iPhoneのテザリングが繋がらない時にやっている3つの手順

iPhoneのインターネット回線をMacでも使うことができるテザリング。

僕は外にパソコンを持って仕事に向かうとき、
モバイルWifiを持ち運ぶことをせず、
すべてiPhoneのテザリングでネットを繋げ仕事をしています。

ただ、場合によってはパソコンやiPhoneのネットワークエラーで

iPhoneのテザリングがなかなかMacに繋がらない!

ということもしばしば。

そんな時に僕がやっている3つの手順をこちらにご紹介します。

1.機内モードをオン⇒オフにする

まず一旦、iPhone側のインターネット環境をリセットすることからはじめます。

「設定」>「機内モード」を選んで一旦「オン」に。

その後、再度「オフ」の状態に戻します。

img_5104

機内モードとは・・・ 携帯電話回線、Wi-Fi回線、Bluetooth、GPS・位置情報サービスのすべての電波発信がオフになる機能です。 一部の航空会社では、iPhone を機内モードにしていれば iPhone の電源を入れておくことが許可されています。 ーWikipediaより

これで一旦、iPhone側のインターネット環境がリセットされました。

テザリングが繋がらないときはなんらかの通信エラーが端末で発生している状態です。

一度機内モードにすることで、こうした状態をリセットすることができます。

2.パソコンのWifiをオフ⇒オンにする

パソコンのWifi環境についても、一度リセットしましょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-24-19-12-51

Macであれば右上のメニューバーにあるWIFIボタンをクリック。

一旦「Wifiを切にする」をクリックしてから、
再度「入」にしてネットワークを表示させます。

3.インターネット共有設定をオンに、PCに繋がるまでそのままの画面で待機

最後に、再度テザリングをするため、インターネット共有設定を「オフ」→「オン」に。

パソコンのWifiにテザリングのネットワークが表示されますので繋ぎます。

img_5058

このとき、パソコンがテザリングを認識するまでの間、
このインターネット共有の画面を表示させたままにしておきます。

*******

僕の場合、この3つの手順で大抵は繋がるようになります。

もしテザリングが繋がらないという方は、ぜひこの手順で繋ぎ直してみて下さい。

 

POWER TRAVELER

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。

「いつでも自由に旅することができる」という状態を保つため、PC1台で完結する仕事がメインです。

仕事についてのまとめはこちら

妻と世界を旅してきましたが、昨年に娘が生まれたため現在は育児をしながら国内外を旅しています。(旅の記録はこちら

関連記事

「会社から逃げたい」という理由も立派な起業の理由になる。ネガティブな動機からはじ...

2016年、拠点を持つことにしました!お気に入りの拠点を作り、かつ、いつでもさく...

新型Macbookに機種変しました。ワークスタイルもPCの中身も、もっと身軽に自...

夫婦ふたりで、世界を自由に飛び回る状態は叶えることはできるのか?

想定外の結果をたぐり寄せるために。沖縄で来年度の事業スケジュールを立てています!

アプリからの「プッシュ通知」を削除したら、人生に集中する時間が増えた話。