【世界のスタバ】プラハ城のお膝元、マラーストラナ広場のスターバックスでノマドしてきました。

プラハの城下町、マラーストラナ広場のスターバックスで仕事をしてきました。

ヨーロッパは国によってカフェ文化や治安が違うため、PCが広げられるカフェとそうでないカフェに分かれています。

そんな中でもアメリカチェーンのスタバなら安心。どこの国でも例外なく(過去に訪問した国々では)、PCを広げている人を見つけることができます。ここプラハも例外ではありません。DSC06433こちらがその外観。

マラーストラナ広場に面しているので、簡単に見つけることができます。こうした場所に出店しているのはさすが!の一言。DSC06435 DSC06434営業時間はこちら。平日は7:00am-9:00pmまでやっています。

このスタバに行くとしたら、観光客のいない時間帯にプラハ城にのぼる、その途中に行くのがいいかもしれません。

早起きして「王の道」を歩き、スタバで珈琲を飲みながらその日の予定を立てる。そして意気揚々とプラハ城に向かう。。。なんだか素敵な響きがしますね!DSC06450スタッフはさすがに英語が堪能。プラハの人は基本的に英語が得意そうです。なんとなく音の響きも似ていますし、中欧有数の観光地なので、語学習得が容易なのかもしれませんね。DSC06446チェコ通貨はだいたい5倍すると日本円になります。カフェラテで350円なので、日本とあまり変わらない価格帯ですね。DSC06444プラハケーキと名付けられたケーキ。お隣ウィーンのザッハトルテと対抗しているような雰囲気。DSC06445マカロンは10gで25CZK。グラム数表記なのが紛らわしい。DSC06447日本ではみかけないシロップの数々。

水も意外と安くて驚きました!DSC06448プラハ城のまわりはあまりスーパーがなかったので、スタバで水を買いだめしました。DSC06449 DSC06452壁にはメッセージボードが。チェコ語で読めなかったのですが、スタッフからのメッセージ、あるいは各国の旅行者から寄せられたメッセーじかもしれません。DSC06439 DSC06441こちらはプラハのご当地カップ。マグカップとエスプレッソ用の小カップが。こちらのサイズであれば持ち運びにも便利ですね!DSC06454 DSC06459名前をカップに書かれて呼ばれるのは海外のスターバックスならでは。注文手順はこちらのページにも書いています。

関連記事「これでもう焦らない!海外のスターバックスでの注文手順をまとめました」
https://powertraveler.jp/starbucks-world/DSC06464この日は妻は、ディレクターをしている海外ノマド倶楽部の仕事を。僕はこのブログ記事を書いたり、その後の収益戦略について考えていました。DSC06465 DSC06467DSC064701階は観光客で賑わっており席を探すのが難しい時間帯もありますが、実は地下にも席があります。こちらはなぜかガラガラ。ほぼ貸切状態でテーブルを使うことができます。

地下で密閉された席なので解放感はありませんが、落ち着いて考え事をするにはよさそうです。もちろんWifiフリーで仕事やブログ更新もできるので、観光中にPCを広げることがあれば、ぜひ利用してみてくださいね。

Starbucks マラーストラナ店
住所:Malostranské nám. 5/28, 118 00 プラハ

icon-arrow-circle-right この街にはいつ行きますか?プラハの滞在先を検索する。

POWER TRAVELER

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。

「いつでも自由に旅することができる」という状態を保つため、PC1台で完結する仕事がメインです。

仕事についてのまとめはこちら

妻と世界を旅してきましたが、昨年に娘が生まれたため現在は育児をしながら国内外を旅しています。(旅の記録はこちら

関連記事

ハワイのトランプホテル宿泊レビュー!恋人同士やハネムーンにもおすすめなワイキキの...

明日から2泊3日、妻と台湾デートをしてきます。

フィレンツェ人に学んだテクノロジーとの付き合い方

世界には「今の自分が知らなければならないモノ」が隠されている。

世界には「知らなくてはならないもの」が隠されている

AMANGIRI(アマンギリ)宿泊レビュー@Mesa View Suite|ホテ...