夫婦で、世界のどこにいても仕事ができる環境を作る。

僕らは夫婦そろって、PC一台でできる仕事をしています。

僕は、サイト作成や会員制サイトの運営、スカイプでのコンサルティングなど。彼女の方は、運営しているエプロンショップの更新作業で。いつも喫茶店などに行って、並んでPCを広げて仕事をしています。

テーブルの上にふたつのPCが並んでいる風景は、僕らにとってはすでに、あたりまえのになっているのですが、よくよく考えると、夫婦でどこでも仕事ができるのは本当に幸せなことだと思いました。

どこでもできる仕事があるからお気に入りの街に住んだり、いつでも小旅行をすることができる。

どこにも所属していないので自分たちのスケジュールはいつも自分で決めることができる。 そして、PC一台あればどこにいても一緒に資金を稼ぐことができる。それは、この時代だからこそできる夫婦のライフスタイルなのだと思いました。

ライフスタイルを叶えるまでには、時間がかかる。

10552660_910048779021602_6968329848304723325_n

こういった状況を叶えるために、僕は3年前からサイト作成やアフィリエイトなどの技術を学んできましたし、彼女の方も、僕に出会う前から自分のビジネスを作り、今年で5年目になります。

こうなるまでには、短くはない月日が経っています。

僕自身もこの3年間で、うつ病になったり、福岡の旅館に住み込んだり、あいりん地区に潜伏したり、いろいろなことがありました。それでもこうして、その時に自分が思い描いた生活が叶い始めてきた今、その価値は十分にあったと思います。

自分でビジネスを起こし、軌道に乗せるまでには時間がかかります。

特に、企業や組織に属すことなく、自由に生きていくためには越えていかなければならないハードルが数多くあります。

色んな場所を転々としながらどう収益をあげ続けるか、お客さんやユーザーをどう確保するか、どれだけ仕事の自由化を進めることができるか、トライ&エラーの繰り返しです。

でも、理想のライフスタイルはきっと叶うのだと思います。それを叶えられる仕事の仕組みを、ゼロからでもコツコツ、諦めずに積み重ねていけば。

大事なのは手段でなく、ライフスタイルを叶えること。

1620900_817507404942407_1440260736_n

僕は「世界を自由に飛び回る力をつける」ことを目指して、アフィリエイトをはじめとする、PC一台でできる仕事を追求してきました。

その選択は、結果的には良かったと思っています。ですが、もしこれが自分に合わなかったり、どうしても成果がでなければ、また他の方法を考えたでしょう。

デザインをゼロから学んで、クラウドソーシングを使って仕事を集めたり、アクセスを集めアドセンスで生計を立てる「プロブロガー」に転職したり、色々な方法を試したはずです。

成果がでなければ角度を変えて、それでもダメならアプローチを変えて、とにかくライフスタイルを叶えられる仕事を追求する。そうして、前へ前へ進んでいけば、きっといつか世界は拓けると信じています。

僕にはまだ、見たことがない世界がありますし、夫婦ふたりで飛び回ることでしか見られない風景も、たくさんあると思います。

そうしたまだ見たことのない風景と出会うために、今日も歩みを止めず、ライフスタイルを叶える仕事を続けたいと思います。

 

2017年10月スタートメンバー募集

【2017年10月スタートの募集は終了しました】

募集期間:2017年9月18日〜9月24日
募集人数:50名→満席

※募集期間内でも定員に達しましたら、早めに募集を停止させていただきます。
→定員に達しましたので期間内ですが募集を終了させていただきました。

資産サイト構築のノウハウを学ぶことができる「WEB資産構築マニュアル(43800円)」は引き続き販売をしております。実践会にご興味がある方、少しでも早くPC一台で生計を立てる技術を身につけたいという方は、こちらのマニュアルで実践していただければと思います。(マニュアルをご購入いただいた方は、優先的に実践会の振替案内をお送りさせていただきます)

WEB資産構築マニュアルのご購入はこちら

関連記事

人生を切り開くのはいつだって行動力だった。"住み込みトラベラー"大崎くんに聞いた...

【音声】赤ちゃんをあやしながらでもできるインプット&アウトプット方法を考えてみた...

目指すは「ナンパしつつロードバイク日本一周の旅」。夢を叶えるエネルギーは、いつだ...

大切にしたいものを本当に大切にするために、働き方を変えていく。

さよならFacebook。スマホからFacebookを削除したら、スマホも頭の容...

これからは、両手をPCとスマホ以外のものに触れる時間を、未体験の体験に触れにいく...