新年のご挨拶と今年の抱負

あけましておめでとうございます!

2018年もどうぞよろしくお願いいたします。

今日は新年初フライト!家族3人で大阪伊丹→成田を飛んだのですが、窓からバッチリ富士山を見下ろすことができました。

(大阪から東京に向かうフライトは、左側の座席に座ると、航路的に富士山を見下ろすことができておすすめです!)

*****

去年はどんな1年だったか、今年2018年はどうしたいかということを、年末年始、色々考えてみました。

去年1年を振り返った時、一番の変化は、やっぱり子どもが生まれたこと。

育児が生活の中心になったことで、時間の使い方や生活習慣はガラリ!と変わりました。

外出時には娘の用意をして出かけたり、
離乳食作りに毎日キッチンに立つようになったり、
娘が寝ている時間を仕事時間にしたり。

これまで夫婦で自由気ままに生きてきたので、強制力が働く毎日は新鮮なものがあったりします。子育て、楽しい。

その毎日は楽しくて、新しい発見も日々あったのですが、

ある時、ふっと、

僕の世界は広がっているけど、娘から見る僕はどうなんだろう?

と思いました。

娘は、僕ら両親の姿を見ながら成長します。

どんな生活をしているか、
日常的にどんな言葉遣いや立ち居振る舞いをしているか、
どんな活動や挑戦をしているか、

そんな姿をみて育ちます。

もともと1歳を過ぎたら海外にも連れて行こうとは思っていたのですが、一番影響をあたえるのは、普段娘が過ごしている世界の風景であって。

それがそのまま成長の糧となると思った時、

「育児と仕事だけしている姿は、あまり格好良くないのではないか?」

「自分が今過ごしている世界を広げないと、家族の世界は広がっていかないのではないか・・・?」

そんなことに気が付きました。

*****

そうして行動を起こそうと決意したのが11月。

仕事以外の、人間を広げるための活動の量をガッと増やしたり、家の中を本気で整えたりということをはじめました。

僕のFacebookを見ている方ならご存知かと思うのですが、社交ダンスを習ったり、プロトコール(国際儀礼)を学んでシュバリエになったり、というのもその一環。

最近では、チャリティ活動をしているビッグバンドに夫婦で所属し、そこでベースやチェロを演奏するようになりました(チェロは現在練習中)。

最初の公演も1月半ばに決まっていまして、実は、舞台は海外なのです。しかもヨーロッパ!

今は娘の初海外&僕の初海外公演に向けて、家族で準備を進めています。

家の中の環境づくりもはじめました。

掃除をしていることはもちろんですが、テーブルの上には必ず花を飾ったり、お茶を飲むときには、家にある一番良いティーカップで紅茶を飲んだり・・・

など、些細なことではあるのですが、生活の質を上げるための行動を取り入れています。

 

自分から見た「自分はこうありたい」という視点だけではなく、

誰かから見た視点で自分をみたとき、どうなのか?どうあるべきなのか?

という視点を持てたのは、昨年の気付きの中で一番大きかったのかなーと思います。

 

娘から見た自分、妻から見た自分、パワートラベラー仲間から見た自分。

家族やメンバーの世界を広げるために、まずは自分が率先して色んな世界を飛び回りたい。その背中や姿を見せていかなければ!と改めて思いました。

 

*****

 

話はちょっと変わりますが、パワートラベラーには五ヶ条というものがあります。

ブログやメルマガの末尾にいつも置いている文言なので、目にしたことがある方もいるかと思うのですが、

一、世界を自由に飛び回る経済力があること

一、日本と同じ感覚で世界のどこでも暮らせる力があること

一、世界の流れを読む力があること(世界経済や投資)

一、世界中に価値観を共有できる仲間がいること

一、好きな人と一緒にいられる力があること(経済力、時間的余裕、紳士力)

この五ヶ条を、「パワートラベラーとして身につけるべき力」として定義しています。

また、パワートラベラーのコンセプトを作ったときに、経済力を身につけた先の展開について、こんなことを書いています▼

「パワートラベラーが目指すのは旅を続けることではありません。

旅をして、色んな価値観や文化を学び、たくさんの人やアイディアに触れることで、自分の本当にやりたいことを深め、自分のミッションを形にしていくことが、パワートラベラーというライフスタイルが目指す場所です。

PC1台で生計を立てる行為は、自分の本当にやりたいことを叶える準備段階にすぎません。自分は世界中どこでも生きていく力がある。パソコンさえあればどこでもお金を稼ぐことができる。だから、ここで学んだスキルや旅をして得た人脈、アイディアを通じて、自分にしかできない仕事を形にしよう。

そうして自由に世界を飛びまわる個人が作る仕事は、最高にクリエイティブなものになると信じています。自由になる力を持った個人が、世界中を飛び回って価値を配信し、自分の本当にやりたいことを国境や社会を超えて叶えていく世界。パワートラベラーが描くのはそんな、新しい時代のライフスタイルです」

引用:
https://powertraveler.jp/concept/about/

この五ヶ条やコンセプトを作った時は2013年で、世界を自由に飛び回りながら仕事をする、そこで得た人脈やスキルを武器に、新しい価値を生み出していくという意味で使っていました。

この五ヶ条、今でも気に入っていて使っているのですが、

最近では、仕事以外の意味をこの「世界」という言葉に含めるようになりました

育児によって広がる世界、
英語やフランス語が喋れる世界、
プロトコールによって広がる世界、
オーケストラに参加することで見える世界・・・等々。

単純に海外を巡る、ということではなく、色んな趣味嗜好、文化芸術、人間が所属する世界を飛び回る力をつける。

そんな風に考えると、今の自分には足りないものがまだまだ、山のようにあります。

経済力をつける、時間と場所に縛られない仕事をつくるというのは、スタートライン。

それによって開くことができる「世界」の扉を、今年はどんどん開けていきたい、そこで学んだことや経験を周りのメンバーに伝えていきたい。今年はそんな1年にしようと思いました!

 

2018年もどうぞよろしくお願いいたします。

パワートラベラー
阪口ユウキ

 

POWER TRAVELER

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。

「いつでも自由に旅することができる」という状態を保つため、PC1台で完結する仕事がメインです。

仕事についてのまとめはこちら

妻と世界を旅してきましたが、昨年に娘が生まれたため現在は育児をしながら国内外を旅しています。(旅の記録はこちら

関連記事

NO IMAGE

新生ヒストリカ|20年来の夢を追いかけ、1人でゲームリリースを達成した漢の話

「自由な働き方を叶えた、その先の未来を見てみたい」報酬0円で退職→あいりん地区で...

NO IMAGE

職業選択の自由の先には、「職業展開の自由」がある。

骨董屋のTさんに聞いた、「本物」と「偽物」の見分け方。

マキノ書店がなくなってはじめて気がついた、夢には"期限"があるのだという話。

住み込みトラベラー大崎くんに学ぶ、「やりたいことが特にないことの強さ」