薔薇の舞踏会に向けて、妻に香水をプレゼントしました。GUERLAN/CRUEL GARDENIA

薔薇の舞踏会に向けて、妻に香水をプレゼントしました。

選んだのは、GUERLANの「CRUEL GARDENIA」。光の粒子を身に纏い、それが会場中に広がっていき包み込むような、そんなイメージを持ちました。

今回はグレース・ケリー王妃が生前纏っていた香水のブランド名と銘柄を調べ、百貨店をめぐり左から右まですべて試し、今回の妻のドレスと、会場でどうあるべきかという願いを込めて、イメージに一番ハマった香水を選ぶことをしました。

香水瓶には「Bal de la Rose AKI」という文字を刻印しています。Bal de la Roseは、薔薇の舞踏会の正式名称(フランス語)です。

香水は、以前は選ぶことも、区別をすることも、何が良いのかも判別がつかなかったのですが、香水の街として世界的に有名なグラース(フランス)で香水作りを学んから、「今回はこういう香りを選びたい」というイメージが鮮明に持てるようになってきたように思います。

香水は、自分の人生に馴染みのない、どこか「得体の知れないモノ」というイメージがこれまであったのですが、作り方をゼロから学び、その構造や調香を知ったことで、「自分でもつくることができるモノ」と、人生の中に入ってきたからなのかもしれません。

これから何度も舞踏会に妻と一緒に出席し、色んなドレスに合わせて香水を選んでいく中で、色んな種類や銘柄の香水を覚え、提案することができるようになるのかなと思っています。

YUKI

追伸:

香水作りに挑戦した様子は、「香水の都・グラースで、オリジナル香水を作るワークショップに参加しました」の記事にまとめています。こちらの工房で、自宅で香水作りができるキットを購入したのですが、近い将来、自分が作ったオリジナルの香水をプレゼントし、舞踏会に妻と参加するというのが僕の次なる目標の1つになっています。

【お知らせ】パワートラベラーの定義と、この働き方を叶えるための戦略を動画でまとめました▶▶「パワートラベラーを叶えるための考え方と基本戦略

POWER TRAVELER

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。

「いつでも自由に旅することができる」という状態を保つため、PC1台で完結する仕事がメインです。

仕事についてのまとめはこちら

 

関連記事

香水の都・グラースの老舗工房「GALIMARD」で、オリジナル香水を作るワークシ...

世界一美しい別荘"ロスチャイルド邸にて、舞踏会用の写真撮影をしてきました。

薔薇の舞踏会DAY2|モンテカルロ・ベイホテルで朝食を

薔薇の舞踏会DAY1|モナコに向けて出発!妻の十数年来の夢を叶えるために

Featured Video Play Icon

2019年薔薇の舞踏会に夫婦で出席しました。クラシックカーで舞踏会に出席する、世...