語学研修中に叶ったふたつの夢

今日は2つの夢リストが叶いました。

1つは、東南アジアでバイクに乗ること。

これまでずっと、アジアに住みながら
バイクに乗ることができず
悔しい思いをしていたのですが、

(東南アジアはバイク社会で
どこに行くにもなにかと不便なのです)

「研修プログラムはとりあえず外でやるから!」
ということで、

バイクの乗り方をゼロから覚え、
ドギマギしながらドゥマゲッティの街を
走り回るという体験をしました。

思ったよりもバイクの運転は簡単で
世界にリアルに触れているような感じがして
とても清々しいものでした。

もうひとつの夢は、
海外の大学で語学を学ぶこと。

僕はずっと、東南アジアの大学に
一時的にでもいいから通ってみたいと
思っていたのですが、

今回のプログラムでは
現地の名門校・シリマン大学の先生や
アシスタントティーチャーの方がついて

朝3時間、午後3時間、
みっちり英語を習うことができています。

教室の中に入って勉強する時間は、「一切なし」。

大学構内を歩きながら、
たとえば生物学部の校舎に入って
教授さんに簡単なレクチャーを受けたり、

大学構内の図書館カフェや
外のベンチや売店でフリートークをしたり、

そうすることで教室では学べない
ローカルな文化や若者文化に
たくさん触れることができました。

10570476_1037130212980124_369013481257078002_n 10917276_1037131006313378_4911021347107450276_n

明日はまた大学に通って
でも教室には入ることなく
違う体験プログラムが待っています。

短い期間のプログラムですが
自分の枠を、乗り越えたいと思っています。

POWER TRAVELER

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。

「いつでも自由に旅することができる」という状態を保つため、PC1台で完結する仕事がメインです。

仕事についてのまとめはこちら

妻と世界を旅してきましたが、昨年に娘が生まれたため現在は育児をしながら国内外を旅しています。(旅の記録はこちら

関連記事

NO IMAGE

飛行機にも「途中下車」がある? ドバイかと思いきや、行き先はバンコクだった。

7000記事規模のサイトを作る。チェンマイに来て1週間、こんな感じで仕事をしてい...

これからは、両手をPCとスマホ以外のものに触れる時間を、未体験の体験に触れにいく...

シンガポールデートにもおすすめ!クラークキー(Clarke Quay)のEnot...

世界には「知らなくてはならないもの」が隠されている

NO IMAGE

【バルセロナ】世界はいろんな民族でできていて、それが交じり合って日常を作っている...