Keynoteにメイリオ(Meiryo)が入っていない!ときの対処法

こんにちは、パワートラベラーの阪口です。

毎月、運営しているオンラインサロンのレジュメ作成や、大学の講義用スライドの作成で、Keynoteで50-100枚ほどスライドを作成しています。

先日、Macbook Proに買い替えたのですが、いつもどおりKeynoteでスライドを作成しようとしたところ、

いつも使用している「メイリオ」フォントが見当たらない・・・!

調べてみると、メイリオはもともとWindowsに入っているフォントのようです。以前使っていたMacbookではデフォルトで入っていたのですが。

ということで、メイリオフォントを外部からダウンロード→Keynoteにインストールして使えるようにしてみました

まずはメイリオを外部サイトよりダウンロード

まずはメイリオフォントのファイルをダウンロードします。

探したところ、公式配布しているものが見当たらず、こちらのサイトよりダウンロードできました。

http://digicool.org/wp/?p=248

若干ダウンロードが不安になるサイトですが、、、解凍してみると、メイリオフォントのデータである「meiryo.ttc」が手に入ります。

ファイルは.lzhの圧縮ファイルになっています。もしファイルの解凍ソフトがない場合は、「The Unarchiver」という無料ソフトがおすすめです。

ダウンロードしたファイルをfont bookにインストール

次に、インストールしたファイルをfont bookにインストールします。

ファイルをダブルクリックすると、インストール画面が表示されますので「フォントのインストール」をクリックします。

これだけで、font bookの中にメイリオがインストールされます。簡単ですね!

もしうまくインストールできない場合は、font bookに直接ドラッグ&ドロップをする方法でもインストールできます。font bookは、フォルダ右上の検索窓で「font book」と検索すると表示されます。

もしKeynoteを開いている場合は、一度再起動させると反映されるようになります。

これでKeynote及び、他ソフトでもメイリオが使えるようになりました!

もし「いつも使っているメイリオがない!」という場合は、こちらの方法をご参考ください。

 

阪口ユウキ/パワートラベラー

 

【お知らせ】パワートラベラーの定義と、この働き方を叶えるための戦略を動画でまとめました▶▶「パワートラベラーを叶えるための考え方と基本戦略

POWER TRAVELER

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。

「いつでも自由に旅することができる」という状態を保つため、PC1台で完結する仕事がメインです。

仕事についてのまとめはこちら

<最近の旅>
2018年8月:フランス、イタリア+国内
2018年9月:フランス、イタリア、セルビア、スロベニア+国内
2018年10月:フランス、イタリア+国内

関連記事

Keynoteのフォントを一括変換(置換)する方法