【写真付】パリオペラ座のスターバックスに行ってきた。宮殿のような装飾にインテリア、Wifi完備のおすすめ休憩スポット!

パリは伝統的なオープンテラスのカフェが多いですが、観光地にはチェーン店も多く出店しています。中でもスターバックスは、パリ市内だけでも40店舗近く出店しています。その中でも「まるで宮殿のよう!」と評判高い、オペラ座店に行ってきました!

DSC05078DSC05079DSC05080

ロケーションは地下鉄の「Opera」駅を上がってすぐ。大通りのカプシーヌ通り沿いにあります。
外見と注文カウンターは普通のスターバックスですが、奥のスペースが高級ホテルのロビーラウンジのようになっています。

DSC05082DSC05084 DSC05085DSC05101 DSC05098

インテリアや天井の装飾、シャンデリアなどがとても豪華で、ただスタバにいるだけなのに、どこかの宮殿内にいるような気持ちになります。さすがに美術館のように綺麗に整備されている、というわけではないのですが、なんだか特した気分になりますね。

PCを広げて仕事、パリのカフェでできる?

僕はよくカフェにPCを持っていって仕事をすることが多いのですが、パリのカフェは、そうした風景をあまり見かけません。

「PCを広げていると治安的に危ない」ということもあるでしょうが、なにより【カフェ=社交の場】という文化によるところが大きいと思います。

一般的なオープンテラスのカフェ。

一般的なオープンテラスのカフェ。

オープンテラスに並ぶ小さなテーブルに肩を寄せながら、ワインを片手に、仲間や恋人たちと語り合う。そうした光景がどこのカフェでも普通なので、それに倣って外では仕事をしないようにしていました。

ただ、スターバックスのようなアメリカのチェーン店は違います。ここでは普通にPCを広げて仕事をしていたり、学生さんが課題をやっている光景をみかけます。もちろんWifiも無料でつなぐことができます。

スクリーンショット 2015-05-18 12.57.21

Wifiにつなげブラウザを立ち上げるとログイン画面が立ち上がります。自分の住所を入れるのが不安であれば、ところどころ適当に入力してしまっても問題ありません。

僕は現地の人たちに混じってPCを広げ仕事をするのがとても好きなのですが、スペインでもポルトガルでも、こうしたアメリカチェーンのカフェで仕事をしていました。どこのスタバもWifiがつながるのがありがたいです!

DSC05090

ちなみにヨーロッパでは、注文やサイズを聞かれるとき、一緒に「名前」も尋ねられます。そしてカップの側面に名前を書いてくれます。

日本だとコーヒーが出来上がると、「カフェラテでお待ちのお客様ー」などと声がかかりますが、僕であれば「YUKI!」と声がかかります。コーヒーの名前だと誰のものかわからなくなりますが、名前で呼ばれれば間違える心配はありませんね。

パリの雰囲気を味わえるスターバックス、オペラ座観光の休憩にぜひお立ち寄りください。

DSC05092

Starbucks Coffee – Capucines
住所:3 boulevard des Capucines – 75002 Paris

[kanren postid=”18832,21150″]
パワートラベラーの働き方について

僕ら夫婦は旅暮らしをしていますが、ただ旅をしていても、お金の心配は消えない。本当に楽しく自由になるには経済的自立が必要。という理念のもと、旅をしながらでも資金を稼ぐことができるライフスタイルを構築しています。

基本はPC一台で完結する仕事を選んでいます。PCで完結する仕事はいろいろありますが、最初に取り組み、現在も大切にしている仕事は、

ウェブサイトを作る

というものです。企業から仕事を受注するのではなく、自分でサイトの企画を立て運営をしながら、サイトからの広告収入(アフィリエイト)で生計を立てています。

仕事関連のまとめはこちら

関連記事

パリの風を感じながら走る。パリ市街を走るオープンバスに乗ってきました!

ミラコスタホテルの窓から、真夜中のディズニーシーを眺めて学んだこと。

結婚しました! エターナルハネムーンへの出発

1メートル超の巨大肉にかぶりつく!ウィーンの人気スペアリブ店「Ribs of V...

ウィーンでアパートを借りてみた!部屋の検索方法と借りるまでの手順、おすすめエリア...

ウィーン観光にも便利!夫婦旅・家族旅行にもオススメなホテル「Starlight ...