出産まであと1ヶ月、心斎橋で妻とマタニティフォトを撮ってもらいました。

大阪・心斎橋のスタジオで、妻のマタニティフォトを撮影してもらってきました。

妻は現在妊娠9ヶ月。予定日までちょうど1ヶ月前です。お腹はまるまるとその存在感を増し、普通に歩くのも大変そうにしています。

そんな妻の手を引きながら、写真スタジオへ行ってきました。

マタニティフォトの撮影風景はこんな感じ!


スタジオの準備が整い撮影が進みます。

実は最近まで「マタニティフォト」という文化を知らなかった僕。プロが撮影したであろうマタニティ写真をFacebookに掲載している人をみるにつけ、

この人、モデルさんか何かなんかなぁ

と信じ込んでいました。選ばれし人にしか許されない写真なのだと。そんなことはなく、誰でも申し込めるサービスだったんですね。


僕はカメラマンの横で、許可をもらって、ひたすら妻の写真と撮影風景を撮るようなことをしていました。

個人的に、仕上がった写真も好きなのですが、こういう「メイキング」的な写真も非日常感があって好きだったりします。

「なんだかアシスタントみたい」と、妻とスタッフさんに苦笑されつつも、気にせず撮影。

途中でカジュアルな服に着替えます。先程のドレスはスタジオのものをお借りしたのですが、こちらは持参しました。


基本は、妻ひとりを撮ってもらうのですが、たまに僕も入ってふたりの写真の撮ってもらいます。

マタニティフォトというと、女性ひとりの写真をイメージしていたのですが、家族一緒の撮影も多いそうです。

理由を聞くと、写真を撮られ慣れていない方が多いので、旦那さんや子どもを巻き込むことで恥ずかしさを紛らわせているのだとか。


ちなみに、プロの仕上がりはこんな感じ。やっぱり全然違いますね!

照明の当て方など、どうしてその角度になるのかわからず、カメラマンが持っているスキルというのは凄いなあと実感しました。

僕は今のところ趣味カメラマンで収まっていますが、娘が生まれてきたら、本格的にカメラを習って良い写真をバシバシ撮りたい!とか思うんかなあ。

これからデータの編集をして、データと絵本の納品が1ヶ月ほど先とのこと。到着が楽しみです。

今回撮影をお願いしたスタジオ
名称:STUDIO6
住所:〒541-0059 大阪府大阪市中央区博労町4-6-17 第三丸米ビル #101
URL:http://studio6.photo/studio/osaka/

 

POWER TRAVELER

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。

「いつでも自由に旅することができる」という状態を保つため、PC1台で完結する仕事がメインです。

仕事についてのまとめはこちら

妻と世界を旅してきましたが、昨年に娘が生まれたため現在は育児をしながら国内外を旅しています。(旅の記録はこちら

関連記事

人混みを離れてほっと一息。ディズニーランドパリのおすすめカフェ「CAFE FAN...

妻の妊婦健診に9ヶ月間付き添ってわかったこと

赤ちゃんと留守番してわかった、ずっと家にいるのに家事が進まない3つの理由

突然ですが、セネガルでのホームステイが決定しました。

NO IMAGE

【夢を諦める方法】僕が10年追いかけたミュージシャンの夢を諦められた「1つの気づ...

出かけていく旅はツマラナイ。本当の冒険はいつも「自分の内側」にある。