子育てブログ

ディズニーオンアイス(2022年公演)に家族で行ってきました。チケット予約や服装について|DAY6

WEBサイト運営11年目の阪口です。働く時間が自由になるため、夏休みも毎日妻と娘と過ごしています。

夏休み6日目

パパ:友人の結婚式余興のバンド練習+ディズニーオンアイス鑑賞
ママ:ディズニーオンアイス鑑賞
娘5歳:ディズニーオンアイス鑑賞

この日は、僕は午前中は友人の結婚式パーティーで演奏するバンド練習に。

午後は妻と娘と合流して、代々木体育館で開催されている「ディズニー・オン・アイス」を観に行きました。

ディズニーオンアイス公演のチケット予約方法

ディズニー・オン・アイスは、ディズニーのスケートショー(ミュージカル)です。期間限定で開催されているイベントで、日本公演は35回目、3年ぶりの開催とのこと。

東京代々木での開催は、4日間のみ。

そこからは全国のアリーナを巡業していきます。

予約方法は公式サイトから、チケットを販売している各販売サイトで購入します。

チケットは、

  • 主催者販売サイト
  • 楽天チケット
  • チケットぴあ
  • ローソンチケット

と選ぶことができるのですが、各販売所によっておさえている座席の場所が違うようでした。

座席は、代々木の場合はこちらで自由に選択することはできず、自動的に割り振られた席を購入するような流れでした。(ローソンだとH列、楽天だとL列、というような)

公演場所によっては選択できるかもしれませんが、より良い座席を選びたい場合は、全販売サイトにアクセスをして、割り振られる座席と、座席の場所とを照らし合わせると良いと思います。

今回はローソンで購入。ネット上で支払いを済ませ、チケットは、ローソンで発行してもらい持参します。

ディズニーオンアイス代々木公演に行ってきた

代々木競技場第一体育館にやってきました。こちらの体育館は、フィギュアの国際大会の舞台にも使われています。今日は入口にディズニーのゲートが立っていました。

会場を一望するとこんな感じ。

僕らの座席は2階H列の12番。後方でみにくいかな?と心配したのですが、前席とは高低差があるため、前の人の頭を気にすることなくステージを一望することができました。この距離でも、しっかりスケートの演技はみることができます。

ディズニー・オン・アイス2022年のプログラム

今回の内容は、フック船長の海賊一味にとらえられたティンカーベルを救うべく、魔法の力を集めていくというもの。

プログラムに登場するディズニー作品は、次の通りです。

  • 美女と野獣
  • トイ・ストーリー
  • モアナ
  • リメンバー・ミー
  • アラジン
  • リトル・マーメイド
  • アナと雪の女王
  • カーテンコール(各公演場所の最終日限定)

個人的には、最初の美女と野獣の演出が素晴らしかったです。娘はアリエル目当てで、リトルマーメイドの舞台では手を叩いて喜んでいました。

休憩時間を含む2時間の公演時間でしたが、飽きることなく、ステージに釘付けでした。

ディズニーオンアイスの服装・防寒対策は必要?

こちらは公式のQ&Aです。

スケートの公演ということで、アリーナ内は寒いのかな?と思ったのですが、代々木体育館の場合は、

25度

で空調が効いていて、ちょうど良い涼しさでした。

スケートリンクに近いエリアは、より涼しいことが予想されるので、はおるものを持ったり、半ズボンなどの足を出さない格好にするほうが良いとは思います。

僕らは2階席だったのですが、とくに寒さは気にならず、半袖のままで最後まで鑑賞できました。周りの観客も、夏の普段着で来ている方が多かったです。

子どもはコスチューム特典も

各日程には、

  • コスチューム特典公演
  • おそろコーデ特別公演
  • カーテンコール公演

と、各公演によって特典が用意されています。

指定のコスチュームで来場するとオリジナルグッズがもらえることもあり、多くの子どもは何らかのキャラクターの衣装を着ていました。

ちなみに娘はアナのドレスを選択。周りの子どもたちがほとんどコスチュームを着ていることもあり、衣装が好きな子どもはコスプレ推奨です。

行ってよかったディズニーオンアイス

子連れも多く、開演中も小声で話したり、子どもたちが歓声をあげても問題ない空間というのは、ディズニーならではだと思いました。

また、娘はたまにスケートをしにいきますが、こうしたステージで演技をするプロの姿を見るのはこれがはじめて。本人的には憧れたようで、家に帰ってからもアリエルのジャンプを真似してみせてくれたり、一緒にスケートに遊びに行こうと誘ってきました。

夏休みの間に、近くのスケートリンクに行きたいと思います。

阪口ユウキ

夏休みの日記はこちら。55日間の更新を目標にしています!

ABOUT ME
阪口 ユウキ
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。専門はWEBマーケティング、アフィリエイト、自分メディア構築。東南アジアやヨーロッパ周遊生活、夫婦での世界一周を達成後、現在は東京で育児中心の生活を送っています。
パワートラベラー実践会について


パワートラベラー実践会は、僕が起業当初から続けてきた「WEB資産の作り方」そして「PC一台で理想の働き方を叶える方法」を伝えているオンラインスクールです。2014年からスタートし、現在は8年目になります。

現在は定期的なメンバー募集は行っておらず、数ヶ月に1回のペースでご案内しています。

パワートラベラー実践会の専用サイトはこちら

卒業生の声はこちら

こちらのページのフォームより優先通知にご登録いただきますと募集がはじまったときにご案内メールをお送りしています