25歳、脱サラ、鞄職人へ。「かばんばか」の川本有哉さんとお話してきました。

若き鞄職人、川本有哉さんとお話してきました。

川本さんは現在25歳。
「かばんばか」というブランドを一人で立ち上げ、制作から販売までを一人で行っています。

川本さんは、もともと小さな商社で働いていたのですが、

「このまま企業で働いていて、人生の展開はたかが知れている」

と退職を決意。

学生時代に海外を旅したとき、
「もっと面白い鞄で世界を歩けたらいいのに」
と思ったことを胸に、

京都の鞄職人のもとに弟子入りをして、
ゼロから鞄制作を学び始めました。

現在プロデュースしているのが、
こちらのの「カバック」というバックパック。

「かば」をモチーフにしたバックは、
両肩のところにぴょこんと耳が乗っかっていて、
遠目から見てもとても目立つシルエット。

革でできた鞄の手触りは滑らかで心地よく、
「これ、独立して1年ちょっとで学んで作ったの!?」
と驚くようなものでした。

特に印象的だったのが彼の手。

きっと、
会社勤めをしていたときには
綺麗だったろう両手は、
今は大きく、温かく、ひび割れた、
まさに「職人の手」になっていました。

飄々と朗らかに話す川本さんの姿に、
新しい人生を自らの足で踏みしめていく、
漢の生き様を感じました。

川本さんのHP:
http://kawamoto2968.com/kabanbaka/pg75.html

追伸:
写真の鞄「カバック」は、1月頃にクラウドファンディングで資金を募るとのことです。シルエットが可愛く気に入ったので、僕も応援する予定です!

2018年パワートラベラー実践会

【2018年1月スタートの募集は終了しました】

募集期間:2017年12月24日朝9時〜12月25日夜9時
募集人数:30名→定員になりました

※募集期間内でも定員に達しましたら、早めに募集を停止させていただきます。

→定員に達したため募集は終了いたしました。

パワートラベラー実践会の詳細はこちら

 

関連記事

家族をディズニーに連れて行くために、自由を掴む。

明洞の焼肉屋で教わった「うまく行っているときほどトボトボ歩け」という生き方。

高卒二十歳のフリーター、ニューヨークを目指す。

青年投資家E氏に教わった、負けたときだけでなく、勝った後のシナリオを用意しておく...

安全とは、企業で働くことでなく、自分で稼ぐ力が身についている状態である。

マキノ書店がなくなってはじめて気がついた、夢には"期限"があるのだという話。