[ホテルアロマ]記憶に残る香りをお土産にする。アマネムのスパ施設で使われているアロマ「SORAYUI」を買いました。

Spa aroma @ AMANEMU

最近はまっているお気に入りホテル土産は、そのホテルで利用されているアロマ。

高級ホテルのロビーに入った途端、ふわっと良い匂いに包まれて、日常からトリップするような感覚になることはありませんか?

香りは記憶を呼び覚ますといいますが、自宅でアロマを焚けば、いつでもホテルライクな時間を演出することができます。

我が家では、リッツカールトンやシャングリラホテルなど、夫婦で過去滞在したお気に入りホテルのアロマが揃っていて、その日の気分でアロマを変えて過ごしています。

こちらの写真は、伊勢志摩にオープンしたAMANリゾート「AMANEMU(アマネム)」のスパ施設で使われていたもの。

「SORAYUI」というメーカーが出している「SHINSHIN」シリーズのアロマ。

伊勢神宮の雰囲気をイメージしてブレンドされているそうで、心を落ち着かせるヒノキの良い香りがします。

SHINSHINアロマシリーズは、自然と共生する伊勢神宮、そして祈りを捧げる人々の真っ直ぐな心にインスピレーションを受けて誕生しました。深穏な香りをお楽しみください。

こちらのアロマは3本セットで6750円(税抜)。

アロマは長く楽しむことができますし、なにより、素敵なホテルをチェックアウトした後の「もっと長く滞在していたかったなー」という物足りなさを癒やしてくれます。

形に残るモノではなく、記憶に残る香りを持ち帰る。

今回このアロマをお土産にしたことで、いつでもアマネム滞在気分を味わうことができるようになりました。

<アロマ情報>

POWER TRAVELER

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。

「いつでも自由に旅することができる」という状態を保つため、PC1台で完結する仕事がメインです。

仕事についてのまとめはこちら

 

関連記事

なんだこのバンズの美味さは! アムステルダム1位のバーガー店「LOMBARDO’...

【旅=自由ではない】旅資金を稼ぐ力を身につけた人しか見られない風景がある。

プラハ城内のスターバックスは、城壁からプラハの街を見下ろせる絶景ノマドスポット!

スーツケースに何を詰めるか。それはその時の自分にとって一番大事なものは何なのか?...

夫婦ふたりで、世界を自由に飛び回る状態は叶えることはできるのか?

阪口ユウキの仕事道具、旅の装備品一覧