世界には「今の自分が知らなければならないモノ」が隠されている。

こんにちは、パワートラベラーの阪口です。

二泊三日の出張で、香港に来ています。

香港では運営している旅行サイトの取材や、現地で起業家やビジネスオーナーとの会合に参加したのですが、会合後、一部のメンバーと中環エリアの酒場で飲み交わすことに。

閉店まで言葉を交わすもまだ話し足りず、駅前のマクドナルドに入りました。

香港のマクドナルドで、終電を逃したらしい現地の青年少女や、外国人観光客の中に紛れて、男4人が顔を付き合わせて談義をする。

そこで語られた言葉の中には、今の僕が

「知らなければならなかったモノ」

が含まれていました。

時計の針は過ぎ、朝五時を過ぎても眠気が訪れず、携帯の充電が切れそうとう理由で解散になった香港の路上で、

僕は、今回の香港訪問の意味を考えていました。

世界には、今の自分が知らなければならないものが隠されている

「世界には、今の自分が知らなければならないものが隠されている」

というのが、僕がこれまで世界を巡りながら生活をして気がついた、ひとつの真理です。

今の自分が抱えている悩み、壁の超え方がわからず足踏みをしている状態。

その悩みや自分自身のあり方が、一瞬にして変わってしまうようなモノが、世界のどこかに無造作に落ちていたりする。

僕にとってそれは、深夜、香港の中環駅前のマクドナルドにありました。

もし、香港に来るという選択肢をせず、日本に留まっていたままであれば、問題解決までにまだ、ずっと時間がかかったことでしょう。

「今の自分が知らなければならないモノ」

は、世界のどこにあるかわかりません。

それは、

代官山のカフェにあるかもしれないし、

バルセロナのフラメンコ劇場の中にあるかもしれないし

リスボンの地中海に面した遊歩道の上にあるかもしれない。

それは、行ってみなければわかりません。

ひとつだけ言えることは

「今、その場所にいなければ、決して出会うことがなかっただろう」

ということです。

今この瞬間にも世界のどこかで、自分に向けられたメッセージが発信されているかもしれない。でも、心を開くことがなかったり、距離を飛び越える自由と勇気がなければ、それはそのまま通り過ぎたまま、二度と戻ってくることはないのだと思います。

もやで煙る夜明けの香港をひとり闊歩しながら、そうしたことを考えたのでした。

パワートラベラー 阪口ユウキ

パワートラベラーの働き方について

僕ら夫婦は旅暮らしをしていますが、ただ旅をしていても、お金の心配は消えない。本当に楽しく自由になるには経済的自立が必要。という理念のもと、旅をしながらでも資金を稼ぐことができるライフスタイルを構築しています。

基本はPC一台で完結する仕事を選んでいます。PCで完結する仕事はいろいろありますが、最初に取り組み、現在も大切にしている仕事は、

ウェブサイトを作る

というものです。企業から仕事を受注するのではなく、自分でサイトの企画を立て運営をしながら、サイトからの広告収入(アフィリエイト)で生計を立てています。

仕事関連のまとめはこちら

関連記事

夫婦ふたりで、世界を自由に飛び回る状態は叶えることはできるのか?

ウィーン観光にも便利!夫婦旅・家族旅行にもオススメなホテル「Starlight ...

AMANGIRI(アマンギリ)宿泊レビュー@Mesa View Suite|ホテ...

パリノートルダム大聖堂のコンサートに参加して。僕らは世界に無限にある美しい催しの...

【バルセロナ-リスボン】鉄道・バス・飛行機を比べてみたけど、フライトがコスパ最強...

オーストリアのカーシェアリングが便利そう!専用アプリで簡単に予約・乗車でできる「...