MIND

プロアフィリエイターとは何か。必要な条件や特徴を3つ考えてみた。

僕は11年アフィリエイトで生計を立てていることもあるので、「プロアフィリエイター」を名乗っても、誇張はないだろうと思っています。

先日、スクールで開催しているオンライン質問会の中で、こんな言葉がありました。

私が目指すは、プロのアフィリエイターです

専業でやっていくとなれば、どんなジャンルでも戦っていかないといけないと思うので、鍛錬の意味を込めて、このジャンルを選びました。

どんなジャンルでも戦っていける人間がプロアフィリエイターなのだろうか。

プロアフィリエイターとは、どんな条件を持っている人だろうか。

彼女の言葉をみてそんなことを思ったので、言語化してみたいと思います。

1.アフィリエイトの「型」を持っている

「このテーマを作ろう」と思った時に、「じゃあ、こう作ろう」が確立しているのが、プロアフィリエイターの1つの条件だと思います。

僕もそうですが、何か新しいサイトを作ろうとなったときには、この規模のサイトを、この流れで作り、この形に持っていくという完成図まで一気に見えます。自分の中に「型」があって、その型のなかにテーマを流し込んで、そのテーマを調理するイメージです。

僕の型を言語化すると、

  • 規模は300記事〜
  • ジャンルとキーワード選定命
  • 1テーマにつきメイン1広告
  • 1広告に全て流すか、ランキングページに誘導
  • 文字数2500文字程度で戦える分野のみ攻め込む
  • 記事執筆はすべて外注ライターさんにおまかせ
  • クロージング部分だけ自分で作る

みたいなところでしょうか。

作るときには勝負は決まっている、みたいな作り方を、僕はすることが多いです。

結果を出しているアフィリエイターをみると、人によってこの「型」が違うことを感じます。

たとえば、実践会でSEOベースで一番結果を出しているメンバーは、だいたい月200-500万円くらいをコンスタントに稼ぎ続けているのですが、彼女は「1000記事あれば1000広告使う」スタイルです。僕のところで勉強しているので、基本のノウハウは同じですが、表現される「型」は異なります。

テーマに合わせて柔軟に対応する人もまれにいますが、その人は「そういう作り方が型」になっています。

自分なりの「型」が確立している。その型を常にブラッシュアップし続けているというのは、プロアフィリエイター的だと感じます。

2.自分が勝てる分野で勝負をしている

「型」があるのと同様に、「その型で勝てる分野で勝負をしている」というのを感じます。

自分の型があれば、その型に見合ったジャンルがあります。僕はジャンルとキーワード選定に時間をかけますが、それは、自分の型で勝てるジャンルを見極めるプロセスでもあります。

そこから外れるジャンルを手掛けることは時間もかかりますし、わりと、無理をします。無理は、短期間ではできますが、長期になると続きません。

アフィリエイト基本、ずっと続けていくことが前提のビジネスです。無理をしすぎず、自分が勝負できる、自分の得意を活かすことができるような分野で勝負していくのが良いと考えています。

3.アフィリエイトを柔軟に活かしている

プロアフィリエイターとして長く生計を立てている仲間の姿をみると、アフィリエイトを柔軟に自分のビジネスやプロジェクトに活かしていることを感じます。

アフィリエイトは、WEBマーケティングやWordpressによるサイト作成といった、技術的な知識はもちろんつきますが、本質的には、

0を1にする力、が身につくビジネス

だと思っています。

なにもない0の状態から収益を生み出し、それを自分の手で育てていく。そのプロセスこそが大事で、これができるようになると何にでも応用することができます。

たとえば僕のアフィリエイト仲間で、永野さんという方がいらっしゃいます。

永野さんとは、10年前に入った携帯アフィリエイトの塾で同期でした。彼は愛媛でアフィリエイトに取り組んでいたのですが、そこから地域密着型のビジネスに派生し、今は実店舗のMEOコンサルや、選挙のネット参謀などをされています。

参考記事:「アフィリエイターがWeb選挙参謀になって組織もない・お金もない・政党に所属していないパートのシングルマザーが愛媛県議会議員選挙に当選した話

この記事は面白いので、ぜひ読んでみてください。

ルーツは同じですが、僕と永野さんでは辿り着いている表現方法が異なります。それが「型」とも呼べますが、やはり永野さんの活動をみると、アフィリエイターの思考が随所に生きているな〜と感じます。

プロアフィリエイターとは「0を1にする力があり、それを展開していくことができる人」

0を1にする力があれば、なんでもできる。手に入れた力を柔軟に活用し、人生と未来を切り拓くことができている人こそが、「プロアフィリエイター」と呼ばれる人たちなのかなと、僕は思います。

僕もいろんな人生を展開させていますが、ビジネスにしても、プライベートにしても、個人的な挑戦にしても、やはりベースとなっているのはアフィリエイトで培った「0を1にする力」だと感じます。

今アフィリエイトに取り組んでいる人は、この0を1にする力を手に入れるべく、目の前の作業に集中して取り組んでほしいと思っています。

阪口ユウキ

ABOUT ME
阪口 ユウキ
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。専門はWEBマーケティング、アフィリエイト、自分メディア構築。東南アジアやヨーロッパ周遊生活、夫婦での世界一周を達成後、現在は東京で育児中心の生活を送っています。
パワートラベラー実践会について


パワートラベラー実践会は、僕が起業当初から続けてきた「WEB資産の作り方」そして「PC一台で理想の働き方を叶える方法」を伝えているオンラインスクールです。2014年からスタートし、現在は8年目になります。

現在は定期的なメンバー募集は行っておらず、数ヶ月に1回のペースでご案内しています。

パワートラベラー実践会の専用サイトはこちら

卒業生の声はこちら

こちらのページのフォームより優先通知にご登録いただきますと募集がはじまったときにご案内メールをお送りしています