実はこのブログ、僕が更新していません。ブログ更新作業を外注したら、驚くほどサクサク記事が書けるようになった話。

実はこのブログ、僕が更新していません。

記事はまぎれもなく僕が書いているのですが、実際にワードプレスに記事と写真をアップする作業は、他の方に依頼をしています。

なぜブログの更新作業を依頼しているかというと、海外では回線速度が遅いので、写真のアップロードや編集に時間がかかるからです。これではいくら記事を書くスピードが早くなっても更新作業ができません。

ということで僕は記事執筆に専念して、実際の更新作業は依頼するようになりました。これが驚くほど快適で、ブログ記事がさくさくアップできるようになりました。

僕はEvernoteにブログ用の記事を書くだけ。

どうやって更新を依頼しているかということですが、Evernoteに共有のノートブックを作り、それを2人で共有するようにしています。スクリーンショット 2015-06-14 21.59.07こちらがEvernoteで僕らが共有しているページの画面です。スクリーンショット 2015-06-14 21.59.53

「パワートラベラーブログ」という専用のノートブックを作り、これを共有しています。僕がここにノートをアップすると、自動的に外注さんのEvernoteも更新されるようになっています。

Evernoteにアップをしておけば、たとえ回線速度が遅かったとしても、他の記事を書いている間に、大きいファイルの写真の共有も完了します。共有ができればあとはバトンタッチできるので、回線速度に影響されずブログの更新ができるようになりました。

更新記事と下書き記事の見分け方

スクリーンショット 2015-06-14 22.01.28ノートを見ると、「日付が入っている記事」と「そうでない記事」に分かれています。日付が入っている記事が書き終わった記事です。

僕はこのノートブックにどんどん記事を貯めていき、書き終わったら「更新してください!」という合図として日付を入れます。こうすることで、書き途中の記事が誤ってアップされないようにしています。スクリーンショット 2015-06-14 22.03.04更新が終わると【UP済】というマークがつきます。このページはブログにアップされた印です。あとは実際にアップされた記事を確認して、誤字脱字があればこちらで修正をするようにしています。

ちなみにアップされた記事は、妻が毎朝チェックしています。2人がチェックしてくれているので、高確率で編集ミスに気がつくようになりました。

更新してくれる人がいる、ということは、記事を待ってくれる人がひとりはいるということ。

ブログ更新をお願いするようになってから、僕は記事執筆だけに集中すればよくなったので、仕事がとてもシンプルになりました。

それに、誰かが記事を更新してくれるということは、少なくともひとりは、僕の記事を待ってくれる人がいるということです。

僕は「少なくとも1日1〜3記事は更新していきます」と宣言しています。書かなかったらすぐにバレてしまいます。こうした強制力もあって、以前とは比べものにならないくらい、サクサク記事がアップできるようになりました。プロブロガーを目指している方、編集作業が時間がかかる方、「更新作業の外注」ぜひ考えてみてください。

<追伸>
ちなみにブログの更新作業の外注ですが、「ランサーズ"”」などのクラウドソーシングを使えば、1更新作業あたり50円-100程度でやってくれる人が簡単に見つかります。

POWER TRAVELER

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。

「いつでも自由に旅することができる」という状態を保つため、PC1台で完結する仕事がメインです。

仕事についてのまとめはこちら

妻と世界を旅してきましたが、昨年に娘が生まれたため現在は育児をしながら国内外を旅しています。(旅の記録はこちら

関連記事

旅するコンサルタントになるために。海外でコンサル業をするとき僕が気をつけている3...

「暇なんで」という理由でも行動する奴が勝ち~貯金ほぼ0円で出国してしまった男の行...

NO IMAGE

地方にいることは情報過疎の言い訳にならなくなってきている。

NO IMAGE

「これだ!」と思う人はいつ現れるかわからない。出会って1ヶ月で猛スピード婚を決め...

NO IMAGE

大阪あいりん地区での仕事風景を再現してみた!生活はシンプルになるほど夢は叶いやす...

チェンマイでパワートラベラー仲間と合流しました! 世界でできる仕事を持って、ふら...