もし来年、たった1つのことしかできないとしたら、あなたは何をしますか?

妻と沖縄でクリスマスを過ごしています。

沖縄はこの時期オフシーズンで、クリスマス時期のホテルも東京のように高騰していません。

むしろ、特別価格でのプランが出ていたりしました。

昨日までは「インターコンチネンタル万座リゾートベイ」に宿泊していたのですが、「通常料金で宿泊すると5ランクアップ!」というキャンペーンをやっていて、1泊2万円で、専用ラウンジがついているプレミアムフロア(通常1泊5万程度)に通されました。

IMG_2965

クリスマス時期は、沖縄だったらホテルが安くなる!という発想はありませんでした。せっかくなら毎年、この時期は沖縄に来たいなぁと思った次第です。

この1年振り返ってみると、、、

今回の沖縄滞在はホテルでのんびり過ごしているのですが、妻と今年あった出来事を振り返るようなこともしています。

振り返ってみればこの1年、色々なところを移動してきました。

思い出せる範囲で列挙すると、、、

1月:フィリピン、バンコク
2月:福岡、大阪、東京
3月:石垣島
4月:京都、石垣島、大阪、兵庫
5月:パリ、ウィーン
6月:プラハ、アムステルダム、ブリュッセル
7月:パリ、ロンドン、千葉
8月:大阪、名古屋
9月:台湾
10月:バンコク、チェンマイ
11月:東京、大阪、チェンマイ
12月:香港、大阪、沖縄

と、アジアからヨーロッパまで、二人で色々なところに行ったなあと思います。

特に思い出深いのはチェンマイでしょうか。

IMG_1399 のコピー

もともと僕はひとりで起業し、海外を飛び回りながら仕事をしていました。

ただ、ひとりで仕事をする毎日は寂しく、「海外で合流できる仲間を増やそう」と決心し、人前に立つのが苦手な自分を律して、勉強会を開いたり、パワートラベラー実践会を主催したりということをしてきました。

チェンマイでは、そうした僕の企画に参加してサイト作成に取り組み、出国する力をつけたメンバーさんと合流することが叶いました。

パワートララー実践会の卒業生メンバーとチェンマイで合流したときの一枚。

以前はひとりぼっちで利用していたカフェに、仲間と一緒にいてPCを並べて仕事をする。その光景を昔の自分がみたら、なんと言うだろうなあという光景を叶えることができました。

次の1年は何をしよう、そのときに決めること。

沖縄では妻とふたりで、「阪口家の年間計画」をざっくり立てているのですが、それとは別に、僕個人の「2016年にやること」のスケジュールを立てています。

僕は細かい年間計画を立てるときに、ひとつ、必ずやっていることがあります。

それは、

「この1年間で、
たったひとつのことしかできないとしたら、
一体何をするか?」

そのひとつを決める、ということをやります。

たったひとつです。1年間でひとつだけ。

1年間というと長く感じますし、あれやこれやと色々と僕はやりたくなってしまうのですが、1年を振り返ってみるとあっという間に時間は経ちますし、成し遂げられることも意外と少なかったりします。

ということで僕は、細かいTODOとは別に、その年のテーマをひとつ決めて、全ての優先順位に差し置いてそのひとつを達成するために時間をかける、ということを続けています。

過去のテーマはこんな感じ!

過去のテーマをご紹介すると、、、

2012年:出国する
2013年:語学を習得する(英語、タイ語)
2014年:出版する
2015年:妻とたくさん遊ぶ

というテーマを掲げてきました。

実際には、他にもいろいろなことをやっているのですが、そこにかけるエネルギー以上に、そのひとつのことに力を注ぐので、大抵は叶えることができています。

また、ひとつに集中した1年を送るので、たとえば「2013年は語学ばかりやってたなあ」と思い出すのも簡単です。

これまで僕は、あれやこれやと色々とやりすぎて、「結局、これといって成し遂げたものがなかった1年だったなあ」と思うこともあったので。

こうして年始に「たったひとつのこと」を決めてそれに取り組み始めてからは、濃い1年がつくれるようになったような気がします。

もし来年、たった1つのことしかできないとしたら、あなたは何をしますか?

この1年、そのひとつのことしか叶わなかったとしても。

「それで良し!」と胸を張って言えるようなものがあるとしたらそれは何か。

これを考えると、1年間で自分が最も注力しなければならないものが見えてきたりしますそして、それを意識しながら1年過ごしてみると、今の自分が立っている場所とはまったく別の場所に立っていることもあります。

IMG_3315

4年半前、「ひとりでも世界に出たい」そう思って起業をしたとき、僕にはなんの技術も人脈もありませんでした。

その状態から「出国し、海外で暮らす」ことを決め、そのひとつだけを叶えるために、持てる力の全てを注ぎました。PC一台でできる仕事の仕組みをつくろうと決意し、WEBの知識をゼロから身につけ、サイト作成やアフィリエイトの技術を磨き、来る日も来る日もサイトを作り続ける日々を送りました。

当時は辛いことの方が多かったですが、ただひとつを叶えるために生きる生活は、シンプルで、心地良いものだったことを覚えています。朝起きて、「出国する」ことだけを考え行動し、夜眠るときもまた「出国する」ことを夢見て眠りに落ちる。それだけに集中して生きる日々。

そうして1年3ヶ月が過ぎたとき、僕はタイのバンコク行きの飛行機にいました。そして、あれから3年間、日本と世界を行き来する生活を続けることができています。(その当時のことはこちらのストーリーにもまとめています

もし1年間、たったの1年間だけでも何かに集中することをすれば、翌年の同じ時期には、今いる場所とはまったく別の世界に立っていることもあります。

もし、来年、たった1つのことしかできないとしたら、あなたは何をしますか?

 

パワートラベラーの働き方について

僕ら夫婦は旅暮らしをしていますが、ただ旅をしていても、お金の心配は消えない。本当に楽しく自由になるには経済的自立が必要。という理念のもと、旅をしながらでも資金を稼ぐことができるライフスタイルを構築しています。

基本はPC一台で完結する仕事を選んでいます。PCで完結する仕事はいろいろありますが、最初に取り組み、現在も大切にしている仕事は、

ウェブサイトを作る

というものです。企業から仕事を受注するのではなく、自分でサイトの企画を立て運営をしながら、サイトからの広告収入(アフィリエイト)で生計を立てています。

仕事関連のまとめはこちら

関連記事

ジョホールバルで本格的な日本食が食べられる!「JAPAN STREET in C...

乗り越えなくてはならないものは、「無理だ」と思う自分の弱気な妄想なのだと思う。一...

お金を手に入れたいなら「収入を生み出す行動の比率を増やす」こと、それ以外に道はな...

どんなに妻のリクエストを叶えても、120点はとれないのだと気がついた話。

自分にとっての「成功の条件」とは何か?それは、世間体や常識や周りの評価を外れたと...

赤ちゃんと2人きりでスターバックスへ。通い慣れたスタバは、まるで異世界だった。