当サイトのコンテンツには広告が含まれる場合があります

2022年の目標のひとつはインテリア。センスを磨き、部屋と向き合う1年に。

現在の家に引っ越しをしてもうすぐ1年が経とうとしています。

結婚してから2年間は拠点を持たず、パリやフィレンツェ、バルセロナでアパートを借るという旅暮らしを妻としていました。

その後は、大阪→東京→東京と家を構えてきました。現在の家が家族で住む3箇所目となります。

旅暮らしが長かった僕にとって、ずっと家というのは「旅と旅の間に帰る一時的な場所」という認識でした。家なんだけれど、拠点ではない。僕の拠点は旅。という感覚です。

ただ2021年は、

・娘の幼稚園生活が始まる

・海外や旅にほぼ行かない

・理想の家への引っ越し

という大きな3つの変化があり、生きて行く場所として改めて家を整えはじめました。

昨年も1年かけて家のインテリアは試行錯誤を続けていたのですが、どんな家具に囲まれて暮らしたいか、どんなアイテムを購入していけばいいかということが、少しずつわかるようになってきました。

僕にとって家のインテリアは、自分の成長を感じるバロメーターでもあります。今の家が完璧!という訳ではないのですが、去年と比べて季節のアイテムが増えたり、アンティークなものが増えたり、新しい花を生けたりすると自分の成長を感じます。

2022年も人生の拠点である家族と過ごす家を素敵にしていきたいと思っています。

そんな今日は、新しく

・ダイニングテーブル✕2

・椅子12脚

・キッチン用のキャビネット

が届きました。3人暮らしの家に、6人テーブルを2つ置くという、なかなか思い切った行動です(笑)

完成形が届く&ほぼ組み立ては要らないと聞いていたのですが、届いたらこんな状況です。

さあ、組み立て頑張ろう。

幸い、キャビネットだけは組み立てなくそのまま設置できました。何をおくか、壁にどんなものを飾るか、これから考えていきます。

壁は、賃貸なので貼ってはがせるタイプの壁紙を貼っています。(白もグリーンの壁紙もローラアシュレイです)

床も貼ってはがせるタイプのものを自分たちで貼りました。

これからどんどん手を加えていきたいと思います!

阪口ユウキ

LINK:インテリアの様子はインスタにもまとめています

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次