「自分の葬式代を出すために僕は稼ぎ始めた」ネガティブな動機から始まった行動は、まったく別の未来に続いていた。

アフィリエイトで成果を出している人は、何かしらのっぴきならない事情や理由を抱えていたりします。

友人のひとりは、「自分の葬式代を出すため」にサイトを作り始めました。

彼は30歳手前で仕事を辞めたのち、しばらく実家に引きこもった時期を過ごしています。

そのとき、

「自分の人生なんてもうどうにもならない」
「自分の存在なんて無価値だ」

と、一度は人生を諦めました。

今すぐにでも死んでしまいたい、でも死ぬにもお金がかかるし、家族にも迷惑がかかる。じゃあ、せめて自分の葬式代くらいは自分で出そうと、自宅にいながらでもできる仕事として、アフィリエイトをはじめました。

その後、彼はとあるジャンルに特化したサイトを作り、1年半が経つ頃には、以前働いていたときの給料の何倍も稼げるようになっていました。

その時にはじめて、「自分はこのまま生きていてもいいのかもしれない」と思うことができたそうです。今彼は、世界を自由に旅しながら、昔の自分では立つことができなかった風景の中に身をおいています。

それがどんなにネガティブな動機であっても、行動するということは、それだけでポジティブな方向に転がる可能性を持っているのだと思います。どんな動機であっても、行動を起こすことが結果に結びつく。あなたのそのネガティブな動機も、それが生まれた今のネガティブな場所とは、まったく別の未来につながっているのかもしれません。

【お知らせ】パワートラベラーの定義と、この働き方を叶えるための戦略を動画でまとめました▶▶「パワートラベラーを叶えるための考え方と基本戦略

POWER TRAVELER

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。

「いつでも自由に旅することができる」という状態を保つため、PC1台で完結する仕事がメインです。

仕事についてのまとめはこちら

 

関連記事

日常の中にポジティブなルーティーンを取り入れたら、充実感がちょっと高まった気がす...

もう時間と場所に縛られない。世界を旅しながら「個人で」できる仕事9選!

働き方や稼ぎ方の選択肢はいくらでもある。大事なのは「どの人生のストーリーを選択し...

夫婦で、世界のどこにいても仕事ができる環境を作る。

人生を切り開くのはいつだって行動力だった。"住み込みトラベラー"大崎くんに聞いた...

サラリーマンブロガーのYさんとお話して学んだ、「サラリーマン感覚」と「自営業感覚...