実はこのブログ、僕が更新していません。ブログ更新作業を外注したら、驚くほどサクサク記事が書けるようになった話。

実はこのブログ、僕が更新していません。

記事はまぎれもなく僕が書いているのですが、実際にワードプレスに記事と写真をアップする作業は、他の方に依頼をしています。

なぜブログの更新作業を依頼しているかというと、海外では回線速度が遅いので、写真のアップロードや編集に時間がかかるからです。これではいくら記事を書くスピードが早くなっても更新作業ができません。

ということで僕は記事執筆に専念して、実際の更新作業は依頼するようになりました。これが驚くほど快適で、ブログ記事がさくさくアップできるようになりました。

僕はEvernoteにブログ用の記事を書くだけ。

どうやって更新を依頼しているかということですが、Evernoteに共有のノートブックを作り、それを2人で共有するようにしています。スクリーンショット 2015-06-14 21.59.07こちらがEvernoteで僕らが共有しているページの画面です。スクリーンショット 2015-06-14 21.59.53

「パワートラベラーブログ」という専用のノートブックを作り、これを共有しています。僕がここにノートをアップすると、自動的に外注さんのEvernoteも更新されるようになっています。

Evernoteにアップをしておけば、たとえ回線速度が遅かったとしても、他の記事を書いている間に、大きいファイルの写真の共有も完了します。共有ができればあとはバトンタッチできるので、回線速度に影響されずブログの更新ができるようになりました。

更新記事と下書き記事の見分け方

スクリーンショット 2015-06-14 22.01.28ノートを見ると、「日付が入っている記事」と「そうでない記事」に分かれています。日付が入っている記事が書き終わった記事です。

僕はこのノートブックにどんどん記事を貯めていき、書き終わったら「更新してください!」という合図として日付を入れます。こうすることで、書き途中の記事が誤ってアップされないようにしています。スクリーンショット 2015-06-14 22.03.04更新が終わると【UP済】というマークがつきます。このページはブログにアップされた印です。あとは実際にアップされた記事を確認して、誤字脱字があればこちらで修正をするようにしています。

ちなみにアップされた記事は、妻が毎朝チェックしています。2人がチェックしてくれているので、高確率で編集ミスに気がつくようになりました。

更新してくれる人がいる、ということは、記事を待ってくれる人がひとりはいるということ。

ブログ更新をお願いするようになってから、僕は記事執筆だけに集中すればよくなったので、仕事がとてもシンプルになりました。

それに、誰かが記事を更新してくれるということは、少なくともひとりは、僕の記事を待ってくれる人がいるということです。

僕は「少なくとも1日1〜3記事は更新していきます」と宣言しています。書かなかったらすぐにバレてしまいます。こうした強制力もあって、以前とは比べものにならないくらい、サクサク記事がアップできるようになりました。プロブロガーを目指している方、編集作業が時間がかかる方、「更新作業の外注」ぜひ考えてみてください。

<追伸>
ちなみにブログの更新作業の外注ですが、「ランサーズ"”」などのクラウドソーシングを使えば、1更新作業あたり50円-100程度でやってくれる人が簡単に見つかります。

2017年10月スタートメンバー募集

【2017年10月スタートの募集は終了しました】

募集期間:2017年9月18日〜9月24日
募集人数:50名→満席

※募集期間内でも定員に達しましたら、早めに募集を停止させていただきます。
→定員に達しましたので期間内ですが募集を終了させていただきました。

資産サイト構築のノウハウを学ぶことができる「WEB資産構築マニュアル(43800円)」は引き続き販売をしております。実践会にご興味がある方、少しでも早くPC一台で生計を立てる技術を身につけたいという方は、こちらのマニュアルで実践していただければと思います。(マニュアルをご購入いただいた方は、優先的に実践会の振替案内をお送りさせていただきます)

WEB資産構築マニュアルのご購入はこちら

関連記事

旅するコンサルタントになるために。海外でコンサル業をするとき僕が気をつけている3...

メディアパートナーを訪ねて、韓国ソウルに飛んできます!

PC一台でできる仕事だからこそ思う「オフラインの時間」の大切さ。

「自分の葬式代を出すために僕は稼ぎ始めた」ネガティブな動機から始まった行動は、ま...

仕事環境のスマホ化を推し進めて気がついた3つのメリット。

僕がビジネスを構築するときに意識している<蓄積化><外注化><仕組み化>という3...