福岡(博多)にて、パワートラベラー実践会の勉強会を開催しました。

久しぶりに、福岡の博多にやってきました。

福岡は、以前起業をした当初(24歳のとき)、資金を稼ぐために、志賀島にある旅館に住み込みで働いていたことがあります。

志賀島から博多までは、バスと船を乗り継いで40分ほどかかるのですが、仕事が休みの日にはよく散歩しに来ていました。そんなこともあって、福岡は思い出深い街でもあります。

福岡行きは当日の朝に決まったのですが、パワートラベラー実践会のFacebookグループに書き込みをしたところ、4名のメンバーが集まってくれました。

アフィリエイト専業として頑張っている卒業生メンバーがいたり、会社を午後休とって来てくれるメンバーがいたり。たまたま、福岡出張で近くにいたメンバーがいたり。当日アナウンスにも関わらず、こうして集まれるメンバーって有り難いなと思います。博多駅近くのカフェに集まり、各自の進捗報告をしたり、サイト作成で躓いている部分のアドバイスをすることをやりました。

志賀島で働いていたときのこと。

住み込み寮の中はネットが通じなかったこともあり、休日は博多まで出てきて、博多駅近くのカフェでWiFiをつなぎ、アフィリエイトサイトの企画を練ったり、記事を書くことをしていました。当時はまだ、月の報酬が数千円あるかないか、という時期。先がみえない中、ただ海外を自由に飛び回っている自分の姿だけを夢見て、ひたすらに前に前に進んでいたことを覚えています。

誰にも相談できず、仲間もなく、一人で奮闘していたのですが、今はこうして福岡に来るといえば、集まってサイトの話ができる仲間がいるというのは、幸せなことだなと感じます。

もともとパワートラベラーという言葉を創ったのも、自分ひとりでカフェで仕事をしている毎日は寂しい、肩を並べて、一緒に仕事ができる仲間が欲しいという理由からでした。福岡に行きます、とアナウンスするだけで、集まってくれる仲間がいる現在の状況を、当時の自分がみたらどう思うだろうか。今回は日帰りの、短い福岡滞在できたが、得るものが大きいショートトリップになりました。

POWERTRAVElER 阪口ユウキ

追伸:

福岡で住み込み旅館で働くエピソードの一部は、こちらのストーリーで書いています→「鬱病で半年間寝たきりだった僕が、PC1台で世界を飛び回るようになった話

POWER TRAVELER

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。

「いつでも自由に旅することができる」という状態を保つため、PC1台で完結する仕事がメインです。

仕事についてのまとめはこちら

 

関連記事

【卒業生007】コツを掴んだあとは、ただ黙々とやり続けるだけ。パワートラベラー実...

パワートラベラー実践会にいただいた質問に回答します。「ブロガーとして有名になり、...

WEB資産構築マニュアルをリニューアルしました(2020年4月版)

【卒業生No.88】"お母さん"でしかない自分を脱却するために。3人の子育てとサ...

パワートラベラー実践会・3周年記念イベントを開催しました

【卒業生039】「稼げていない、自分の感性を信じない」パワートラベラー実践会のタ...