ミラコスタ宿泊特典・開園15分前に入場できる「ハッピー15エントリー」を利用してみた!

「ミラコスタに宿泊する一番の特典って何ですか?」

と聞かれれば、

パークに15分前から入れること!

と答える宿泊者も多いのではないでしょうか。

ミラコスタをはじめ、ディズニーホテル宿泊者には、開園の15分前からパークに入ることができる特典「ハッピー15エントリー」がついてきます。

僕は今回はじめて利用して、「たかが15分?」と思っていたのですが、意外とこの15分間が大きかったのでレビューしていきます!

開園15分前に入場できるハッピー15エントリー

img_4399

こちらが、宿泊者にもらえる「ハッピー15エントリー」のチケット。

パークの一部エリアに、開演時間の15分前にご入館いただける、ディズニーホテル宿泊ゲスト限定の特典です。

と印字されています。

こちらは使用できる日時が決まっていて、宿泊日の翌日のみの発行となります。この日の開園は朝8時ということで、7時45分前にはパークに到着するように準備をしていきました。

 

「15分前から入れるなら、パーク内は空いてるだろ」と思っていたのですが、、、

img_4400

すでにこの列!

そういえば、ミラコスタの客室数って502室あるんですよね。

連日、ほぼ満室なミラコスタ、その宿泊者だけでもかなりのゲスト数になることをすっかり忘れていました。

img_4401

また、これも並んでみて気がついたのですが、15分前からパーク内に入れるといっても、15分前ピッタリに入れるのは先頭の方だけなんですよね。

荷物検査→チケットの提示→パーク内へ入るにはそこそこ時間がかかります。僕らが並んだときにはすでに200名ほど前に並んでおり、パーク内に入れたのは開園前ギリギリの時間でした。

img_4402

といっても、数分のメリットは大きく、人がまばらなディズニーシーのパーク内。

img_4402

ディズニーシーは10年ぶりに訪れたのですが、デイズニーというと混雑しているイメージしかなかったので、朝一番の時間帯の澄んだ空気はとても清々しかったです。

img_4413

写真だとのんびりしているように見えますが、実際にはお目当てのパークに向かって「我先に!」と急ぐ人がたくさん。

ちなみに僕も、「トイストーリーマニアのファストパス取ってきて!」と妻から司令を受け、ひとりで早足で向かうひとりでした(笑)それでも、人が少ないパーク内を歩けるというのは、なかなかできない経験だなと感じました。

img_4472

トイストーリーマニアはすでに混み合っていて、ファストパスの列も150人ほど並んでいたでしょうか(この数でも少ないと知ったのは後になってから)。ただ、ファストパスの発券機は7列ほどあったため、すいすいゲットすることができました。

並んでいる最中に、一般のゲストも合流。そこからは長蛇の列になって、ファストパスを取るのも一苦労といった様相。

たった数分の差ですが、一般ゲストの誰よりも早くパークに駆け込めることは間違いないので、朝イチで主要アトラクションを巡るなら、これ以上ない特典だと感じました。

img_4404

ということで、ミラコスタの宿泊特典「ハッピー15エントリー」のレビューでした!

15分という時間の意味をこれほど感じる機会もないかもしれません(笑) 今回は15分前ちょうどくらいに到着したのですが、次回は30分前には到着するようにしようと思います!

<追伸>

img_4394

写真は、朝、部屋の窓の向こうに見える誰もいないディズニーシー。個人的には、灯りの消えたパーク内や、夜の清掃や点検の様子が見られることが一番の特典に感じました。

2017年10月スタートメンバー募集

【2017年10月スタートの募集は終了しました】

募集期間:2017年9月18日〜9月24日
募集人数:50名→満席

※募集期間内でも定員に達しましたら、早めに募集を停止させていただきます。
→定員に達しましたので期間内ですが募集を終了させていただきました。

資産サイト構築のノウハウを学ぶことができる「WEB資産構築マニュアル(43800円)」は引き続き販売をしております。実践会にご興味がある方、少しでも早くPC一台で生計を立てる技術を身につけたいという方は、こちらのマニュアルで実践していただければと思います。(マニュアルをご購入いただいた方は、優先的に実践会の振替案内をお送りさせていただきます)

WEB資産構築マニュアルのご購入はこちら

関連記事

新年初フライト!うまくいかない時期が続いても、 それはまだ雲の隙間を抜けていない...

妻の公式サイトを作っています。

STORYS.JPに投稿したあいりん地区のストーリーが、アニメーション化されるこ...

ジョホールバルで最も熱い開発地区・ダンガベイ(Danga Bay)エリアを視察し...

29歳になりました!ともに歩んでくれる仲間たちに感謝を込めて。

東京リッツのクラブフロアのデートで知っておきたい「ドリンクオーダー」の話