子連れ旅行

なぜ僕らはフォーシーズンズ京都を夜22時にチェックアウトし、東京まで車を走らせたのか|DAY29

WEBサイト運営11年目の阪口です。働く時間が自由になるため、夏休みも毎日妻と娘と過ごしています。今日は、愛知/大阪/京都を巡る旅行の最終日です。

夏休み 29日目(東京-大阪/京都旅行中)

・フォーシーズンズ京都を夜22時に出発
・451kmを夜通し走り東京の自宅へ
・自宅で休息DAY

フォーシーズンズ京都には2泊する予定でしたが、2日目の夜に東京に戻ることにしました。

妻と相談し、手早く荷造りを済ませて、22時過ぎに出発。そこから妻と交替で車を走らせ、朝6時前に自宅に到着。

今日はもともと、京都から戻るだけの予定だったので、東京についてからは1日休息DAYにしました。

夜明け前の海老名SAにて

22時にフォーシーズンズ京都をチェックアウトした理由

もともとは翌日の朝にもプールに入って、めいいっぱいのんびりしてからチェックアウトする予定でした。

なぜ、夜22時にチェックアウトをしたのか。

一番の理由は、部屋に面した日本庭園・積翠園から感じるエネルギーが強すぎたから、です。

平安時代末期、平重盛の別邸「小松殿」の園地として作庭された積翠園は、800年以上の歴史があります。どういう変遷があった庭かはわかりませんが、庭から部屋に流れ込んでくるエネルギーが強く、夜落ち着いて眠ることができませんでした。

これは妻も同様で、夜中に起き出してきて、

「以前、パリのムーリスに泊まった時のような感じ。空気が重たく、落ち着かない」

と言っていました。

パリのパラスホテル「ル・ムーリス(Le Meurice)」に家族で宿泊しました。パラスホテル「ル・ムーリス(Le Meurice)」に宿泊しました。 創業1815年、当時からパリのホテルといえばムーリスを指す程、各...

歴史の古いホテルに宿泊すると、たまにこういう雰囲気を感じることがあります。

それは幽霊とか、悪いものとか、そういったものではなく、歴史の累積から来る空気圧のようなもので、常に気を張り、バリアを張っていないと、自分が負けてしまいそうになる。

陽のあたる日中はそれが和らぐのですが、夜になると息苦しさを覚え、落ち着かない。頭痛もひどくなる。夜、娘が寝静まってから妻と相談し、同じ意見だったこともあり、荷物をまとめてホテルを離れることにしました。

*****

もう一つの理由は、そのエネルギーの強さをたのしむほどの魅力を、ホテルそのものには感じなかったことです。

フォーシーズンズ京都は、ハード面は素晴らしく、内装や雰囲気も好みだったのですが、スタッフさんとのコミュニケーションが難しかったり、食事が美味しくなかったりで、無理をしてまで滞在するだけの魅力を感じませんでした。

これは好みや、タイミングや、感受性の問題だとは思うのですが、今回は僕らには合わなかったということで、早く離れたいという自分たちの感情を優先した感じです。

レジデンスのガーデンビューも満喫。雰囲気と空気感も味わい尽くし、鯉に餌もやり、プールも毎日泳いだし、後悔はなし!!

荷物をまとめてチェックアウトを済ませ、東京の自宅までの451kmを夜通し走り、帰ってきました。

自分たちの感情を優先する、ということ

フォーシーズンズ京都でのレジデンススイートで過ごす滞在を、自分たちにはこのホテルは合わないという理由で切り上げるという判断ができるようになったことに、夫婦の成長を感じました。

これまでであれば、何か気になることがあったとしても、

「せっかくフォーシーズンズに来たのだから」

とチェックアウト時間までフルで滞在をしただろうと思います。

フォーシーズンズというホテルブランドへの敬意、支払った金額、それよりも自分たちの感情を優先するという判断。

その判断を、すぐさま行動に移すことができたのも良かったです。

ホテルを出ようとかという相談をしたのが21時過ぎ、そこから荷物をまとめて、22時には熟睡する娘を抱きかかえて出発。こういう判断と行動ができたのは、今後、突発的に何かが起こったときにも、役立つことがあるのではないかと感じます。

もうひとつ。

僕ら夫婦は一緒に暮らし、旅し、仕事をし、結婚生活を送ってきた8年間ほぼ毎日一緒に過ごすことをしてきました。同じ経験を積むことで、同じように感性を磨き、成長を遂げてきたのだな、ということを今回感じました。

なかなか「この部屋はエネルギーが強すぎるから、22時だけど、チェックアウトしよう」という意見が同じタイミングで出、同意ができるというのは、ないのではないか。

以前は感じ取れなかったものを感じ、それを言語化し、すぐに行動に移せるようになったというのは、大きな成長を感じました。

様々なことを感じる、フォーシーズンズ京都の滞在でした。

夏休み前半の旅行は、これでおしまい。しばらくは日常を過ごし、夏休みラストにまた旅行に行きたいと思っています。次はどんなことが起こり、どんなことを感じるのか、たのしみです。

阪口ユウキ

ABOUT ME
阪口 ユウキ
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。専門はWEBマーケティング、アフィリエイト、自分メディア構築。東南アジアやヨーロッパ周遊生活、夫婦での世界一周を達成後、現在は東京で育児中心の生活を送っています。
パワートラベラー実践会について


パワートラベラー実践会は、僕が起業当初から続けてきた「WEB資産の作り方」そして「PC一台で理想の働き方を叶える方法」を伝えているオンラインスクールです。2014年からスタートし、2022年の8月からは9年目になりました。

現在は定期的なメンバー募集は行っておらず、数ヶ月に1回のペースでご案内しています。

<お知らせ>スケジュールが決定しました!次回の募集は「2022年9月20日12時〜」となります。こちらは一般募集は行わず優先通知にご登録いただいている方を対象に行う予定です。

優先通知登録はこちら

パワートラベラー実践会の専用サイトはこちら

卒業生の声はこちら

こちらのページのフォームより優先通知にご登録いただきますと募集がはじまったときにご案内メールをお送りしています