期滞在でも借りることができます。「暮らすように滞在する」そんなパリもぜひ楽しまれてくださいね!

Booking.comでアパートを検索する

AirBnBでアパートを検索する

POWER TRAVELER

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。

「いつでも自由に旅することができる」という状態を保つため、PC1台で完結する仕事がメインです。

仕事についてのまとめはこちら

妻と世界を旅してきましたが、昨年に娘が生まれたため現在は育児をしながら国内外を旅しています。(旅の記録はこちら

関連記事

赤ちゃんと留守番してわかった、ずっと家にいるのに家事が進まない3つの理由

男は常に女性を気遣わねばならない。パリで店員に怒られて学んだ「レディーファースト...

バレンタインなので妻に花をプレゼントしました【Family Tradition】

ディズニーランドパリ ナイトショーの時間は? 終わってからの列車移動、治安は大丈...

うつ病を克服するために起業を決意!抗鬱剤ではなく「一人でも生きる力をつける」とい...

夢をカチカチ唱えるために。カウンターを手に入れました!