キングコングの西野亮廣さんに学んだ「スマホ時代の文章術」

先日、西野亮廣さんを招いてトークショーを開催しました。

今回は妻が主催のするオンラインサロンや、パワートラベラー実践会のメンバー限定で開催したイベントになるのですが、

少人数でじっくり、西野さんのビジネスやお金についての考え方を知りたい!

という思いから、30名という小規模で開催することに。

参加者の9割は起業家・事業家という空間の中、今後の展開を考える上で決定打になるようなヒントを沢山いただきました。

詳細はまた改めてブログに書きますが、自分の中のビジネス観や世界観が一気に広がった時間でした!

控室で西野さんとお話する中での一コマ

トークショーの後、控室で西野さんとお話する時間をいただいたのですが、そのとき、

あきらかに忙しいスケジュールの中、どうやって執筆をしているのか?

という話になりました。

西野さんは講演やトークショーで毎日のように全国を飛び回っています。

加えて、

  • 新しい絵本の絵コンテ作成
  • ブログなどの記事執筆
  • FacebookやLINEなどの返信
  • 自分を紹介している記事を見かけたらシェア

など、いつ寝ているのかわからない量のアウトプットをこなしています。

その執筆方法について尋ねたところ、、、

これはね、全部スマホで書いてるんですよ。魔法のコンパスもスマホで書きましたよ

「え、スマホですか!?」

西野さんは自分のアンドロイドを取り出して見せながら、

こうしてフリックでささっと。ジョギングしながら思い浮かんだのを書き溜めたりしてますね

と、執筆の様子をシェアしてくれました。

スマホで読みやすい文章は、スマホで書かれるべき。

「僕ね、パソコンで書かれた文章って見ただけですぐわかるんですよ。

改行がされてなくて、スマホで読むと読みづらいでしょう。逆に、パソコンで見ると読みやすいんですけどね。

でも最近、みんなスマホで読むじゃないですか。ブログも記事もニュースも、みんなスマホ。

そのとき、スマホで書かれた文章って読みやすいんですよね。小さい画面で書いてるから、自然と改行が多くなる。それが読みやすい。

『魔本のコンパス』読んでもらえばわかるんですが、めっちゃ改行多いんですよね。あれはスマホで書いてるからなんです。

スマホで読まれる文章は、スマホで書かれるべきだと僕思うんですよ

スマホで読まれる記事は、スマホで書かれるべき

長文はパソコンで書くのが当たり前。

僕は複数のWEBメディアを運営していることもあり、特に長文のコンテンツを書く時は、そんな風に思っていました。

しかし、解析ツールでサイトの訪問者を見てみると、

PC:スマホ

の割合は、圧倒的にスマホの方が多くなっています。

パソコンで記事を書くのはいいのですが、その後、

改行や読みやすさを、スマホでリライトする

くらいの意気込みを持たないと、スマホ時代のユーザー目線のコンテンツはできないんだな、、、

ということを、西野さんとお話する中で感じました!

追伸

最近は僕も、記事執筆作業のほとんどをスマホでこなしています。

フリック入力は苦手なので、Bluetoothキーボードを持ち運んでの執筆ですが、この形態に切り替えてから、パソコンを外に持ち運ぶ機会が激減しました。

サイトのデザインなどをいじるときは、さすがにパソコンを使いますが、

単純な記事執筆のアウトプット作業であれば、

執筆以外の作業をすることができない

スマホでやるほうが集中力があがると感じています。

【お知らせ】パワートラベラーの定義と、この働き方を叶えるための戦略を動画でまとめました▶▶「パワートラベラーを叶えるための考え方と基本戦略

POWER TRAVELER

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。

「いつでも自由に旅することができる」という状態を保つため、PC1台で完結する仕事がメインです。

仕事についてのまとめはこちら

<最近の旅>
2019年5月:マレーシア、フィリピン、モナコ(instagram

関連記事

「お金の話をするときは、必ず通貨単位をつけよう」名古屋のとある資産家に教わった、...

高卒二十歳のフリーター、ニューヨークを目指す。

1日の定義を勝手に「42時間」に設定して、1週間を7日 ⇒ 4日に最適化して生活...

NO IMAGE

新生ヒストリカ|20年来の夢を追いかけ、1人でゲームリリースを達成した漢の話

新年のご挨拶と今年の抱負

「自由な働き方を叶えた、その先の未来を見てみたい」報酬0円で退職→あいりん地区で...