スーツケースに何を詰めるか。それはその時の自分にとって一番大事なものは何なのか?を把握する行為なのだと思う。

スーツケース内の白シャツ占有率が、僕ほど高い人は少ないのではないかと思う。

スーツケースの半分が、白シャツで埋まる。

今日から1週間ほどシンガポールに出張にでかけるのですが、パッキングをしながらそんなことを思いました。

関西国際空港にて、フライト前の一枚。今回のフライトも妻と一緒です。

関西国際空港にて、フライト前の一枚。今回のフライトも妻と一緒です。

僕は普段から、白シャツとデニムだけで生活をしていて、他の洋服を持っていません。

これは海外に行っても同じで、常夏の国でも、真冬のヨーロッパでも、基本的には白シャツ+α(セーターやダウンジャケット、あるいは半パンツなど)で生活しています。

仕事着というか、制服のようなものですね。

朝、「今日は何を着てでかけようかなー」という悩みは、ここ数年ですっかり疎遠になりました。

IMG_8291

アメリカのグランドキャニオン国立公園にて。基本はこのスタイルに、寒いときは上に羽織ものをしています。

白シャツは、今はgreen label relaxingのシャツが着心地が良くお気に入り。同じシャツを4枚ほど揃えています。

あとは、街に出て気に入って気に入った白シャツを定期的に買い足していき、今は計7枚を着まわして過ごしています。

出国前は、出国前日に仕上がるように畳みでクリーニングに出しておき、受け取ったものをそのままスーツケースへ。

ぎゅうぎゅう詰めにするとシワができるので、余裕がある状態に。もう半分のスペースには、下着類や日用品などをぎゅうぎゅう詰めにして詰めるパッキングに落ち着いています。

パッキングをするときにいつも思うこと

パッキングをするとき、僕はいつも思うことはあります。

それは、パッキングという行為には、その人の生き方や哲学が反映されているということ。

たとえば、スーツケースの半分が白シャツで埋まる、これは相当にシャツにこだわりがある人しかありえません。

中にはスーツケース内の靴の占有率が高い人もいるでしょうし、色とりどりのワンピースで埋まる人もいるでしょう。

海外でも最高の音質を楽しみたいとミニスピーカーを入れている人、釣り道具一式が詰まっている人、海外でも米食を続けたいからと小型の炊飯器を入れている人もいます。

スーツケースを開けてみると、その人が、旅先だろうが絶対にもっていきたい、大切な何かが見えたりします。

旅先に持っていく仕事道具はMacbookだけ。現地のSIMカードをiPhoneに入れてテザリングすれば、それでインターネット環境と仕事環境が整います。

旅先に持っていく仕事道具はMacbookだけ。現地のSIMカードをiPhoneに入れてテザリングすれば、それでインターネット環境と仕事環境が整います。

僕は2011年から旅ぐらしをはじめ、年20-30回くらいフライトをする生活を続けているのですが、その都度その中身は変わっています。

5年前と今とでは、同一人物のパッキングとは思えないほどです。自分の成長や、価値観が変わるたびに、スーツケースの中身も変化してきました。

どんなに部屋の中にものがあふれていても、スーツケースにいれられるものは限られています。その限られたスペースに、今、詰め込みたいものは何なのか。

パッキングとは、「今自分にとって大事なものは何なのか?」を把握する、儀式のようなものなのかもしれません。

【お知らせ】パワートラベラーの定義と、この働き方を叶えるための戦略を動画でまとめました▶▶「パワートラベラーを叶えるための考え方と基本戦略

POWER TRAVELER

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。

「いつでも自由に旅することができる」という状態を保つため、PC1台で完結する仕事がメインです。

仕事についてのまとめはこちら

<最近の旅>
2019年5月:マレーシア、フィリピン、モナコ(instagram

関連記事

「るるぶ」も「地球の歩き方」も電子書籍で買えるって知ってた? 分厚いガイドブック...

NO IMAGE

自分の「強み」で起業するのは間違い? ひとり起業では「絶対にやりたくないこと」を...

NO IMAGE

【夢を諦める方法】僕が10年追いかけたミュージシャンの夢を諦められた「1つの気づ...

理想のライフスタイルを「とりあえず」生きる。人生の方向性を決めるにはプチ冒険が必...

パリでアパートメントを借りてみた!検索方法と契約手順、おすすめの滞在エリアをまと...

どんなに妻のリクエストを叶えても、120点はとれないのだと気がついた話。