エミレーツ国際線で楽器(ベース)を預け入れ。カウンターでの手続き方法について解説します!

2020年最初の海外は、モナコからスタートです!現地で開催されるチャリティーパーティーに出席するのですが、そこで演奏をしてきます。今回はベーシストとしての参加です。

今回の航空会社はエミレーツ

EK319便にて、成田→ドバイ→ニースという乗り継ぎで向かいます。楽器持参でのフライト、まずはチェックインカウンターで楽器の預け入れ手続きです。

エミレーツでの楽器預け入れ手続き

エミレーツの公式サイトをみると、楽器については特な規約はなく、通常の預け入れ手荷物として取り扱われるとのことでした

事前申込みの必要はないとのいことなので、当日、そのまままチェックインカウンターに向かい、楽器を預け入れしたい旨を伝えます。ベースくらいのサイズであれば、超過料金をとられるそのまま預けることができます

カウンターでは楽器の取り扱いについて説明を受けます。

楽器が運搬中に破損した場合も、航空会社側では責任がとれないことの説明が。これはどの航空会社も同じなので、免責の書類にサインをします。楽器には、一応フラジャイル(壊れ物)のタグをつけてくれました。

楽器は、ビニールを巻いて梱包することもできるのですが、以前航空会社の人と相談したときに、「預け入れ荷物にするなら梱包するより、楽器ケースそのままの方が投げられなくて逆に安心ですよ」と聞いたので、そのままケースで預けるようにしています。今年でモナコの演奏は3回目になるのですが、毎回ケースそのままで預けています。

このままドバイを乗り継いで、ニースまで行くとのこと。あとは、楽器が無事に届くことを願うばかりです!

パワートラベラー 阪口ユウキ

【お知らせ】パワートラベラーの定義と、この働き方を叶えるための戦略を動画でまとめました▶▶「パワートラベラーを叶えるための考え方と基本戦略

POWER TRAVELER

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。

「いつでも自由に旅することができる」という状態を保つため、PC1台で完結する仕事がメインです。

仕事についてのまとめはこちら

 

関連記事

Featured Video Play Icon

2020年1月11日、モナコ公国エルミタージュホテルにて演奏をしてきます。

モナコでの演奏旅行から帰国しました!はじめての子連れ海外&演奏旅行で学んだ3つの...

モナコ国内のコンサートチケットを検索・予約する方法

薔薇の舞踏会DAY2|モンテカルロ・ベイホテルで朝食を

僕がモナコに通うようになった理由:畑中由利江先生がグレートコレクションに謎のセレ...