新年初フライト!うまくいかない時期が続いても、 それはまだ雲の隙間を抜けていないだけ。

2016年初フライトは、関西国際空港から成田へ。

時刻は朝7時20分。離陸時にはまだ朝焼けが残る、まばゆい光の中でのフライトとなりました。

IMG_3462IMG_3470IMG_3496

離陸時の眺めをタイムラプスで撮影。撮影した動画を、妻が編集してくれました。

 

飛行機が飛行場を離れ、世界が斜めっていく瞬間。
そして、機体が加速して空へ向かい雲を突き抜けていって、青空が広がる瞬間。

僕は、あの瞬間が好きです。

どんなに地上が悪天候でも、雨や雪や北風が吹き付ける曇天の空の下でも、

雲の上を突き抜けてその上に行ってしまえば、何にも邪魔されることない、澄み切った青空と太陽がある。その事実を思うと、すごく勇気づけられます。

うまくいかない、辛い時期が続いても、それはまだ、雲の隙間を抜けていないだけ。

上昇をする飛行機が、いつも青空に達するように、僕らも体内エネルギーを燃やして上昇を続けていけば、いつかは青空に到達するのだと思います。

POWER TRAVELER

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。

「いつでも自由に旅することができる」という状態を保つため、PC1台で完結する仕事がメインです。

仕事についてのまとめはこちら

 

関連記事

STORYS.JPに投稿したあいりん地区のストーリーが、アニメーション化されるこ...

フラートンベイホテル(The Fullerton Bay Hotel)宿泊レビュ...

自分が好きでやりたいと思っていることは、必ずしも、最高の結果を生み出すわけではな...

明洞の焼肉屋で教わった「うまく行っているときほどトボトボ歩け」という生き方。

バレンタインなので妻に花をプレゼントしました【Family Tradition】

「いちばん可能性が高い失敗要因はなんだろう」NASAのアポロ計画に学ぶ、実現不可...