25歳、脱サラ、鞄職人へ。「かばんばか」の川本有哉さんとお話してきました。

若き鞄職人、川本有哉さんとお話してきました。

川本さんは現在25歳。
「かばんばか」というブランドを一人で立ち上げ、制作から販売までを一人で行っています。

川本さんは、もともと小さな商社で働いていたのですが、

「このまま企業で働いていて、人生の展開はたかが知れている」

と退職を決意。

学生時代に海外を旅したとき、
「もっと面白い鞄で世界を歩けたらいいのに」
と思ったことを胸に、

京都の鞄職人のもとに弟子入りをして、
ゼロから鞄制作を学び始めました。

現在プロデュースしているのが、
こちらのの「カバック」というバックパック。

「かば」をモチーフにしたバックは、
両肩のところにぴょこんと耳が乗っかっていて、
遠目から見てもとても目立つシルエット。

革でできた鞄の手触りは滑らかで心地よく、
「これ、独立して1年ちょっとで学んで作ったの!?」
と驚くようなものでした。

特に印象的だったのが彼の手。

きっと、
会社勤めをしていたときには
綺麗だったろう両手は、
今は大きく、温かく、ひび割れた、
まさに「職人の手」になっていました。

飄々と朗らかに話す川本さんの姿に、
新しい人生を自らの足で踏みしめていく、
漢の生き様を感じました。

川本さんのHP:
http://kawamoto2968.com/kabanbaka/pg75.html

追伸:
写真の鞄「カバック」は、1月頃にクラウドファンディングで資金を募るとのことです。シルエットが可愛く気に入ったので、僕も応援する予定です!

パワートラベラーの働き方について

僕ら夫婦は旅暮らしをしていますが、ただ旅をしていても、お金の心配は消えない。本当に楽しく自由になるには経済的自立が必要。という理念のもと、旅をしながらでも資金を稼ぐことができるライフスタイルを構築しています。

基本はPC一台で完結する仕事を選んでいます。PCで完結する仕事はいろいろありますが、最初に取り組み、現在も大切にしている仕事は、

ウェブサイトを作る

というものです。企業から仕事を受注するのではなく、自分でサイトの企画を立て運営をしながら、サイトからの広告収入(アフィリエイト)で生計を立てています。

仕事関連のまとめはこちら

関連記事

「君はこんなところで、24時間仕事をするために生まれてきたのかい?」とあるタイの...

キングコングの西野亮廣さんに学んだ「スマホ時代の文章術」

竹芝、インターコンチネンタル東京ベイに宿泊したら、東京のホテル選びに革命が起きた...

ドローン起業家・「東海空中散歩」主催の吉武 穂高さんとお会いしました。

家族をディズニーに連れて行くために、自由を掴む。

住み込みトラベラー大崎くんに学ぶ、「やりたいことが特にないことの強さ」