Keynoteにメイリオ(Meiryo)が入っていない!ときの対処法

こんにちは、パワートラベラーの阪口です。

毎月、運営しているオンラインサロンのレジュメ作成や、大学の講義用スライドの作成で、Keynoteで50-100枚ほどスライドを作成しています。

先日、Macbook Proに買い替えたのですが、いつもどおりKeynoteでスライドを作成しようとしたところ、

いつも使用している「メイリオ」フォントが見当たらない・・・!

調べてみると、メイリオはもともとWindowsに入っているフォントのようです。以前使っていたMacbookではデフォルトで入っていたのですが。

ということで、メイリオフォントを外部からダウンロード→Keynoteにインストールして使えるようにしてみました

まずはメイリオを外部サイトよりダウンロード

まずはメイリオフォントのファイルをダウンロードします。

探したところ、公式配布しているものが見当たらず、こちらのサイトよりダウンロードできました。

http://digicool.org/wp/?p=248

若干ダウンロードが不安になるサイトですが、、、解凍してみると、メイリオフォントのデータである「meiryo.ttc」が手に入ります。

ファイルは.lzhの圧縮ファイルになっています。もしファイルの解凍ソフトがない場合は、「The Unarchiver」という無料ソフトがおすすめです。

ダウンロードしたファイルをfont bookにインストール

次に、インストールしたファイルをfont bookにインストールします。

ファイルをダブルクリックすると、インストール画面が表示されますので「フォントのインストール」をクリックします。

これだけで、font bookの中にメイリオがインストールされます。簡単ですね!

もしうまくインストールできない場合は、font bookに直接ドラッグ&ドロップをする方法でもインストールできます。font bookは、フォルダ右上の検索窓で「font book」と検索すると表示されます。

もしKeynoteを開いている場合は、一度再起動させると反映されるようになります。

これでKeynote及び、他ソフトでもメイリオが使えるようになりました!

もし「いつも使っているメイリオがない!」という場合は、こちらの方法をご参考ください。

 

阪口ユウキ/パワートラベラー

 

POWER TRAVELER

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。

「いつでも自由に旅することができる」という状態を保つため、PC1台で完結する仕事がメインです。

仕事についてのまとめはこちら

妻と世界を旅してきましたが、昨年に娘が生まれたため現在は育児をしながら国内外を旅しています。(旅の記録はこちら

関連記事

Keynoteのフォントを一括変換(置換)する方法