実はこのブログ、僕が更新していません。ブログ更新作業を外注したら、驚くほどサクサク記事が書けるようになった話。

実はこのブログ、僕が更新していません。

記事はまぎれもなく僕が書いているのですが、実際にワードプレスに記事と写真をアップする作業は、他の方に依頼をしています。

なぜブログの更新作業を依頼しているかというと、海外では回線速度が遅いので、写真のアップロードや編集に時間がかかるからです。これではいくら記事を書くスピードが早くなっても更新作業ができません。

ということで僕は記事執筆に専念して、実際の更新作業は依頼するようになりました。これが驚くほど快適で、ブログ記事がさくさくアップできるようになりました。

僕はEvernoteにブログ用の記事を書くだけ。

どうやって更新を依頼しているかということですが、Evernoteに共有のノートブックを作り、それを2人で共有するようにしています。スクリーンショット 2015-06-14 21.59.07こちらがEvernoteで僕らが共有しているページの画面です。スクリーンショット 2015-06-14 21.59.53

「パワートラベラーブログ」という専用のノートブックを作り、これを共有しています。僕がここにノートをアップすると、自動的に外注さんのEvernoteも更新されるようになっています。

Evernoteにアップをしておけば、たとえ回線速度が遅かったとしても、他の記事を書いている間に、大きいファイルの写真の共有も完了します。共有ができればあとはバトンタッチできるので、回線速度に影響されずブログの更新ができるようになりました。

更新記事と下書き記事の見分け方

スクリーンショット 2015-06-14 22.01.28ノートを見ると、「日付が入っている記事」と「そうでない記事」に分かれています。日付が入っている記事が書き終わった記事です。

僕はこのノートブックにどんどん記事を貯めていき、書き終わったら「更新してください!」という合図として日付を入れます。こうすることで、書き途中の記事が誤ってアップされないようにしています。スクリーンショット 2015-06-14 22.03.04更新が終わると【UP済】というマークがつきます。このページはブログにアップされた印です。あとは実際にアップされた記事を確認して、誤字脱字があればこちらで修正をするようにしています。

ちなみにアップされた記事は、妻が毎朝チェックしています。2人がチェックしてくれているので、高確率で編集ミスに気がつくようになりました。

更新してくれる人がいる、ということは、記事を待ってくれる人がひとりはいるということ。

ブログ更新をお願いするようになってから、僕は記事執筆だけに集中すればよくなったので、仕事がとてもシンプルになりました。

それに、誰かが記事を更新してくれるということは、少なくともひとりは、僕の記事を待ってくれる人がいるということです。

僕は「少なくとも1日1〜3記事は更新していきます」と宣言しています。書かなかったらすぐにバレてしまいます。こうした強制力もあって、以前とは比べものにならないくらい、サクサク記事がアップできるようになりました。プロブロガーを目指している方、編集作業が時間がかかる方、「更新作業の外注」ぜひ考えてみてください。

<追伸>
ちなみにブログの更新作業の外注ですが、「ランサーズ"”」などのクラウドソーシングを使えば、1更新作業あたり50円-100程度でやってくれる人が簡単に見つかります。

【お知らせ】パワートラベラーの定義と、この働き方を叶えるための戦略を動画でまとめました▶▶「パワートラベラーを叶えるための考え方と基本戦略

POWER TRAVELER

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。

「いつでも自由に旅することができる」という状態を保つため、PC1台で完結する仕事がメインです。

仕事についてのまとめはこちら

<最近の旅>
2018年8月:フランス、イタリア+国内
2018年9月:フランス、イタリア、セルビア、スロベニア+国内
2018年10月:フランス、イタリア+国内

関連記事

旅するコンサルタントになるために。海外でコンサル業をするとき僕が気をつけている3...

iPhoneのテザリングが繋がらない時にやっている3つの手順

会社を辞めて自由に働きたい!ひとり起業で成功する人の共通点とは?

未来の自分と家族のために、蓄積型の仕事を積み重ねていく。

働き方や稼ぎ方の選択肢はいくらでもある。大事なのは「どの人生のストーリーを選択し...

人生を切り開くのはいつだって行動力だった。"住み込みトラベラー"大崎くんに聞いた...