フィリピン航空の飛行機内Wifi「in AiR」を試してみた。もう、Wifiがつながらない場所はなくなるのかもしれない。

2015年正月明けの1月4日。成田からセブ行きのフィリピン航空を利用しました。

PCを広げてふつうに仕事をしようとすると、右上のWifiマークが何かの回線につながっています。これは何?

スクリーンショット 2015-01-04 15.36.50

どうやらフィリピン航空の機内には、「in Air」というWifiサービスが搭載されていて、有料で衛生回線を繋がるとのこと!

ということでさっそく繋げて試してみることにしました。

スクリーンショット 2015-01-04 15.24.37

ログインはTOP画面の右サイドバーより。

初の15分間は、クレジットカードの情報を入力することで接続が無料になります。

フイリピン3

表記は英語ですが、特に難しい情報は求められません。

クレジットカード登録完了後、すぐに回線がつながるようになります。

回線速度はどのくらい?

ただしその回線速度は、、、とにかく遅いです!

衛星回線をつなげているので、仕方がないとは思いつつ、ここまで遅いと「果たしてWifiを用意するメリットがあるのか?」という速度。

ちなみに、回線速度を調べようとしたのですが、回線が弱すぎるのが【測定不能】な結果に。

Yahooのトップページの表示まで10秒くらい、Facebookは表示がもたついて結局開けませんでした。

メールのやりとりはギリギリできるかな?という速度ですが、仕事をするには向きません。

screencapture-play-onboard-onair-aero-laptop (1)

ちなみにこのオンラインサービス、映画や音楽は、回線をつなげなくても無料で楽しむことができます。

僕が乗った飛行機は、背もたれに画面がないタイプだったのですが、エンターテイメントは各自の端末でご自由にどうぞ、という感じでした。

Wifiの料金プランは?

その他のプランはこちらの通り。

スクリーンショット 2015-01-04 15.44.38
  • 30分=5$
  • 60分=10$
  • 180分=20$
  • 全フライト中=40$

衛星回線でつなげることを思うと高くはない値段なのですが、スピード対費用を考えると、コスパはあまりよくないかも。

急な仕事がある場合を除いて、潔く諦めたほうがよさそうです。

そのうち、Wifiが繋がらない場所はなくなるのかもしれない。

今、各航空会社もどんどん畿内Wifiを整備しつつあります。

また以前、大西洋を横断するクルーズ船に乗ったことがありますが、そこでも、衛星回線をつなげ、大海原を横断中もネットの閲覧が可能でした。

陸地でも、海でも、空の上でも、もうWifiが繋がらない場所はなくなるのかもしれません。

2017年10月スタートメンバー募集

【2017年10月スタートの募集は終了しました】

募集期間:2017年9月18日〜9月24日
募集人数:50名→満席

※募集期間内でも定員に達しましたら、早めに募集を停止させていただきます。
→定員に達しましたので期間内ですが募集を終了させていただきました。

資産サイト構築のノウハウを学ぶことができる「WEB資産構築マニュアル(43800円)」は引き続き販売をしております。実践会にご興味がある方、少しでも早くPC一台で生計を立てる技術を身につけたいという方は、こちらのマニュアルで実践していただければと思います。(マニュアルをご購入いただいた方は、優先的に実践会の振替案内をお送りさせていただきます)

WEB資産構築マニュアルのご購入はこちら

関連記事

リスボンで現地SIMカードを買ってみた結果⇒下り10Mbps以上のサクサク回線!

結婚しました! エターナルハネムーンへの出発

フィレンツェでアパートを借りてみた!検索方法と手続き、おすすめ宿泊エリアをまとめ...

NO IMAGE

【大西洋】頭の中の国境が、だんだんとなくなってきている

【旅=自由ではない】旅資金を稼ぐ力を身につけた人しか見られない風景がある。

これが台北5つ星ホテルのスイート!シャングリラ台北のプラザスイートに無料宿泊して...