経過はどうあれ、自由を叶えてしまえば勝ち。あいりん地区にこもって出国をしたコウ君とチェンマイで合流しました。

タイ・チェンマイで、パワートラベラー実践会メンバーのコウ君との一枚。コウ君は、先日この記事で出国したあいりん出の青年ですね。

パワートラベラー実践会・メンバーのコウ君が、確定報酬で20万円を達成し、実践会を卒業しました! コウさんはこちらの記事でも紹介している、僕に続...

彼は本当にタイでよくモテます。気が付くといろんな女の子と喋ってて、それがすごくナチュラルでいい感じ。現地で友達もできていて、すごく楽しそうな雰囲気で仕事をしています。

20代で自由な働き方を叶えるために、僕らが捧げたもの

彼は今25歳。僕が出国をしたときと同じ年です。

僕も彼も、あいりん地区にこもって、先が見えない中でずっとPCに向かってサイトを作り続けていました。

僕ら仕事は、アフィリエイトなどのインターネット広告を活用し、収益をあげるサイトを個人で運営するというものです。

サイトは、作ってみるとわかるのですが、最初は「どうすればサイトを作って収益があがるの?」ということが何もわからないですし、そう簡単に報酬があがるものでもありません。

だいたい最初の半年間は、タダ働きのような状況が続きます。

彼に聞いてもやっぱり壮絶だったようで、胃を痛め、追いつめられながら、あいりんで過ごしていたようです。

でも、その先にはやっぱり未来があって、ふたりともこうして世界に出て、チェンマイのお気に入りのカフェで仕事をしてたりします。僕はサイトを作りはじめて1年3ヶ月で、彼に至っては、8ヶ月目で出国を叶えました。

自由な働き方を叶えることができれば、全ては報われる

世界を自由に飛び回るお金持ちには、すぐにはなれない。

でも、世界のどこでもできる働き方は、意外と、1年くらいで作ることができたりします。

その間、どんなに辛いことがあったとしても。

本来は寒いはずの12月に、こうして常夏の国にいて、強い日差しに焼かれていたりすると、壮絶だったハズの過去の体験も、どこか他人事のように思えてしまいます。

どんなカッコ悪い経歴でも、目を伏せたくなるような過程を経ていても。

自由を叶えてしまえば、それで全ては報われる、チェンマイでコウ君と語り合いながら、そんなことを思いました。

2018年パワートラベラー実践会

【2018年1月スタートの募集は終了しました】

募集期間:2017年12月24日朝9時〜12月25日夜9時
募集人数:30名→定員になりました

※募集期間内でも定員に達しましたら、早めに募集を停止させていただきます。

→定員に達したため募集は終了いたしました。

パワートラベラー実践会の詳細はこちら

 

関連記事

【卒業生021】テレビ局を独立後、企画・取材力を活かしてブロガーへ転身!パワート...

【パワートラベラー実践会:卒業生No.058】 WEBサイト運営歴10年で掴んだ...

【卒業生015】なぜ彼女は自由な働き方を叶えた後で、企業に戻る選択をしたのか? ...

【卒業生018】向き不向きは関係ない、手を動かせば報酬は上がる。パワートラベラー...

【卒業生053】1記事よりも、1文を書くことに集中し続けた2年3ヶ月。山田さんが...

【卒業生023】Airbnbにウェブマーケティングを取り入れた結果、売上が13倍...