ミラコスタでショーが見えるレストラン「ベッラヴィスタ・ラウンジ」でランチをしてきました。

「ディズニーシーのショーは観たいけど、混雑の中みるのは大変!」

「午前中から動き回っていると、お昼の時間にはもうへとへと。でも休むのも勿体ない!」

そんな方におすすめしたいのが、ミラコスタホテル内にあるレストラン「ベッラビスタ・ラウンジ(BELLAVISTA LOUNGE)」です。

イタリアンのお店ですが、パークに面しているため食事をしながら窓からショーを楽しむことができます。食事をしながらショーを観劇できるなら、ゆったりお昼休憩にもなりますし、家族連れでも安心ですよね。

先日、ミラコスタに宿泊した折に、お昼のショーの時間帯に合わせて妻とランチ利用してきたので、席からの眺めやコースの値段、料理写真をまとめてみました!

店内の内装はこんな感じ

img_4285
img_4288

予約なしでも入店することができるのですが、ショーを観劇するなら予約がベスト。僕らは14時開始のショーに合わせて、13時30分の予約を取りました。(ベッラビスタ・ラウンジのレストラン予約はコチラからできます

img_4289

内装はこんな感じ。窓の向こうはディズニーシーのパークが広がります。

img_4303 img_4291

席からの眺め。残念ながら一番窓際の席ではなかったのですが、首を持ち上げれば手前の舞台を見渡すことができます。

img_4310

窓際まで近づくとこんな感じ!

キャラクターとキャストの姿は小さいのですが、どんなショーかは十分わかります。また店内でも音楽は十分聞こえてくるので、食事をしながらショーを楽しむことができますよ。

img_4302

ちなみにミラコスタには、上の写真のようにショーを観ることができるテラスがあります。

こちらのテラスでショーを観るためには、

  • 地中海料理の「オチェーアノ」(ブッフェまたはコース)
  • 中国料理レストラン「シルクロードガーデン」(コースをご注文の方)

とレストランの利用が必須です。人気なので平日でも結構予約で埋まっています。

2つのレストランの場合は、僕らがいる「ベッラビスタ・ラウンジ」とは違い、テラスへ出てショーを見ることができます。

食事をする場所と鑑賞場所が別になるので慌ただしいのかな?と思い、今回は移動しないラウンジを選択しました。ベッラビスタ・ラウンジの方が舞台の正面に位置するのですが、音楽は外からじゃなく室内で流れるので、やはりショーの臨場感を味わいたいのであれば、テラスの方が良かったかな?という印象です。

img_4295

ベッラビスタ・ラウンジランチのコースは(2016年11月13日時点)、

  • 季節のランチコース(ハロウィンやクリスマスなどシーズン特別メニュー)4,940円
  • ベッラビスタランチ (アンティパスト、パスタorリゾット、魚料理or肉料理、ドルチェ、コーヒーor紅茶) )4,200円
  • ミラコスタパスタランチ平日のみ(アンティパスト、パスタorリゾット、ドルチェ、コーヒーor紅茶)3,200円

の3種類です。

img_4297

今回は「ベッラビスタランチ」と「ミラコスタパスタランチ」を注文しました。(写真は2コースが混じっています。)

img_4305img_4307img_4316
img_4309img_4318img_4311img_4319img_4308

ということでショーとランチを満喫してきました!

ショーの時間はベイサイドエリアは混雑しますが、レストラン内は始終優雅な雰囲気。落ち着いて食事を楽しみながらショーを観劇することができるので、休憩として利用するのもおすすめです。

ただし、席から舞台を見ることができるのは窓際から2列まで。それより後ろの座席からは、立たないとショーは見えないかな、という感じです。

ネットで予約する際は、

  • 「ディズニーホテルに宿泊する場合」
  • 「ディズニーホテル以外のホテルに宿泊する場合」
  • 「宿泊しない/レストランの利用のみの場合」

と予約経路が分かれます。

宿泊の10日前にミラコスタ予約とレストラン予約をしたのですが、直前にも関わらず窓側から2列目の席に案内されたので、「もしかするとディズニーホテルの予約がある方が良い席に通されるのかな?」と思いました。

ベッラビスタ・ラウンジの場合、夕方のショーに合わせてうまく入店しても良いかと思います。当日も夕方であれば、予約なしに一番窓側に案内してもらっている人もいました。ミラコスタのラウンジ利用、おすすめです!

POWER TRAVELER

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。

「いつでも自由に旅することができる」という状態を保つため、PC1台で完結する仕事がメインです。

仕事についてのまとめはこちら

<最近の旅>
2018年8月:フランス、イタリア+国内
2018年9月:フランス、イタリア、セルビア、スロベニア+国内
2018年10月:フランス、イタリア+国内

関連記事

スーツケースに何を詰めるか。それはその時の自分にとって一番大事なものは何なのか?...

23歳、うつ病で企業を退職した僕が、ひとりで起業をして生計を立てるまでの2年間で...

急性胃腸炎になり病院へ。人生初入院で感じた資産サイトのありがたみ。

旅行サイト運営者が、ホテルを予約するときに考えていること。

東京リッツのクラブフロアのデートで知っておきたい「ドリンクオーダー」の話

どんなに妻のリクエストを叶えても、120点はとれないのだと気がついた話。