INTERIOR

絵を継承する、ということ。

友人宅がフルリフォームするということで、それまでご自宅に飾られていた絵を、我が家で引き取ることになりました。

小さなものから、横幅150cmを超える大きなものまで計4点。

昨日自宅に運んだのですが、どこに飾ろうかなと、あれこれ考えているところです。

絵を選ぶことなく過ぎた東京での1年

東京での住まいは現在のマンションが2軒目で、住み始めて1年が経ちます。

この1年、絵を購入することはしていませんでした。

絵を買う、絵を飾る、ということに、とてもハードルが高いものを感じていたからです

飾る絵によって、家の雰囲気はガラリと変わります。どういう部屋にしたいのかが明確にならないと、飾ってはいけないような気がしていました。

別に正解があるものではないし、そんなの買って、飾ってみて、合わなかったら取り下げればいいじゃないと思うものの、夫婦で決めきれないままに時間が過ぎていたのでした。

友人が所有していた絵、という安心感

今回、いくつかの絵を友人から譲り受けて思ったのは、

この方の家で大切に飾られてきた絵なら、安心してお迎えができる

というものでした。

これまでインテリアショップやアンティークショップに絵画を探しにいくことはあったのですが「この絵だったらいいかな?」と思うものでも、それを家に迎え入れていいか判断がつかないでいました。

僕は霊感が強いほうではないのですが、絵の前に立てば何かしらのエネルギーやオーラは感じます。

それは絵そのものが発しているのか、前の所有者の気配が残っているのか、わかりません。

僕が良いと思っても妻が難色を示したり、またその逆もあったりで、購入を決断できる絵に出会うことができませんでした。

今回は、よく自宅にも遊びに来てくれる、信頼と尊敬ができる友人の自宅に長く飾られていた絵です。

聞くと、彼女自身が好きな画家の絵で、個展で購入されたとのこと。画家から彼女の手に渡り、そこで長年飾られていた絵という安心感がありました。

絵を継承する、ということ

絵を継承する。

そこには、単純なものとしての絵のやりとりだけでなく、色々な想いを引き継ぐことでもあります。

この絵をともに生きていこうと決めた彼女の想いであったり、この絵が見守ってきた生き様であったり。

そうして育てられてきた絵が、今度は我が家に飾られて、友人は「ゲスト」としてその絵を眺めることになるというのは、なんだかロマンがあるなと思いました。

いつか、僕らのライフスタイルの変化で、この絵を手放す時がくるかもしれません。

そのときには、信頼できる誰かへ、この絵を継承できたら素敵だなと思っています。

阪口ユウキ

ABOUT ME
阪口 ユウキ
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。専門はWEBマーケティング、アフィリエイト、自分メディア構築。東南アジアやヨーロッパ周遊生活、夫婦での世界一周を達成後、現在は東京で育児中心の生活を送っています。
パワートラベラー実践会について


パワートラベラー実践会は、僕が起業当初から続けてきた「WEB資産の作り方」そして「PC一台で理想の働き方を叶える方法」を伝えているオンラインスクールです。2014年からスタートし、現在は8年目になります。

現在は定期的なメンバー募集は行っておらず、数ヶ月に1回のペースでご案内しています。

パワートラベラー実践会の専用サイトはこちら

卒業生の声はこちら

こちらのページのフォームより優先通知にご登録いただきますと募集がはじまったときにご案内メールをお送りしています