ウィーンのコンサートを自分で予約したい!チケットの予約手順とおすすめサイトをまとめました。

音楽と芸術の都・ウィーン。

せっかく来たなら毎晩のようにコンサートに行きたい!という方も多いのではないでしょうか。

ウィーンでは、毎晩、街のいたる場所でコンサートが開かれています。旅行会社を通して予約をお願いするのもいいですが、やはり自分で選んで予約をしたほうが楽しいですし、オトクですよね。

今回の記事では、英語がわからない方でも「コンサートチケットを予約する手順」について、予約手順から当日の流れまでをお話しています

あまり難しくはありませんので、ぜひウィーンのコンサートを予約してみてくださいね!

まずは検索!どうすればウィーンのコンサート情報は見つかるの?

まずはウィーンのコンサート情報を調べるところからはじめます。

スクリーンショット 2015-05-29 06.25.50

ウィーンのコンサートチケットを予約できるサイトは数多くあります。「ウィーン コンサート」「Vienna concert」と検索すると、海外の予約サイトが次々に出てきます。

スクリーンショット 2015-05-29 06.37.31こちらは「Vienna Concert」で検索をした画面です。英語だとちょっとためらいますし、いろいろな予約サイトが出てくるのですが、

この3つのサイトが、予約サイトの中ではわかりやすいです。どれも英語サイトですが、唯一「CLASSICTIC.com」は日本語にも対応しています。(後ほど、こちらの予約手順を詳しくお話します)

目当てのオーケストラが決まっている場合は?

もし、目当てのオーケストラが決まっているなら、そのオーケストラの名前(英語)で検索してみましょう。

僕は「ウィーン少年合唱団」の公演を観に行きたかったので、この英語名である「WIENER SANGER KNABEN」を調べてきて、検索しました。

スクリーンショット 2015-05-29 06.40.15http://www.wienersaengerknaben.at/

各オーケストラや合唱団のHPには、公演スケジュールが掲載されています。滞在先の日程に合わせて、コンサートがやっていないかどうかを調べてみましょう。

英語のサイトで読めない!という場合には?

もし「サイトの文字が英語で読めない!」という場合は、Googleに頼んで翻訳してもらいましょう。

Googleが無料で配布している「翻訳ブラウザボタン」を利用することで、どの言語のHPでも簡単に日本語に翻訳することができます。

スクリーンショット 2015-05-29 06.31.37Google Chrome
https://www.google.co.jp/chrome/

Google 翻訳ブラウザボタン
http://translate.google.com/translate_buttons?hl=ja

スクリーンショット 2015-05-29 06.34.54このように、ドイツ語で書かれたこのスケジュールページが、

スクリーンショット 2015-05-29 06.36.02こんなふうに日本語翻訳されました!

この機能は英語にかぎらず、どの言語でも翻訳をすることができるので覚えておくとなにかと便利です。これでスケジュールを確認することができますね。

おすすめは日本語対応の「CLASSICTIC.com」!

スクリーンショット 2015-05-29 05.32.49

数ある予約サイトの中でもオススメなのが「CLASSICTIC.com」です。

スクリーンショット 2015-05-29 05.33.54ウィーンのコンサート情報を網羅していることはもちろんですが、詳細から予約に至るまですべて日本語対応しています!

予約の手順についても、日本のチケット予約サイトと変わりません。

「CLASSICTIC.com」の予約手順

スクリーンショット 2015-05-29 06.10.38

まずは目当てのコンサートをチェックして、「枚数」と「カテゴリー」を設定します。カテゴリーはコンサート会場によって、ランク分けが変わります。値段と日付を確認して「買い物かごに入れる」を選択しましょう。

screencapture-www-classictic-com-ja-cart-1432872648588

必要情報を入力するページに進みますので、あなたの情報を入力します。海外予約サイトなので、名前はローマ字で記入します。携帯電話の番号は日本国内のものでかまいません。

screencapture-www-classictic-com-ja-cart-payment-1432873045582

クレジットカード情報を入力します。「チケットを購入する」のボタンを押すと確認画面の後、予約に進みます。これてチケットの予約は完了です。簡単ですね!

当日はE-チケットを忘れずに持参します。

チケットを予約すると、E−チケットがメールアドレスに届きます。

DSC05546当日は、このE-チケットを事前に印刷しておくか、iPadなどの端末に入れてにチケットオフィスに見せに行きましょう。

スマートフォンの画面でも対応してくれると思いますが、画面が小さいので、僕はいつもiPadで見せるようにしています。

チケットオフィスの場所はコンサートホールによって変わりますが、たいていはホール会場の中にあります。

DSC05545こちらが楽友協会のチケットボックス。名前を伝えると、情報を照合して正規のチケットに交換してくれます。

 

DSC05549無事チケットに交換できました!
あとは心ゆくまでコンサートを楽しみましょう。

DSC05565

まとめ:海外のコンサート予約も簡単!怖がらずにどんどん予約してみよう。

「海外のコンサートだから」といって、特別に難しいことはなにもありません。日本でコンサートを予約するのと同じような手順で、ウィーンのコンサートも予約することができます。

ウィーンは毎日、街のいたるところでコンサートが開催されています。気軽に参加できるコンサートもたくさんありますので、ぜひ足を運んでみてくださいね!

 

追伸:ウィーンでのホテル予約について

ホテル滞在費を少しでも安く抑えたいなら、Agodaや楽天トラベルなどの予約サイトを使う前に、この方法で予約するのがおすすめです。

僕は年間で、多い年で150泊ほどするのですが、この方法でいつも最安値で予約することができていますウィーンでもこの手順でホテルを予約、滞在費を抑えてコンサート代にあてることができました▼

どんなホテルも最安値がわかる「ホテルズコンバインド」とは? 早速ご紹介すると、僕はいつも、こちらの「HotelsCombined(ホテ...

【お知らせ】パワートラベラーの定義と、この働き方を叶えるための戦略を動画でまとめました▶▶「パワートラベラーを叶えるための考え方と基本戦略

POWER TRAVELER

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。

「いつでも自由に旅することができる」という状態を保つため、PC1台で完結する仕事がメインです。

仕事についてのまとめはこちら

<最近の旅>
2018年8月:フランス、イタリア+国内
2018年9月:フランス、イタリア、セルビア、スロベニア+国内
2018年10月:フランス、イタリア+国内

関連記事

NO IMAGE

居心地の良いカフェがどれだけあるか。僕が世界で住み着く街を決めるときの条件。

パリのメトロ(地下鉄)、乗るときに気をつけたい改札のルール

NO IMAGE

セブ・ボホール島にて海外不動産の視察ツアーに参加してきました

世界には「知らなくてはならないもの」が隠されている

舞浜シェラトンの新館「PARK WING ROOM」に宿泊!ディズニーランドもシ...

ウィーンで自転車に乗ろう!シティバイクの借り方とウィーンの自転車事情について。