BLOG

完全ポートレスでわずか7mmの超薄型ノートPC「craob X」で気になること

長らくMacbookを愛用していた僕ですが、ここに来て、とても久しぶりに、興味を惹くパソコンが出てきました。

それが「craob X」。

USBポート類を一切排除した7mmという薄さ

約870gという最軽量級の筐体

充電はワイヤレス(上画像のようにディスプレイ裏に取り付けて充電)

となかなかに魅力的です。

僕は娘を幼稚園に送り迎えするとき、Macbookを持参して、預けている間はカフェで仕事をしていることが多いです。

現在使っているMacbook Airは1.25kg、単体では重いわけではないですが、ここに娘の荷物と、たまに娘本人が乗ってくることを考えると、荷物は軽ければ軽いほうがありがたい。この軽さと薄さはとても魅力的です。

その他スペックも、13.3インチ/4K解像度ディスプレイや第12世代のCoreプロセッサ、最大32GBのDDR5 RAM、最大2TBのSSDストレージを搭載、等々。

またワイヤレス充電機はUSB-CやUSB-A、Thunderbolt、SDカードスロットのハブとしても設計されているとのことです。期待感はとてもあります。

価格帯や発売時期は未発表ですが、実際に発売されたときを想定して、個人的に気になる部分をメモ的にまとめました。

1.本体強度

Macbookの良い点として「アルミニウム製でとても丈夫なこと」が挙げられます。

振動にも強く、持ち運びにも安心感があります。僕はなぜか、よくMacbookを落とすことがあるのですが(本当になぜだろう)、机の上から落とすくらいであれば元気に稼働を続けてくれます。

7mmの薄さ、870gという軽量さは魅力的ですが、その強度はどこまでなのか気になります。ちなみに妻には「そんな薄いパソコン、割るでしょう」と断言されてしまいました。

割りそうだなあ。。

2.iPhoneとの相性

僕は、ブログで掲載している写真はiPhoneで全て撮影しています。

iPhoneで撮影した画像をアプリで編集して、AirdropでPCに飛ばして、Wordpressの投稿画面に貼り付けています。

このプロセスに慣れているというのが、Macbookを離れられない理由でもありますが、Airdropは規格的に飛ばせないとしても、画像や動画のやりとりがスムーズに行えるような仕様だといいな、と期待しています。

期待感はある

この「craob X」の製品を作っている会社は、これまでに製品リリースの実績がなく、これが最初のパソコンだそうです。

実際に製品化にこぎつけることができるのか、わかりませんが、こうした先進的なパソコンの登場は他メーカーにも少なからず影響を与えるでしょうし、ワイヤレス充電でより薄型のMacbookもそのうち誕生するかもしれません。

製品発表を気長に、期待感を込めて待ちたいと思います。

LINK:https://craob.com/

参考記事:「電源・USB・HDMIなどあらゆるポートをなくしたわずか7ミリの超薄型ノートPCが登場(GIGAZINE)」

ABOUT ME
阪口 ユウキ
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。専門はWEBマーケティング、アフィリエイト、自分メディア構築。東南アジアやヨーロッパ周遊生活、夫婦での世界一周を達成後、現在は東京で育児中心の生活を送っています。
パワートラベラー実践会について


パワートラベラー実践会は、僕が起業当初から続けてきた「WEB資産の作り方」そして「PC一台で理想の働き方を叶える方法」を伝えているオンラインスクールです。2014年からスタートし、現在は8年目になります。

現在は定期的なメンバー募集は行っておらず、数ヶ月に1回のペースでご案内しています。

パワートラベラー実践会の専用サイトはこちら

卒業生の声はこちら

こちらのページのフォームより優先通知にご登録いただきますと募集がはじまったときにご案内メールをお送りしています