【写真付】パリオペラ座のスターバックスに行ってきた。宮殿のような装飾にインテリア、Wifi完備のおすすめ休憩スポット!

パリは伝統的なオープンテラスのカフェが多いですが、観光地にはチェーン店も多く出店しています。中でもスターバックスは、パリ市内だけでも40店舗近く出店しています。その中でも「まるで宮殿のよう!」と評判高い、オペラ座店に行ってきました!

DSC05078DSC05079DSC05080

ロケーションは地下鉄の「Opera」駅を上がってすぐ。大通りのカプシーヌ通り沿いにあります。
外見と注文カウンターは普通のスターバックスですが、奥のスペースが高級ホテルのロビーラウンジのようになっています。

DSC05082DSC05084 DSC05085DSC05101 DSC05098

インテリアや天井の装飾、シャンデリアなどがとても豪華で、ただスタバにいるだけなのに、どこかの宮殿内にいるような気持ちになります。さすがに美術館のように綺麗に整備されている、というわけではないのですが、なんだか特した気分になりますね。

PCを広げて仕事、パリのカフェでできる?

僕はよくカフェにPCを持っていって仕事をすることが多いのですが、パリのカフェは、そうした風景をあまり見かけません。

「PCを広げていると治安的に危ない」ということもあるでしょうが、なにより【カフェ=社交の場】という文化によるところが大きいと思います。

一般的なオープンテラスのカフェ。

一般的なオープンテラスのカフェ。

オープンテラスに並ぶ小さなテーブルに肩を寄せながら、ワインを片手に、仲間や恋人たちと語り合う。そうした光景がどこのカフェでも普通なので、それに倣って外では仕事をしないようにしていました。

ただ、スターバックスのようなアメリカのチェーン店は違います。ここでは普通にPCを広げて仕事をしていたり、学生さんが課題をやっている光景をみかけます。もちろんWifiも無料でつなぐことができます。

スクリーンショット 2015-05-18 12.57.21

Wifiにつなげブラウザを立ち上げるとログイン画面が立ち上がります。自分の住所を入れるのが不安であれば、ところどころ適当に入力してしまっても問題ありません。

僕は現地の人たちに混じってPCを広げ仕事をするのがとても好きなのですが、スペインでもポルトガルでも、こうしたアメリカチェーンのカフェで仕事をしていました。どこのスタバもWifiがつながるのがありがたいです!

DSC05090

ちなみにヨーロッパでは、注文やサイズを聞かれるとき、一緒に「名前」も尋ねられます。そしてカップの側面に名前を書いてくれます。

日本だとコーヒーが出来上がると、「カフェラテでお待ちのお客様ー」などと声がかかりますが、僕であれば「YUKI!」と声がかかります。コーヒーの名前だと誰のものかわからなくなりますが、名前で呼ばれれば間違える心配はありませんね。

パリの雰囲気を味わえるスターバックス、オペラ座観光の休憩にぜひお立ち寄りください。

DSC05092

Starbucks Coffee – Capucines
住所:3 boulevard des Capucines – 75002 Paris

[kanren postid=”18832,21150″]

【お知らせ】パワートラベラーの定義と、この働き方を叶えるための戦略を動画でまとめました▶▶「パワートラベラーを叶えるための考え方と基本戦略

POWER TRAVELER

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。

「いつでも自由に旅することができる」という状態を保つため、PC1台で完結する仕事がメインです。

仕事についてのまとめはこちら

<最近の旅>
2018年8月:フランス、イタリア+国内
2018年9月:フランス、イタリア、セルビア、スロベニア+国内
2018年10月:フランス、イタリア+国内

関連記事

夫婦ふたりで、世界を自由に飛び回る状態は叶えることはできるのか?

NO IMAGE

ドバイ空港のプライオリティパス(ラウンジ)に行ってきたよ!居心地はなかなか、しか...

フィレンツェでアパートを借りてみた!検索方法と手続き、おすすめ宿泊エリアをまとめ...

【熊本のインフラ情報】インターネット / 道路 / 電話回線 / 緊急宿泊場所 ...

なぜこの国にもっと早く出会えなかったのだろう。すぐにでも台湾に戻りたくて、もうう...

英語を話すためには英語力だけでは足りない。言葉を交わすには「人間力」が絶対に必要...