【大西洋】頭の中の国境が、だんだんとなくなってきている

1

無事に乗船の手続きが済みまして、昨日無事にバルセロナを出航。スペインの湾岸に沿うようにして、地中海を西へ西へと周遊しています。

今回のクルーズは、Holland America Lineというクルーズ会社の”Noordam”という船。これは、1ヶ月半前に、僕ら夫婦が新婚旅行で乗船した船と同じなのです。

船内のどこに何があるか、どんなイベントや施設があるかは、前回の10日間の滞在ですでにわかっています。クルーズ船なのですが、まるで”マイホーム”のような空間です。

スタッフも馴染みの顔ぶれが多く、船内をうろうろするたびに「あれ、こないだも乗ってたよね!?」と驚かれています。こうして地中海の上に友人がいるのも嬉しいですね。

船内で嬉しいのは、とにかく英語を使う機会が多いこと!

スタッフはインドネシア人をはじめ、各国から集まっているのですが、みんな英語が堪能ですし、欧米人の乗船客も気さくな方ばかりです。

(ちなみに、船内のスタッフは6割がインドネシアのバリ出身です。バリは観光地としても有名ですが、ホスピタリティ精神がある人が多く、英語も堪能なので、クルーズ船のスタッフには最適なのだと聞きました)

乗客のほとんどはリタイアメントをされた老夫婦。しかも、9割5分以上、欧米からの行先客です。

僕らは船内にいる、数少ないアジア人であり、また唯一の若いカップルということもあり、どこにいっても目立ちます。

なので、スタッフや乗客を問わず、たくさんの人が話しかけてくれるので、会話に困ることがなく、まるで、船内が英会話スクールのようです。

妻も、最初に船に乗った時は全然英語が喋れなかったのですが、2ヶ月近く、こうしたクルーズ船やヨーロッパに滞在をしていたので、いまでは外国人に気さくに話かけるようになりました。僕は英語は喋れるのですが、あまり積極的に話しかけはしないので、その様子に驚くばかりです。

僕は昔は、白人にも、アジア人にも偏見というか、話しかけるのが怖い、接するのが怖いと思っていました。

しかし2年半におよぶ海外放浪生活のうちに、アジア人に関しては日本人と同じように接することができるようになり、妻が積極的に欧米人に話しかけて、それを通訳するような生活を続けていくうちに、欧米人との会話にも慣れてきました。

頭の中の国境が、どんどんなくなっているような感覚です。

これが数年経って、いろんな国の言語がわかるようになったり、そうして旅を続けていけば。この国境はほんとうになくなるだろうと思います。

今はスペインのバレンシアに停泊しています。これからアフリカの玄関、ジブラルタルへと向かいます!

2 5 36

この記事を書いた人

阪口 ユウキ
阪口 ユウキPOWER TRAVELER
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。専門はWEBマーケティング、アフィリエイト、自分メディア構築。東南アジアやヨーロッパ周遊生活、夫婦での世界一周を達成後、現在は大阪に拠点を移して育児中心の生活をしています。
旅資金について

パワートラベラーと名乗っているので「トラベルブロガーですか?旅することで稼いでいるのですか?」と言われることが多いのですが、僕の仕事は「WEBサイト運営」です。

PCとネット環境があれば、世界どこでも仕事ができるため、パリやチェンマイ、リスボンなどにアパートを借りてしばらく定住したり、時には世界一周をしながら暮らしています。

【僕が実際に旅資金を稼いでいるサイト作成の方法はコチラでまとめています】

※2014年7月より続けてきたオンラインサロン「パワートラベラー実践会」は、育休のため2017年3月に募集を停止いたしました。現在はこちらの...

2017年4月に娘が誕生したため、現在は子育て中心の生活を送っています。子供と一緒に旅できる日を目標に、毎日コツコツサイトを作っています。

 icon-tag メールマガジンも配信しています

メールマガジン「パワートラベラー養成講座(無料)」では、旅資金を稼ぐ簡単な方法やアイディア、僕のライフスタイルについて配信しています。

こんにちは、パワートラベラーの阪口です。 「企業に所属しなくても、個人単位で、世界を自由に旅をしながらできる仕事がしたい」 そんな働き方を叶...

関連記事

英語を話すためには英語力だけでは足りない。言葉を交わすには「人間力」が絶対に必要...

7000記事規模のサイトを作る。チェンマイに来て1週間、こんな感じで仕事をしてい...

伊勢志摩のAMANリゾート「アマネム」で夫婦デート!食事もアクティビティも満喫し...

プラハのオーガニックスキンケア店「Botanicus」に行ってきました。突き抜け...

紅茶を頼むにもルールがある。「事前知識」がなければ、たとえ英語がわかっても会話を...

ウィーン少年合唱団を聴きに行ってきました!この街にはいつも音楽が流り響いている。