【スマホ仕事術】強制的にシングルタスク環境を手に入れる

スマホ中心の仕事生活に切り替えた大きな利点のひとつが「強制的にシングルタスクになる」ということです。

スマホの画面では複数の画面を同時に立ち上げて作業することができません。

ひとつのアプリを立ち上げれば、他アプリは奥に引っ込む。つまり、目の前の作業以外のことは強制的にできなくなります。

Evernoteで記事を書くときは、Evernoteで記事を書くだけ。

写真を編集するときは、写真をアプリをいじるだけ。

メール返信をするときはメール返信を書くだけ。

パソコンのように、画面の隅でYoutubeや動画を流しながら作業をしたりすることはできなくなります(笑)

仕事環境をスマホ化してから、この、一見すると不便に思えるシングル画面が、集中力を驚くほど持続させてくれることに気がつきました。

マルチタスクができる環境、というのは、逆にいえば「目の前の作業以外のこともできてしまう環境」ということです。

せっかく集中していたのに、メールのポップアップが入って読んでしまったり、情報収集中に目に止まった面白そうな記事を読みに行ったまま帰ってこれなくなった経験は、誰にでもあるのではないでしょうか。

『ハーバード成功のテキスト IQより大切な頭の使い方』によると、人の集中力は、一旦途切れると 20〜30分は戻らないという研究結果が出ているとのこと。途切れるたびに30分かかっては終わるタスクも終わらないですよね。

仕事環境をスマホ化し、複雑な作業はできなくなりましたが、逆に記事執筆などのアウトプットに関しては、以前よりずっと捗るようになりました。

色んなことに時間や注意を奪われ仕事環境をが捗らないなと思う場合、スマホの強制的なシングルタスク環境が、ひとつの解決策になるかもしれません。

パワートラベラーの働き方について

僕ら夫婦は旅暮らしをしていますが、ただ旅をしていても、お金の心配は消えない。本当に楽しく自由になるには経済的自立が必要。という理念のもと、旅をしながらでも資金を稼ぐことができるライフスタイルを構築しています。

基本はPC一台で完結する仕事を選んでいます。PCで完結する仕事はいろいろありますが、最初に取り組み、現在も大切にしている仕事は、

ウェブサイトを作る

というものです。企業から仕事を受注するのではなく、自分でサイトの企画を立て運営をしながら、サイトからの広告収入(アフィリエイト)で生計を立てています。

仕事関連のまとめはこちら

関連記事

NO IMAGE

地方にいることは情報過疎の言い訳にならなくなってきている。

働き方や稼ぎ方の選択肢はいくらでもある。大事なのは「どの人生のストーリーを選択し...

自分が最もワクワクする生活サイクルは? 生活サイクル最適化(=Life Cycl...

海外でもアフィリエイトをやり続けるために、僕が工夫している3つのこと。

【音声】赤ちゃんをあやしながらでもできるインプット&アウトプット方法を考えてみた...

「自分のやりたいことの世界」と「生計を立てていく世界」を別々に持つことの強さ