France

エミレーツ国際線で楽器(ベース)を預け入れ。カウンターでの手続き方法について解説します!

2020年最初の海外は、モナコからスタートです!現地で開催されるチャリティーパーティーに出席するのですが、そこで演奏をしてきます。今回はベーシストとしての参加です。

今回の航空会社はエミレーツ

EK319便にて、成田→ドバイ→ニースという乗り継ぎで向かいます。楽器持参でのフライト、まずはチェックインカウンターで楽器の預け入れ手続きです。

エミレーツでの楽器預け入れ手続き

エミレーツの公式サイトをみると、楽器については特な規約はなく、通常の預け入れ手荷物として取り扱われるとのことでした

事前申込みの必要はないとのいことなので、当日、そのまままチェックインカウンターに向かい、楽器を預け入れしたい旨を伝えます。ベースくらいのサイズであれば、超過料金をとられるそのまま預けることができます

カウンターでは楽器の取り扱いについて説明を受けます。

楽器が運搬中に破損した場合も、航空会社側では責任がとれないことの説明が。これはどの航空会社も同じなので、免責の書類にサインをします。楽器には、一応フラジャイル(壊れ物)のタグをつけてくれました。

楽器は、ビニールを巻いて梱包することもできるのですが、以前航空会社の人と相談したときに、「預け入れ荷物にするなら梱包するより、楽器ケースそのままの方が投げられなくて逆に安心ですよ」と聞いたので、そのままケースで預けるようにしています。今年でモナコの演奏は3回目になるのですが、毎回ケースそのままで預けています。

ニース空港でベースの受け取り

ドバイ経由、ニースのコート・ダジュール空港に到着!ベースも無事に運ばれてきました。

楽器は、スーツケースが運ばれるレーンではなく、大型荷物用の直線レーンで届きます。今回はたまたま、荷物レーンの隣に大型荷物レーンがあったのですが、場所によっては離れていることもあるので注意です。荷物が出てくる順番としては、スーツケースの後に大型荷物が運ばれてくることが多いです。

では、これからリハーサルに行ってきます。エミレーツ国際線で楽器を運ぶ方の参考になりましたら嬉しいです。

 

パワートラベラー 阪口ユウキ

ABOUT ME
阪口 ユウキ
阪口 ユウキ
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。専門はWEBマーケティング、アフィリエイト、自分メディア構築。東南アジアやヨーロッパ周遊生活、夫婦での世界一周を達成後、現在は大阪-東京のデュアルライフで育児中心の生活をしています。
パワートラベラー実践会について


パワートラベラー実践会は、僕が起業当初から続けてきた「WEB資産の作り方」そして「PC一台で理想の働き方を叶える方法」を伝えているオンラインスクールです。2014年からスタートし、今年で7年目になります。

次回の募集は、10月20日〜22日の3日間になります。

パワートラベラー実践会の専用サイトはこちら

卒業生の声はこちら