世界中、自由に旅する会社をつくりたい。

世界中、自由に旅する会社をつくりたい。

 

オフィスの場所は、今ぼくらがいるところ。

メンバーは、そのときその場所にいる人たち。

事業は、そのメンバーできる最大限に面白いもので。

 

ぼくは、たとえば貿易をやりたい。

その国にいる素敵な人たちがつくった素敵なものを、異国の人たちに届けてみたい。

それが本当に素敵に見えるキャッチコピーと、デザインを添えて。

 

異国にオフィスを構えたい。

南向きの窓と、コーヒー、そしてmacbook。

小粋な女の子をひとり、アルバイトに置いて。

 

脚で歩いて、人と話して、こじんまりと商品を仕入れたい。

仕事の時間は午前中だけ。

午後はきっと、小説を書いたり、散歩をしたり、

本を読んだり、デートをしたりで忙しい。

 

夜は楽器をかついで、

カフェやバーで演奏をしたいから、

これもきっと忙しい。

仕事は、南向きの窓から差し込む光が、まだやわらかな時間帯だけ。

 

そうして在庫がなくなって、部屋がからっぽになったら、

部屋をたたんで、彼女と別れる。またあたらしい国へ行く。

 

そんな風にして、いくつものオフィスや、

WEBサイトを立ち上げては、

干したての洗濯物をたたむように、丁寧に片づけていく。

 

そんな風な毎日を、25歳からつくっていく。

21.1世紀の、新しいはたらき方を、見つけていく。

 

「会社」と書いたけど、それは古い。

「起業」も、なんだかカッコつけて、肩が張る。

 

ぼくのは、単なるわがままだ。

ただし、信念のある、わがままだ。

 

折れそうになることが、日本では本当に多い。

ぼくはあの場所に行く。それまで絶対に、諦めない。

POWER TRAVELER

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。

「いつでも自由に旅することができる」という状態を保つため、PC1台で完結する仕事がメインです。

仕事についてのまとめはこちら

 

関連記事

12月31日|12月の収益報告

6月30日:起業開始から3ヶ月目の総括

3月17日:アニメ着うたフルサイトの成功事例

Featured Video Play Icon

9月3日:友人から受け継いだ50GBの思い出

3月23日:自己アフィリを駆使して、レーシック費用を格安に抑えてみる

6月2日:24歳にして丸坊主となる。