世界には「今の自分が知らなければならないモノ」が隠されている。

こんにちは、パワートラベラーの阪口です。

二泊三日の出張で、香港に来ています。

香港では運営している旅行サイトの取材や、現地で起業家やビジネスオーナーとの会合に参加したのですが、会合後、一部のメンバーと中環エリアの酒場で飲み交わすことに。

閉店まで言葉を交わすもまだ話し足りず、駅前のマクドナルドに入りました。

香港のマクドナルドで、終電を逃したらしい現地の青年少女や、外国人観光客の中に紛れて、男4人が顔を付き合わせて談義をする。

そこで語られた言葉の中には、今の僕が

「知らなければならなかったモノ」

が含まれていました。

時計の針は過ぎ、朝五時を過ぎても眠気が訪れず、携帯の充電が切れそうとう理由で解散になった香港の路上で、

僕は、今回の香港訪問の意味を考えていました。

世界には、今の自分が知らなければならないものが隠されている

「世界には、今の自分が知らなければならないものが隠されている」

というのが、僕がこれまで世界を巡りながら生活をして気がついた、ひとつの真理です。

今の自分が抱えている悩み、壁の超え方がわからず足踏みをしている状態。

その悩みや自分自身のあり方が、一瞬にして変わってしまうようなモノが、世界のどこかに無造作に落ちていたりする。

僕にとってそれは、深夜、香港の中環駅前のマクドナルドにありました。

もし、香港に来るという選択肢をせず、日本に留まっていたままであれば、問題解決までにまだ、ずっと時間がかかったことでしょう。

「今の自分が知らなければならないモノ」

は、世界のどこにあるかわかりません。

それは、

代官山のカフェにあるかもしれないし、

バルセロナのフラメンコ劇場の中にあるかもしれないし

リスボンの地中海に面した遊歩道の上にあるかもしれない。

それは、行ってみなければわかりません。

ひとつだけ言えることは

「今、その場所にいなければ、決して出会うことがなかっただろう」

ということです。

今この瞬間にも世界のどこかで、自分に向けられたメッセージが発信されているかもしれない。でも、心を開くことがなかったり、距離を飛び越える自由と勇気がなければ、それはそのまま通り過ぎたまま、二度と戻ってくることはないのだと思います。

もやで煙る夜明けの香港をひとり闊歩しながら、そうしたことを考えたのでした。

パワートラベラー 阪口ユウキ

【お知らせ】パワートラベラーの定義と、この働き方を叶えるための戦略を動画でまとめました▶▶「パワートラベラーを叶えるための考え方と基本戦略

POWER TRAVELER

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。

「いつでも自由に旅することができる」という状態を保つため、PC1台で完結する仕事がメインです。

仕事についてのまとめはこちら

<最近の旅>
2018年8月:フランス、イタリア+国内
2018年9月:フランス、イタリア、セルビア、スロベニア+国内
2018年10月:フランス、イタリア+国内

関連記事

【写真付】パリオペラ座のスターバックスに行ってきた。宮殿のような装飾にインテリア...

NO IMAGE

築200年でも新しい!?フィレンツェに短期アパートを借りてみて感じたこと。

[ホテルアロマ]記憶に残る香りをお土産にする。アマネムのスパ施設で使われているア...

パリの紅茶専門店・マリアージュ フレールに行ってきました。100種類以上の紅茶缶...

【世界喫茶店探訪】リスボンの中心地・ロシオ駅1階にあるスタバで仕事してきたよ!

その場で瓶詰めしてくれる「マスタードサーバー」に心躍る!パリで人気のマスタード専...