ポケット収納サイズのキーボード「Bookey Pocket」を手に入れて叶った、PCの代わりにスマホ&キーボードをポケットに持ち運び移動するワークスタイル

最近、ワークスタイルの大きな変化になったな〜と感じるのが、【情報発信作業の完全なPC⇒スマホ移行】です。

本業のWEBメディア運営は相変わらずPCでやっているのですが、

  • Facebookの発信
  • ブログ執筆
  • Instagramの投稿

などは、写真のような環境(スマホ+外付けキーボード)がデフォルトになりました。

理由はいくつかあるのですが、、、

一番は「写真の編集はスマホの方が楽」なこと!

最近はInstagramをメインに発信をしているのですが、Instagramはとにかく写真命。

そして、スマホアプリ版でないと、写真の細かな編集&アップロードをすることができません。

そのため最近は、

1.ミラーレス一眼(SONYのα6000を使用)で写真を撮影

2.カメラからWIFI経由でスマホに転送

3.スマホで写真の加工をする

4.外付けキーボードでInstagram用の文章やタグを執筆&アップ

5.Instagramにアップした写真をベースに、ブログ用の記事をEvernoteで執筆

6.執筆後、外部の編集さんに記事のWordpressアップをメールで指示

という流れで投稿をしています。

以前は「パソコンをなるべく持たないように…」と、多大な努力をしてPCフリーを目指して外に出ていたのですが、

最近は

パソコンは、むしろない方が便利かも…

と思うほど。

起業してからの6年間、PCを離れて生活をしていたことが数えるほどしかない僕にとっては、

パソコンの代わりにカメラを持ち、スマホとキーボードをポケットに入れて移動する生活は、なんだか違う人生を生きているように感じたりします。

<追伸>

外付けのキーボードは、「Bookey Pocket」を使用しています。

折りたたみ式のキーボードになるのですが、

  • デニムのポケットにスポッと収まるコンパクトサイズ
  • タイピングが非常にしやすいキーボード設計
  • 僕のタイピング速度についてこれる反応の良さ

と、「このサイズでこれだけのことができるのか!」と感動するほど。このキーボードに出会ったことも、このワークスタイルに移行できた理由のひとつです。

iPhoneSEと比べてもこのコンパクトサイズ。

デニムのポケットの中にもすっぽり収まります。感覚的にはiPhonePlusをポケットに入れて持ち運ぶよりもスッキリ収まる印象です!

Bookey Pocketの詳細ページはこちら(黒と白があります)

POWER TRAVELER

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。

「いつでも自由に旅することができる」という状態を保つため、PC1台で完結する仕事がメインです。

仕事についてのまとめはこちら

妻と世界を旅してきましたが、昨年に娘が生まれたため現在は育児をしながら国内外を旅しています。(旅の記録はこちら

関連記事

【近況報告】帰国してから早1ヶ月、こんなことをしていました。

病気で普通に働けない人に「一人でも生きる力」を~アトピーと戦うKさんとお話して感...

旅するコンサルタントになるために。海外でコンサル業をするとき僕が気をつけている3...

スーツケースに何を詰めるか。それはその時の自分にとって一番大事なものは何なのか?...

新型Macbookに機種変しました。ワークスタイルもPCの中身も、もっと身軽に自...

想定外の結果をたぐり寄せるために。沖縄で来年度の事業スケジュールを立てています!