家族が増えました!新しい旅のはじまり。

娘が生まれました!

お陰様で母子ともに元気です。先日病院を退院しまして、妻と赤ちゃんと3人で暮らしはじめています。

色んな方から「赤ちゃん生まれたら、生活激変しますよ!」と教わり、覚悟はしていたのですが、、、

まさか、こんなに赤ちゃんのお世話でてんやわんやするとは思いませんでした(笑)世の中のパパママってすごい!

赤ちゃんのミルクひとつ取っても大仕事!

たとえば、赤ちゃんのミルク。

育児書などを読んでいると、

「新生児の間は、3時間おきに授乳とミルク」

と書いてあったのですが、

実際にやる前は、

「ミルクだけだったら、そんなに時間かからないだろう」

「3時間おきにミルクなら、細切れでも1-2時間は自分の時間が持てるだろう」

と正直、タカをくくっていました。

しかしいざやってみると、、、その認識は甘かった!!

授乳のやり方を病院で教わったところ、新生児の時期は、片乳10分ずつとのこと。

生まれたばかりの時期は、母乳が十分に出ないため、時間をかけてあげないといけないのだとか。それだけでまず20分はかかります。

また、授乳で足りない分はミルクを作って飲ませるのですが、、、この、ミルクを作る作業も大変!

  • お湯を沸かす
  • 沸かしたお湯を少し冷まして70度くらいにする
  • 哺乳瓶に粉ミルクを溶かす
  • 人肌温度になるまで待って、ようやくできあがり!

という、

言葉にすると単純ですが、実際にやってみると

「70度ってどれくらいの温度よ?」

「人肌まで早く冷ますにはどうしたらいいの?」

とわからないことばかり。

とりあえずボウルに水をはって哺乳瓶を入れて冷ましたりするのですが、そうしていると、あっという間に10分、20分経っていますw

赤ちゃんはごくごく飲んでくれることもあれば、飲みながらうとうとと眠ってしまいくすぐっても起きないことも多く、

ミルクが飲み終わった後には、赤ちゃんを縦に抱きかかえて背中をさすりゲップをさせてあげる必要があったり。

使った哺乳瓶は次の使用に備えて煮沸消毒をする必要があったり、、、

そんなことをしていると、授乳とミルクだけであっというまに1時間経っていたりします。

しかもこの作業は、日中深夜に関係なく3時間おきにやってくるので、

「あれ、さっきミルク飲みましたよね!?」

と思うほど、瞬く間に次のミルクの時間に(笑)

この時期の赤ちゃんは、1日8回程度の授乳が必要なのですが、1回につき1時間かかるとすると、単純計算で1日8時間は赤ちゃんのミルクに使っているという。。。

その間にも、泣きわめく我が子をあやしたり、うんちやおしっこを確認しておむつを取り替えたり、(驚くほどのスピードでおむつがなくなりますw)

そんなことをしていたらあっという間に日が暮れて、夜中は夜中でお世話をしていたらいつのまにか朝になりましたw

結局2時間ほどしか眠れず妻も僕もそろって寝不足です。

それでも育児は楽しく毎日新しい発見に出会います。

単純に、我が子が可愛いこともありますし、「お世話をする」という行為が僕の性格的にも合っているのだと思いますが、ミルクもおむつ替えも、赤ちゃんとのコミュニケーションも、すごく楽しく、やりがいも感じています。

子どもは日に日に変化していきますし、特に新生児の今の時期は、昨日の顔と今日の顔がころころ変わったりします。

隙間時間にパソコンを広げて仕事をして、ふっと部屋の隅のベッドをみて赤ちゃんがすやすや寝ているのをみると、

「そういや、家族が増えたんだな・・・」

と、なんだか不思議な気持ちになったり。

体力的、睡眠的にしんどいのは間違いないのですが、それ以上に、日々新しい体験や学びがあり、子どもの変化も、育児を通した自分自身の変化も楽しく感じています。

国や土地を巡る、移動のある旅ではありませんが、

新しい世界に飛び込むという点で育児というのは、僕にとって紛れもなく「旅」のひとつだったりします。

こうして赤ちゃんの成長を側で眺めることができるというのも自宅で、PC一台でできる仕事の特権だと思うので、日々、育児に挑戦をしながら赤ちゃんの成長を見守りたいと思っています!

追伸

仕事についてですが、細切れの時間を使って、なんとか進めています。

とはいっても計画通りに進むことはなく、

「そろそろ仕事をしよう」と思ったのが16時頃だったのですが、実際に仕事をはじめることができたのは22時を過ぎてからでした(笑)パソコンを広げるまでに、6時間かかるという。。。

今は、メインのサイトに絞って

「1日3記事更新する!」

という数値目標だけを定めて、それだけを日々、こなすことを心がけています。

記事は育児をしている間基本的に外注さんに書いていただき、赤ちゃんが眠っているタイミングで記事をチェック。こちらで加筆修正・編集をしたものをサイトにアップするような形です。

スケジュールを綿密に立ててもなかなかその通りに進みません。

「とにかく1日3記事」

という、わかりやすい数値目標を立てたことで仕事もだいぶシンプルになりました。

家族と一緒に旅ができるまでまだ期間があるので、その間に新しいサイトをいくつか立ち上げていこうと思います!

パワートラベラーの働き方について

僕ら夫婦は旅暮らしをしていますが、ただ旅をしていても、お金の心配は消えない。本当に楽しく自由になるには経済的自立が必要。という理念のもと、旅をしながらでも資金を稼ぐことができるライフスタイルを構築しています。

基本はPC一台で完結する仕事を選んでいます。PCで完結する仕事はいろいろありますが、最初に取り組み、現在も大切にしている仕事は、

ウェブサイトを作る

というものです。企業から仕事を受注するのではなく、自分でサイトの企画を立て運営をしながら、サイトからの広告収入(アフィリエイト)で生計を立てています。

仕事関連のまとめはこちら

関連記事

自分にとっての異国とは、心理的な距離によって決められるのだと、新山口駅で気がつい...

パリでアパートメントを借りてみた!検索方法と契約手順、おすすめの滞在エリアをまと...

ブリュッセル在住の映像クリエイター・金井雄三さんの手によって、あいりん地区のST...

男は常に女性を気遣わねばならない。パリで店員に怒られて学んだ「レディーファースト...

妹を香港ディズニーランドに連れて行く。男としてのレベルが上がったかなと感じた日。

23歳、うつ病で企業を退職した僕が、ひとりで起業をして生計を立てるまでの2年間で...