男は常に女性を気遣わねばならない。パリで店員に怒られて学んだ「レディーファーストの精神」

こんにちは、パワートラベラーの阪口です。

妻とヨーロッパを巡りながら過ごしています。

ヨーロッパで滞在していて感じるのは、とにかく「レディーファーストの文化」であること。

僕も意識をして「やろう」とはするのですが、いつも失敗ばかりしてきました。

たとえば、、、

ドアを開けてあげようとしたら、足がもつれてドアにぶつかったり。

コートを着せてあげようとしたのに、コートの腕の位置がわからずにからまったり。

方向音痴にも関わらず道案内をしようとして、結局迷ってしまったり、、、

と、恥ずかしくて書けないような失敗を色々としてきました(笑)

日常的に試されるレストランでのレディーファースト

DSC04914海外で日常的にレディーファーストを意識する機会というと、レストランになるでしょうか。

ドアを開けてあげることはもちろんですが、レストランに入るときは女性が先頭。男性はその後ろについて歩きます。

席は、女性に良い席を。案内してくれるウエイターが、テーブルについたときに片側の椅子を引いてくれます。こちらがお店にとっての良い席で、女性が座ります。

日本だと男性がどんどん店内に進んでいって、女性がその後に続く、というのがけっこう普通なので、気をつけたいですね。簡単そうなことですが、できていないとウエイターに怪訝そうな顔をされることもあります。

支払いも、男性がすべて行います。

もし恋人同士や、家族との海外旅行で旅費を割り勘にしていたとしても、支払い時には男性が払うようにして、精算はあとにするようにしましょう。

このあいだ妻が、弟さんと一緒にパリのレストランで食事をしたのですが、妻のほうがカードで支払いをしたときに、「You are Lucky boy!」と皮肉っぽく言われたとか。

そのときは「彼は私の弟だから!」と言って、「そうだったのか、安心したよ!」みたいな会話をして仲良くなって帰ってきたらしいですが、やはりヨーロッパの人は、レディーファーストにはかなり神経質のようです。

店員に怒られて知った、レディーファーストの精神

このときのように、男性側のレディーファーストが徹底していないと、たまにウエイターに怒られたりします。

こないだパリのカフェに入った時。僕はお腹が空いていたので料理を、妻はお腹が空いていなかったので、コーヒーだけを注文しました。

テーブルの上には、事前にフォークとナイフセットが置かれています。

女性のウエイターに注文を伝えると、「料理は一人分だけ?」と聞かれたので、「料理は僕だけだよ」と伝えて、妻の分のセットを片づけてもらおうとしました。

すると、

「料理はシェアしないとダメでしょう!あなただけで食べないのッ」

と小声で怒られてしまいました。

彼女はお腹が空いていない、ということを伝えなかったこともありますが、「シェアしよう」という気持ちを見せることが、あの場面では正解だったのかなぁと思います。

妻が料理を食べる、食べないではなく、いつお腹が空いても食べられるように準備はしておくということ。

そうした気遣いをするということが、レディーファーストの精神なのかもしれないと学んだ瞬間でした。

実際、僕が食べているのを見てお腹がすいてきたのか、結局ふたりでシェアして食べました。それを見て、心なしウエイターも得意げだったことを覚えています。

レディーファーストは急にできるものではありません。

常に意識をしながら繰り返しやり続けることで、自分の中の「文化」「習慣」になっていく、そうしてはじめて「身についた」と呼べるものになるのだと感じました。

(阪口ユウキ)

 

POWER TRAVELER

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。

「いつでも自由に旅することができる」という状態を保つため、PC1台で完結する仕事がメインです。

仕事についてのまとめはこちら

妻と世界を旅してきましたが、昨年に娘が生まれたため現在は育児をしながら国内外を旅しています。(旅の記録はこちら

関連記事

長期旅行をマンネリ化させないために、僕が工夫しようと思っている「ハイブリッド滞在...

JAL国内線の機内WIFIを使ってみた!回線速度や使い心地は?

語学研修中に叶ったふたつの夢

今話題のHotelsCombined(ホテルズコンバインド)って何? オフィス訪...

家族が増えました!新しい旅のはじまり。

境界線を踏み越えて。19日までフィリピンに滞在します!