赤ちゃんと2人きりでスターバックスへ。通い慣れたスタバは、まるで異世界だった。

先日、娘と二人ではじめてスターバックスに行ったのですが、

「スタバに行く」

という、ただそれだけの行為が、まさかこんな大冒険になるとは、、、。

普段は、ポケットにスマホとBluetoothキーボードを突っ込んで、手ぶらでふらっと出かけているスタバ。

赤ちゃんが一緒となれば、そんな軽装備ではどうにもなりません。

おむつの替え、哺乳瓶、ミルクを作る用のお湯と水、替えの洋服やおむつシートなど、あっという間に大荷物に!

さらに、事前に、スタバ周辺のトイレにオムツ替えできるスペースがあることを確認。

「途中で泣き出したら外のテラスに移動して・・・」

「おむつを変えるときはそこのトイレに行って・・・」

と脳内でイメージトレーニングすら行うほど(笑)

そしていざ!出かけていくときも、

行く直前まで授乳&ミルクをして、道中お腹が空いて泣き喚かないように調整。

さらに、少しでもおむつ替えのタイミングを伸ばそうと、おむつ替えが終わったタイミングで「行ってきます!」と出てきました。

普段通い慣れているはずのスタバまでの道程が、ベビーカーをひとりで押しているだけで、まったくの異世界でした。

ベビーカーを引きながらの移動。普段は妻と3人で出かけているので、2人きりだとドキドキします。

おむつ替えやおしりふきシート、哺乳瓶を詰めたセット。身軽なノマド時代が懐かしい・・・。

赤ちゃんは、店内で最初は大人しくしていたのですが、

途中、泣き出してしまい、わたわた。

周りのお客さんも、平日昼間、生後間もない赤ちゃんとパパ2人がスタバにいるのが珍しいのか、一緒にわたわた。

抱っこをして落ち着かせると、なんだか周りもほっとしているような雰囲気が漂いました(笑)

赤ちゃんが落ち着いてからは、いつもどおり記事執筆をしようとしたのですが、、、

横で寝ている赤ちゃんのことがちらちらと気になり、集中できず。

「また泣き出したらどうしよう・・・」

と、1時間くらいで店内から撤退しました。

こんなにもスリリングなスタバタイムは、生まれてはじめてでした・・・!

馴染みのスタバにベビーカーを押して行くだけでも、これだけの事前準備が必要なのに、

これが海外の、フィレンツェの石畳の街や、舗装があまり整っていないチェンマイの街並みだとしたら、いったいどうなるのか・・・。

家族を連れて世界を飛び回る生活には、まだまだ遠いですね。

しばらくは近場で、赤ちゃんを連れたお出かけに慣れていきたいと思います!

 

【お知らせ】パワートラベラーの定義と、この働き方を叶えるための戦略を動画でまとめました▶▶「パワートラベラーを叶えるための考え方と基本戦略

POWER TRAVELER

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。

「いつでも自由に旅することができる」という状態を保つため、PC1台で完結する仕事がメインです。

仕事についてのまとめはこちら

<最近の旅>
2019年5月:マレーシア、フィリピン、モナコ(instagram

関連記事

お金を手に入れたいなら「収入を生み出す行動の比率を増やす」こと、それ以外に道はな...

うつ病を克服するために起業を決意!抗鬱剤ではなく「一人でも生きる力をつける」とい...

世界中、自由に旅する会社をつくりたい。

妻の妊婦健診に9ヶ月間付き添ってわかったこと

乗り越えなくてはならないものは、「無理だ」と思う自分の弱気な妄想なのだと思う。一...

自分はどの基準値で生きていくか、を考える。