ウィーンで自転車に乗ろう!シティバイクの借り方とウィーンの自転車事情について。

ウィーンではとにかく自転車をよく見かけます。

中心街がこじんまりとしていて徒歩でも移動できるのと、坂道が少なくフラットなせいか、老若男女を問わず自転車ですいすい移動している人たちが多いです。

しかもカッコイイ自転車に乗ってる人が多い!

ロードバイクをこれだけ一般市民が乗りこなしている街は少ないのではないでしょうか。見た感じ、ママチャリよりもロードバイクにのっている人の方が多く目につきます。マダムもマウンテンバイクやロードバイクにさっそうと乗って走っています。

歩道と自転車道も分かれてます。

ウィーンでは歩道と自転車道が分かれています。

自転車道は車道と同じような扱いで、もし歩行者が歩いていると容赦なくベルを鳴らされます。日本のように歩行者優先という感じではなく、道が分かれてるんだから歩行者はそっち歩こうぜ、みたいな感じですね。

聞くところによると、サイクリングルートの全長は1200キロを超えて今なお伸び続けているとか。すさまじいですね!

1ユーロから借りられるレンタサイクル「シティバイク」

ちなみに、ウィーンでは観光者でも気軽に自転車が借りられます。

旧市街を中心に展開しているレンタサイクル・システム「シティ・バイク」。1200台以上の貸し自転車が、市内100ヶ所以上のステーションに常駐されています。主要な観光地は網羅しているので、どこに行くにもとても便利です。

シティバイクの利用は、公式サイトからオンライン登録か、ステーションでクレジットカード登録をします。スクリーンショット 2015-06-06 18.59.53シティバイク公式サイト→http://www.citybikewien.at/

利用料金は以下のとおり。

* 登録料金:1ユーロ
* 最初の1時間:無料
* 2時間まで:1ユーロ
* 3時間まで:2ユーロ
* 4-120時間:4ユーロ/1時間

となっています。

ウィーンの地下鉄は初乗り2.2ユーロなので、ちょっとした移動であれば、地下鉄ではなくレンタサイクルの方が便利だと思います。

最後に、オープンカフェで食事をしていたときに走り去っていった自転車の写真をおもむろに掲載しておきます。ウィーン滞在中はぜひ自転車に乗ってみてくださいね!DSC05900 DSC05909 DSC05916

パワートラベラーの働き方について

僕ら夫婦は旅暮らしをしていますが、ただ旅をしていても、お金の心配は消えない。本当に楽しく自由になるには経済的自立が必要。という理念のもと、旅をしながらでも資金を稼ぐことができるライフスタイルを構築しています。

基本はPC一台で完結する仕事を選んでいます。PCで完結する仕事はいろいろありますが、最初に取り組み、現在も大切にしている仕事は、

ウェブサイトを作る

というものです。企業から仕事を受注するのではなく、自分でサイトの企画を立て運営をしながら、サイトからの広告収入(アフィリエイト)で生計を立てています。

仕事関連のまとめはこちら

関連記事

紅茶を頼むにもルールがある。「事前知識」がなければ、たとえ英語がわかっても会話を...

パリの風を感じながら走る。パリ市街を走るオープンバスに乗ってきました!

結婚しました! エターナルハネムーンへの出発

ポルトガル・リスボンで短期アパートを借りてみた!契約までの流れと手続きまとめ。

ウィーンのコンサートを自分で予約したい!チケットの予約手順とおすすめサイトをまと...

自分にとっての異国とは、心理的な距離によって決められるのだと、新山口駅で気がつい...