出国

本日、関西国際空港より、
タイバンコクへと飛びます。

長ければ5年間、海外を舞台にがんばる予定です。

出国準備でかなりお金を使ったので、
まずはその資金を取り戻すべく、
ぶらぶらしつつ、せっせと作業をしたいと思います。

25歳から30歳までを海外で過ごそうと決めたのは、
今から3年前のことでした。

5年間暮らすとなると、
最低でも500万は必要なのですが、
そんなに貯める自信がなかったので、

「旅をしながら、月10万円でも稼げる仕組みを作ろう。
たとえ出国時に銀行残高が10万円しかなかったとしても、
それさえ作れれば、俺はずっと旅を続けられる」

そんな風に考え、それを信じ、それだけを考えて、
貯蓄すべき旅の資金をすべてビジネスに投資し、

必死に生きてきた3年間でした。

途中鬱病になったり、ミュージシャンになるのをやめたり、
福岡の旅館に住み込んだり、大阪のスラム街に潜伏したり、

色々ありましたが、
どうにか出発地点に辿りつくことができました。

ありがとうございます。

僕は、
海外に出たからと言って、特別な大きい何かを、
成し遂げようとは思っていません。

ただ、自分が好きなものを「好き」と言い続け、
その好きなものにキャッシュポイントを生みだし、
好きなもので好きなだけ仕事にする。

そんな風な仕事のあり方を、徹頭徹尾追求する。
そういった生き方を死ぬまで実践する、
そんなことをやってみたいと思っています。

僕は旅をすることが好きです。
たから、旅を仕事にする生き方を、してみます。

とりあえずは5年間をかけて。
気がすまなければもう5年、10年と積み重ねて。

「旅する起業家」という自分が定めた職業を、
ひとつひとつ積み重ねていきたいと思います。

この3年間、僕を支えてくれたすべての人に
感謝の気持ちを込めて、今日の出国を捧げます。

野たれ死なないように気張ります!
またどこかで!

【お知らせ】パワートラベラーの定義と、この働き方を叶えるための戦略を動画でまとめました▶▶「パワートラベラーを叶えるための考え方と基本戦略

POWER TRAVELER

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。

「いつでも自由に旅することができる」という状態を保つため、PC1台で完結する仕事がメインです。

仕事についてのまとめはこちら

<最近の旅>
2019年5月:マレーシア、フィリピン、モナコ(instagram

関連記事

NO IMAGE

モチベーションではなく生存欲求に仕事をさせよう。

NO IMAGE

メコン川沿いで500円で叶う自由

NO IMAGE

24歳にして丸坊主となる。

NO IMAGE

【1年前を】2月14日進歩状況報告【振り返る】

NO IMAGE

3月14日進歩状況報告

NO IMAGE

最終日、島を出る。