WINE

僕がよく選ぶシャンパーニュ10選〜世界観とシチュエーション別の選び方

コロナで外出頻度が減り、逆に自宅で友人を招いて食事をしたり、パーティーをする機会が増えました。

食事の席に欠かせないのがシャンパーニュ。僕はワインが好きで、仲間もまたワインが好きな人が多いこともあり、会の最初はシャンパーニュではじめています。

妻のバースデーに友人が持ってきてくれた1本

どの会に、どのシャンパーニュを出すか。

というのは、すごく考えます。なぜなら、シャンパーニュによって「世界観」や「イメージ」が違うため、その会の趣旨やゲストの顔ぶれによって、選ぶべき銘柄が変わるからです。

今回は味わいではなく「シチュエーションベース」で、僕がどんな基準でシャンパーニュを選んでいるかということを書いていきたいと思います。

主観と経験則ではありますが、きっと、そこまで大外れはしていないはず。シャンパーニュ選びに迷う機会があれば参考にしていただけたら嬉しいです。

1.世界観がはっきりしている、飲む機会の多いシャンパーニュ

沢山の種類、造り手のいるシャンパーニュですが、その中でも「世界観」がはっきりしていて、

「こういう時には、これが飲みたいよね」

と、頭の中に名前が思い浮かぶような銘柄がいくつかあります。

今回は僕自身も選ぶ機会が多いシャンパーニュをご紹介します。

テタンジェ

ノーベル賞の晩餐会に提供されることもあり、知性と教養を感じるシャンパーニュ。育ちの良い、気品溢れる優等生という感じ。オールラウンダーで、誰にでも喜ばれる銘柄。シャンパーニュの中でも料理に合わせやすい印象があり、食事メインの会にテタンジェを選択することが多いです。

ルイロデレール

オールドリッチなシャンパーニュ、というイメージ。カジュアルな、みんなでワイワイ集まるような場より、ドレスコード・スマートカジュアル〜エレガンス寄りな、かっちりした場に似合います。そういう属性の方々が集まる機会や、場のクラス感を上げたいときに選ぶことが多いです。

ルイナール

とにかく海鮮!海老、牡蠣、鮨食べよう!そういうときに選ぶと喜ばれるシャンパーニュ。先日も自宅で寿司職人を呼んでの鮨会を開催したのですが、オープニングはルイナールに任せました。泡が繊細で保存状態によっては味わいが落ちてしまうので、どこで購入するかも大事。陽光が似合う数少ないシャンパーニュでもあります。

ボランジェ

ジェームズ・ボンド、007のイメージそのままのシャンパーニュ。男性、硬派、黒、夜。男性が集まる場でふるまえば、「なるほど、今日はそういう会か」と一瞬で方向性を決定づけられる一本でもあります。デートで飲むには少しキザ過ぎるかな。逆に、ボランジェを注文する女性はセクシーでいいなあと思います。

ペリエジュエ

エレガントといえばこのシャンパーニュ。ベル・エポック、そのままの華やかなイメージ。エチケットに描かれたアネモネの花も素敵ですよね。主賓のいない、阪口家が主催するホームパーティーの席で選ぶ機会が多いように思います。そういう意味では、阪口家のハウスシャンパーニュ、と言えるかもしれません。

ドゥラモット

ドゥラモットは、まだ自分の中でうまく言語化できていない銘柄ですが、「この会はドゥラモットでいこう」と思う場面がたまにあります。位置づけでいうと、テタンジェと似た、食事と合わせやすくオールマイティーなシャンパーニュというイメージ。以前、プールのあるコテージを仲間と貸し切って日中BBQをやったとき、このマグナムボトルを選びました。

2.価格帯が低め、かつ世界観もわかりやすいコスパ高な銘柄

上に紹介したシャンパーニュよりも、少し低い価格帯ながら、しっかり美味しいシャンパーニュをご紹介します。

パイパー・エドシック

「寝るときに身につけるのはCHANELの5番、毎朝欠かさないのはパイパー・エドシック。私の目覚めの一杯よ」というマリリン・モンローの言葉が印象的なシャンパーニュ。カンヌ国際映画祭でふるまわれることもあり、華やかで艶やかな、女性が集まるときに選ぶことが多い銘柄です。エチケットが赤いシャンパーニュ、というのも大切なポイント。

デュモワゼル

マドモワゼル、みたいな語感の響きが素敵。エチケットも華やか、かつこの価格帯のシャンパーニュにしては抜群に美味しいです。女子会とか、女性が多い会とか、そういう場に合いそうです。

以前、ニース→ミラノに向かうプライベートジェットに乗せていただいたことがあるのですが、その時、飛行機内の備え付けの冷蔵庫に入っていたのが、このデュモワゼルでした。あれは美味しかったなあ。。

3.世界観ははっきりしているけど、飲み飽きている人もいそうな銘柄

モエ・シャンドン

モエは、最も飲まれる機会が多いシャンパーニュだけあって、どのタイミングであるかが問われる銘柄でもあります。なんとなく、モエなのか、あえてのモエなのか、選び手のセンスが問われます。

ちょっと良いことがあったお祝いの席で、大人数がわいわいやるような場とか、良いかも。僕は普通のBrutでも限定エチケットのものや、グランヴィンテージ、ロゼを選ぶことが多いです。モエ・ロゼに苺を浮かべて遊ぶのは、鉄板ながらテンションあがります。

ヴーヴ・クリコ 

ヴーヴは、味よりもパッケージのオシャレさが武器なシャンパーニュ。アウトドア、ピクニック、ヨット、そういう場が似合うシャンパーニュ。夜よりも昼間飲むイメージ。以前は、日中、子連れで開催したこ焼きパーティーでこのシャンパーニュを飲みました。

シーンにマッチしたシャンパーニュを選ぶ、という遊び

以上、ホームパーティーや仲間と集まる際に選ぶ機会の多いシャンパーニュをまとめてみました。

僕も毎回、シャンパーニュ選びは試行錯誤をしています。

ただ、そのシャンパーニュが持つ世界観を考え、ゲストの顔ぶれを思い浮かべ、「この会にはどれを合わせるのが良いだろう?」と考える機会を繰り返してきたことで、だんだんとセンスが磨かれていった感覚があります。ワインやシャンパーニュを選ぶというのは、知識と教養、そして経験が活きる、一生涯楽しめる遊びだなあと感じます。

主観的にまとめたリストですが、参考になりましたら嬉しいです。1本数万円〜の高級ラインのシャンパーニュも、また後日まとめたいと思います。

阪口ユウキ

ワイン専用もインスタをやっています。
https://www.instagram.com/yuki_winetraveler/

ABOUT ME
阪口 ユウキ
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。専門はWEBマーケティング、アフィリエイト、自分メディア構築。東南アジアやヨーロッパ周遊生活、夫婦での世界一周を達成後、現在は東京で育児中心の生活を送っています。
パワートラベラー実践会について


パワートラベラー実践会は、僕が起業当初から続けてきた「WEB資産の作り方」そして「PC一台で理想の働き方を叶える方法」を伝えているオンラインスクールです。2014年からスタートし、現在は8年目になります。

現在は定期的なメンバー募集は行っておらず、数ヶ月に1回のペースでご案内しています。

パワートラベラー実践会の専用サイトはこちら

卒業生の声はこちら

こちらのページのフォームより優先通知にご登録いただきますと募集がはじまったときにご案内メールをお送りしています