赤ちゃんと2人きりでスターバックスへ。通い慣れたスタバは、まるで異世界だった。

先日、娘と二人ではじめてスターバックスに行ったのですが、

「スタバに行く」

という、ただそれだけの行為が、まさかこんな大冒険になるとは、、、。

普段は、ポケットにスマホとBluetoothキーボードを突っ込んで、手ぶらでふらっと出かけているスタバ。

赤ちゃんが一緒となれば、そんな軽装備ではどうにもなりません。

おむつの替え、哺乳瓶、ミルクを作る用のお湯と水、替えの洋服やおむつシートなど、あっという間に大荷物に!

さらに、事前に、スタバ周辺のトイレにオムツ替えできるスペースがあることを確認。

「途中で泣き出したら外のテラスに移動して・・・」

「おむつを変えるときはそこのトイレに行って・・・」

と脳内でイメージトレーニングすら行うほど(笑)

そしていざ!出かけていくときも、

行く直前まで授乳&ミルクをして、道中お腹が空いて泣き喚かないように調整。

さらに、少しでもおむつ替えのタイミングを伸ばそうと、おむつ替えが終わったタイミングで「行ってきます!」と出てきました。

普段通い慣れているはずのスタバまでの道程が、ベビーカーをひとりで押しているだけで、まったくの異世界でした。

ベビーカーを引きながらの移動。普段は妻と3人で出かけているので、2人きりだとドキドキします。

おむつ替えやおしりふきシート、哺乳瓶を詰めたセット。身軽なノマド時代が懐かしい・・・。

赤ちゃんは、店内で最初は大人しくしていたのですが、

途中、泣き出してしまい、わたわた。

周りのお客さんも、平日昼間、生後間もない赤ちゃんとパパ2人がスタバにいるのが珍しいのか、一緒にわたわた。

抱っこをして落ち着かせると、なんだか周りもほっとしているような雰囲気が漂いました(笑)

赤ちゃんが落ち着いてからは、いつもどおり記事執筆をしようとしたのですが、、、

横で寝ている赤ちゃんのことがちらちらと気になり、集中できず。

「また泣き出したらどうしよう・・・」

と、1時間くらいで店内から撤退しました。

こんなにもスリリングなスタバタイムは、生まれてはじめてでした・・・!

馴染みのスタバにベビーカーを押して行くだけでも、これだけの事前準備が必要なのに、

これが海外の、フィレンツェの石畳の街や、舗装があまり整っていないチェンマイの街並みだとしたら、いったいどうなるのか・・・。

家族を連れて世界を飛び回る生活には、まだまだ遠いですね。

しばらくは近場で、赤ちゃんを連れたお出かけに慣れていきたいと思います!

 

2018年パワートラベラー実践会

【2018年1月スタートの募集は終了しました】

募集期間:2017年12月24日朝9時〜12月25日夜9時
募集人数:30名→定員になりました

※募集期間内でも定員に達しましたら、早めに募集を停止させていただきます。

→定員に達したため募集は終了いたしました。

パワートラベラー実践会の詳細はこちら

 

関連記事

ミラコスタホテルの窓から、真夜中のディズニーシーを眺めて学んだこと。

ドローン起業家・「東海空中散歩」主催の吉武 穂高さんとお会いしました。

チェンマイに戻ってきました!空港到着後→ニマンヘミン通りへ。

急性胃腸炎になり病院へ。人生初入院で感じた資産サイトのありがたみ。

NO IMAGE

【夢を諦める方法】僕が10年追いかけたミュージシャンの夢を諦められた「1つの気づ...

自分にとっての異国とは、心理的な距離によって決められるのだと、新山口駅で気がつい...