語学研修中に叶ったふたつの夢

今日は2つの夢リストが叶いました。

1つは、東南アジアでバイクに乗ること。

これまでずっと、アジアに住みながら
バイクに乗ることができず
悔しい思いをしていたのですが、

(東南アジアはバイク社会で
どこに行くにもなにかと不便なのです)

「研修プログラムはとりあえず外でやるから!」
ということで、

バイクの乗り方をゼロから覚え、
ドギマギしながらドゥマゲッティの街を
走り回るという体験をしました。

思ったよりもバイクの運転は簡単で
世界にリアルに触れているような感じがして
とても清々しいものでした。

もうひとつの夢は、
海外の大学で語学を学ぶこと。

僕はずっと、東南アジアの大学に
一時的にでもいいから通ってみたいと
思っていたのですが、

今回のプログラムでは
現地の名門校・シリマン大学の先生や
アシスタントティーチャーの方がついて

朝3時間、午後3時間、
みっちり英語を習うことができています。

教室の中に入って勉強する時間は、「一切なし」。

大学構内を歩きながら、
たとえば生物学部の校舎に入って
教授さんに簡単なレクチャーを受けたり、

大学構内の図書館カフェや
外のベンチや売店でフリートークをしたり、

そうすることで教室では学べない
ローカルな文化や若者文化に
たくさん触れることができました。

10570476_1037130212980124_369013481257078002_n 10917276_1037131006313378_4911021347107450276_n

明日はまた大学に通って
でも教室には入ることなく
違う体験プログラムが待っています。

短い期間のプログラムですが
自分の枠を、乗り越えたいと思っています。

【お知らせ】パワートラベラーの定義と、この働き方を叶えるための戦略を動画でまとめました▶▶「パワートラベラーを叶えるための考え方と基本戦略

POWER TRAVELER

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。

「いつでも自由に旅することができる」という状態を保つため、PC1台で完結する仕事がメインです。

仕事についてのまとめはこちら

<最近の旅>
2019年5月:マレーシア、フィリピン、モナコ(instagram

関連記事

ミラコスタホテルの窓から、真夜中のディズニーシーを眺めて学んだこと。

ウィーン少年合唱団を聴きに行ってきました!この街にはいつも音楽が流り響いている。

平日昼間、フィレンツェの街を歩きながら、この自由を叶えるためなら何度でも起業しよ...

【世界のスタバ】プラハ城のお膝元、マラーストラナ広場のスターバックスでノマドして...

[ホテルヨガ]AMANEMUのモーニングクラスで無料のヨガ体験をしてきました。

パリの紅茶専門店・マリアージュ フレールに行ってきました。100種類以上の紅茶缶...