赤ちゃんと2人きりでスターバックスへ。通い慣れたスタバは、まるで異世界だった。

先日、娘と二人ではじめてスターバックスに行ったのですが、

「スタバに行く」

という、ただそれだけの行為が、まさかこんな大冒険になるとは、、、。

普段は、ポケットにスマホとBluetoothキーボードを突っ込んで、手ぶらでふらっと出かけているスタバ。

赤ちゃんが一緒となれば、そんな軽装備ではどうにもなりません。

おむつの替え、哺乳瓶、ミルクを作る用のお湯と水、替えの洋服やおむつシートなど、あっという間に大荷物に!

さらに、事前に、スタバ周辺のトイレにオムツ替えできるスペースがあることを確認。

「途中で泣き出したら外のテラスに移動して・・・」

「おむつを変えるときはそこのトイレに行って・・・」

と脳内でイメージトレーニングすら行うほど(笑)

そしていざ!出かけていくときも、

行く直前まで授乳&ミルクをして、道中お腹が空いて泣き喚かないように調整。

さらに、少しでもおむつ替えのタイミングを伸ばそうと、おむつ替えが終わったタイミングで「行ってきます!」と出てきました。

普段通い慣れているはずのスタバまでの道程が、ベビーカーをひとりで押しているだけで、まったくの異世界でした。

ベビーカーを引きながらの移動。普段は妻と3人で出かけているので、2人きりだとドキドキします。

おむつ替えやおしりふきシート、哺乳瓶を詰めたセット。身軽なノマド時代が懐かしい・・・。

赤ちゃんは、店内で最初は大人しくしていたのですが、

途中、泣き出してしまい、わたわた。

周りのお客さんも、平日昼間、生後間もない赤ちゃんとパパ2人がスタバにいるのが珍しいのか、一緒にわたわた。

抱っこをして落ち着かせると、なんだか周りもほっとしているような雰囲気が漂いました(笑)

赤ちゃんが落ち着いてからは、いつもどおり記事執筆をしようとしたのですが、、、

横で寝ている赤ちゃんのことがちらちらと気になり、集中できず。

「また泣き出したらどうしよう・・・」

と、1時間くらいで店内から撤退しました。

こんなにもスリリングなスタバタイムは、生まれてはじめてでした・・・!

馴染みのスタバにベビーカーを押して行くだけでも、これだけの事前準備が必要なのに、

これが海外の、フィレンツェの石畳の街や、舗装があまり整っていないチェンマイの街並みだとしたら、いったいどうなるのか・・・。

家族を連れて世界を飛び回る生活には、まだまだ遠いですね。

しばらくは近場で、赤ちゃんを連れたお出かけに慣れていきたいと思います!

 

パワートラベラーの働き方について

僕ら夫婦は旅暮らしをしていますが、ただ旅をしていても、お金の心配は消えない。本当に楽しく自由になるには経済的自立が必要。という理念のもと、旅をしながらでも資金を稼ぐことができるライフスタイルを構築しています。

基本はPC一台で完結する仕事を選んでいます。PCで完結する仕事はいろいろありますが、最初に取り組み、現在も大切にしている仕事は、

ウェブサイトを作る

というものです。企業から仕事を受注するのではなく、自分でサイトの企画を立て運営をしながら、サイトからの広告収入(アフィリエイト)で生計を立てています。

仕事関連のまとめはこちら

関連記事

ジョホールバルで最も熱い開発地区・ダンガベイ(Danga Bay)エリアを視察し...

家族で世界を自由に飛び回る力をつける。そのために僕が今取り組んでいること。

夢を叶えることではなく、ライフスタイルを叶えることにフォーカスしたら、人生が劇的...

僕がドミノピザを注文するまでに乗り越えた4つのハードルの話をしよう。

コンフォートゾーンを広げよう。身体を張って飛び出せば 世界は必ず味方をしてくれる...

どんなに妻のリクエストを叶えても、120点はとれないのだと気がついた話。