個人的にはプラハ最高の4つ星ホテル! 旧市街広場近く「HOTEL JOSEF」の滞在が素晴らしかった

ホテルを選ぶときには、なるべく主要な観光地を歩いて周ることができて、滞在していても快適なホテルを選ぶようにしています。

といっても、予算と相談しながら、いつも3つ星、4つ星のホテルの中から、レビューの良いホテルを選んでいるのですが、こちらの「HOTEL JOSEF」はかなり大満足なホテルでした!

DSC06662じゃん!

ということでこちらが通された部屋です。全面ガラス窓の、日当たりがとても良い部屋です。部屋に入った時に思わず妻と歓声をあげてしまいました。

DSC06664

ベッドはこんな感じ。無料で水がついてくるのが地味に嬉しいです。

DSC06668

こちらがデスク。

DSC06670

思わず何記事でもブログを書いてしまいそうなガラスのデスク。もちろん窓の向こうにはプラハの街を眺められます。

DSC06669

テレビとソファ席。ちなみにテレビの下の収納スペースが冷蔵庫になっていて、飲みはしなかったのですが、ビールやシャンパンも入っていました。

DSC06671

こちらがテラス。7階の部屋なのでそこまで高くはないですが、プラハの街は背が低いので、これでも十分に街並みを見渡すことができます。

DSC06673テラスのテーブル席。ここでビールを飲めたら気持ちよさそう!DSC06676

妻もご満悦です。

DSC06678

ニヤリ。

DSC06679

こちらがバスルーム。

DSC06682

バスタブとシャワールームは別々になっています。海外のバスタブは欧米サイズで広くていいですね!

DSC06681 DSC06684

今回のアメニティはこちらの「arla kiely」。英国のファッション・インテリアブランドです。泡立ちもよく、それほど匂いもきつすぎず、日本人の肌質には合っているように感じます。

DSC06574

実はこのホテル、最初は「デラックスルーム」を直前予約で申し込んだものでした。こちらの部屋は安いときで16000円程度、通常は2万円ちょっとの部屋です。下記は、HotelsCombinedで調べてみた2泊の料金です。

スクリーンショット 2015-06-14 20.51.21

ただ、僕らが泊まった部屋はおそらくこのデラックスルームではありません。

チェックインをするときに「部屋にバスタブはありますか?」と尋ねたところ、もともとの部屋にはなかったようで、こちらの部屋にアップグレードしてくれたようでした。理由はよくわからなかったのですが、希望は伝えてみるものだなあと思った次第です。ちなみにこの部屋、上から2番目のランクの部屋だったようです。

DSC06576

ホテルのスタッフもとても気さくで、どんなリクエストにも笑顔で最善を尽くしてくれる印象を受けました。ホスピタリティは完全に5つ星です。プラハに来た時にはぜひまた再訪したいと思える滞在でした!

Design HOTEL JOSEF
住所:Rybná 693/20, 110 00 Praha,
場所:旧市街広場から歩いて5分。周りにはレストランやカフェも多い便利な地域です。
詳細:予約サイト(最安値検索)はコチラ

【お知らせ】パワートラベラーの定義と、この働き方を叶えるための戦略を動画でまとめました▶▶「パワートラベラーを叶えるための考え方と基本戦略

POWER TRAVELER

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。

「いつでも自由に旅することができる」という状態を保つため、PC1台で完結する仕事がメインです。

仕事についてのまとめはこちら

<最近の旅>
2018年8月:フランス、イタリア+国内
2018年9月:フランス、イタリア、セルビア、スロベニア+国内
2018年10月:フランス、イタリア+国内

関連記事

チェンマイで5ヶ月間生活してみた。海外ノマドに語学学校、これほど快適暮らせる海外...

気がついたら舞浜シェラトンで5回も食事をしていました|ホテルステイと食事を楽しむ...

滞在してわかった!ウィーンのおすすめホテルと観光に便利なエリアまとめ

台湾の街を歩いて。外国で日本語が通じるということが、こんなに心地よいものとは知ら...

7000記事規模のサイトを作る。チェンマイに来て1週間、こんな感じで仕事をしてい...

ウィーンのコンサートを自分で予約したい!チケットの予約手順とおすすめサイトをまと...