iPhoneのテザリングが繋がらない時にやっている3つの手順

iPhoneのインターネット回線をMacでも使うことができるテザリング。

僕は外にパソコンを持って仕事に向かうとき、
モバイルWifiを持ち運ぶことをせず、
すべてiPhoneのテザリングでネットを繋げ仕事をしています。

ただ、場合によってはパソコンやiPhoneのネットワークエラーで

iPhoneのテザリングがなかなかMacに繋がらない!

ということもしばしば。

そんな時に僕がやっている3つの手順をこちらにご紹介します。

1.機内モードをオン⇒オフにする

まず一旦、iPhone側のインターネット環境をリセットすることからはじめます。

「設定」>「機内モード」を選んで一旦「オン」に。

その後、再度「オフ」の状態に戻します。

img_5104

機内モードとは・・・ 携帯電話回線、Wi-Fi回線、Bluetooth、GPS・位置情報サービスのすべての電波発信がオフになる機能です。 一部の航空会社では、iPhone を機内モードにしていれば iPhone の電源を入れておくことが許可されています。 ーWikipediaより

これで一旦、iPhone側のインターネット環境がリセットされました。

テザリングが繋がらないときはなんらかの通信エラーが端末で発生している状態です。

一度機内モードにすることで、こうした状態をリセットすることができます。

2.パソコンのWifiをオフ⇒オンにする

パソコンのWifi環境についても、一度リセットしましょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-24-19-12-51

Macであれば右上のメニューバーにあるWIFIボタンをクリック。

一旦「Wifiを切にする」をクリックしてから、
再度「入」にしてネットワークを表示させます。

3.インターネット共有設定をオンに、PCに繋がるまでそのままの画面で待機

最後に、再度テザリングをするため、インターネット共有設定を「オフ」→「オン」に。

パソコンのWifiにテザリングのネットワークが表示されますので繋ぎます。

img_5058

このとき、パソコンがテザリングを認識するまでの間、
このインターネット共有の画面を表示させたままにしておきます。

*******

僕の場合、この3つの手順で大抵は繋がるようになります。

もしテザリングが繋がらないという方は、ぜひこの手順で繋ぎ直してみて下さい。

 

【お知らせ】パワートラベラーの定義と、この働き方を叶えるための戦略を動画でまとめました▶▶「パワートラベラーを叶えるための考え方と基本戦略

POWER TRAVELER

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。

「いつでも自由に旅することができる」という状態を保つため、PC1台で完結する仕事がメインです。

仕事についてのまとめはこちら

 

関連記事

東京以外で、1人で年商一億円のネットビジネスをつくる方法

NO IMAGE

大阪あいりん地区での仕事風景を再現してみた!生活はシンプルになるほど夢は叶いやす...

カリブ海で考えた、クルーズ船上で仕事をしながら暮らすという選択肢

妻の誕生日ということで、「夫婦の夢リスト100」を作っています。

夫婦で、世界のどこにいても仕事ができる環境を作る。

PC一台でできる仕事だからこそ思う「オフラインの時間」の大切さ。