大阪→羽田空港に向かう早朝便の中で考えたこと。

こんにちは、パワートラベラーの阪口です。

今僕はこの文章を、【大阪国際空港(伊丹空港)→羽田空港】に向かう飛行機の中で書いています。

最近、朝早い便で大阪→東京に飛ぶ機会が多くあり、今日も出発時刻は朝7時半。

この時間帯の空港に行くといつも驚くのが、身軽な恰好のサラリーマン達が、颯爽と搭乗手続きを済ませていく様子です。

都内の駅の混雑具合とまではいきませんが、ビジネスバックひとつでチェックインを済ましていく人の多さを見ると、

「あたりまえの通勤&出張手段として飛行機を利用するような生活もあるのだなー」

ということに気がついたりします。

たしかに、僕が今日家を出たのは朝6時過ぎ。
羽田空港に到着するのは8時40分です。

2時間半というと、郊外に家を持っている人が都内に勤務するのとあまり変わらなかったりしますよね。

ぼおっと過ごしていても、2時間半なんてあっという間に過ぎますし、

その時間で、家を出て、飛行機に乗り、羽田に到着できる、、、というのは、僕にとってはかなり衝撃的な事実だったりします。

今日のチケットは14000円。

ANA便ですが、安い時は10000円前後で搭乗することもできます。

これは新大阪ー東京駅間の新幹線よりも安い価格。もう、距離を理由に行きたい場所に行けないというのは、考えられなくなってきました。

阪口ユウキ

<追伸1>

大阪→東京方面に飛ぶ方は、左座席の窓側の席をぜひおすすめします!

なぜなら、晴れた日は窓からくっきりと富士山の姿を一望できるからです。

僕は今日はすっかり忘れて、反対座席に座ってしまい見逃しました。

乗務員の方に聞いてみると、

「航路的に、航路的に、大阪→東京方面のフライトは、いつも左座席から富士山を見下ろすことができます。いつもではないのですが、天候が良く、機長が富士山に気がついた時は、アナウンスでお客様にお知らせしています^^」

とのことです。

帰りの便では間違えず、富士山が見下ろせる座席を選択したいと思います。

<追伸2>

この文章は、こちらの環境で執筆をしています。

最近、ワークスタイルの大きな変化になったな〜と感じるのが、【情報発信作業の完全なPC⇒スマホ移行】です。 本業のWEBメディア運営は相変わらず...

最近、Bookey PocketというBluetoothキーボードを買ったのですが、これが最高の1台で、スマホだけで記事執筆や仕事ができるようになりました。

折りたためばデニムのポケットに入りますし、僕のタイピング速度にもついてこれる反応の良さを兼ね備えています。

もともと時間と場所にとらわれない仕事をしていましたが、そこに身軽さも加わり、ますます自由度が増したように感じています。

2017年10月スタートメンバー募集

【2017年10月スタートの募集は終了しました】

募集期間:2017年9月18日〜9月24日
募集人数:50名→満席

※募集期間内でも定員に達しましたら、早めに募集を停止させていただきます。
→定員に達しましたので期間内ですが募集を終了させていただきました。

資産サイト構築のノウハウを学ぶことができる「WEB資産構築マニュアル(43800円)」は引き続き販売をしております。実践会にご興味がある方、少しでも早くPC一台で生計を立てる技術を身につけたいという方は、こちらのマニュアルで実践していただければと思います。(マニュアルをご購入いただいた方は、優先的に実践会の振替案内をお送りさせていただきます)

WEB資産構築マニュアルのご購入はこちら

関連記事

夢をカチカチ唱えるために。カウンターを手に入れました!

STORYS.JPに投稿したあいりん地区のストーリーが、アニメーション化されるこ...

もし来年、たった1つのことしかできないとしたら、あなたは何をしますか?

ジョホールバルで最も熱い開発地区・ダンガベイ(Danga Bay)エリアを視察し...

新年初フライト!うまくいかない時期が続いても、 それはまだ雲の隙間を抜けていない...

今話題のHotelsCombined(ホテルズコンバインド)って何? オフィス訪...