フラートンベイホテル(The Fullerton Bay Hotel)宿泊レビュー!ラグジュアリーな滞在を楽しむならマリーナベイサンズよりもコチラがおすすめ。

以前から泊まってみたかった「The Fullerton Bay Hotel(フラートンベイホテル)」に宿泊してきました。

マーライオンから、湾沿いの遊歩道を歩いた先にちょうど出会うのがこのホテル。

ロケーションはマリーナベイサンズのちょうど向かい側ということもあり「眺めがいいんだろうなあ」くらいに思っていたのですが、、、想像以上の素敵空間に胸が震えました!

フラートンベイホテルの内装はこんな感じ

IMG_3029

 

こちらが通されたホテルの部屋!

 

IMG_2994

 

今回は「Bay View Room」に宿泊モダンな部屋でとっても好きな雰囲気。

逆光でちょっとわかりづらいのですが、、、

 

IMG_3009

 

なんと、部屋からマリーナベイサンズがこの迫力で見上げることができるのです!

この眺めには妻とふたりではしゃいでしまいました。

マリーナベイサンズには以前宿泊したことがあり、部屋から見下ろすシンガポールの夜景は素晴らしかったと記憶しているのですが、個人的には、マリーナベイサンズは外から見上げる方が「シンガポールに来てるぜ!」的な感覚を味わえるのかなと思っています。

その意味では、真向かいにあるこのフラートンベイホテルは、シンガポールらしさを満喫できるホテルといえそうです。

 

IMG_2998

 

枕元には、おそらくは日本人の仕業だと思われるマーライオンのゆるキャラ人形が。

もらっていいのかな?と思いタグを読んでみると、「売店で22$で売っているから気に入ったら買ってね」とのことでした。

 

IMG_3002

 

部屋の反対側から撮影。

つやっとした大理石調の家具や鏡張りの柱が良い感じでギラギラしています。

 

IMG_3030

 

テレビに音楽プレイヤーと繋げられるコンポ。そしてくまのぬいぐるみも。これはフラートンホテルのマスコットキャラだそうです。

 

プレゼントにはチョコレートとホテルアメニティ

IMG_2995

 

ベッドの上にはプレゼントとアメニティが!

 

IMG_2996

 

メッセージカードとチョコレート。そしてホテルオリジナルのフリスク?的な何か。そしてアメニティの詰まったホテル専用ポーチも!

 

IMG_3037

 

歯ブラシやクシ、ヘアゴムなどのセットは飛行機の中で役立つんですよね。ボディクリームはなんと「BOTTEGA VENETA」。有名ファッションブランドですが、まさかこうしたアメニティまで出しているとは知りませんでした。

 

IMG_3040

 

またフルーツの盛り合わせとマカロンのセットも。ありがとうございます!

 

珈琲&ティーセットも充実!

IMG_3010

 

こちらが珈琲&ティーセット。ネスプレッソのストックがこんなにあるホテルははじめて。

 

IMG_3011

 

特筆すべきはこちらの紅茶ブランド「GRYPHON」。これが過去に飲んだどの紅茶よりも美味しかった!

今回はじめて知ったこちらのブランド、シンガポールの紅茶ブランドだそうで英国の「the Great Taste Award 」や、ベルギーの「the Monde Selection」など数々の賞を受賞しているのだとか。

このブランドの「HANAMI」という、日本を意識した桜フレーバーの紅茶が、飛び上がるほど美味しかったです。

バスルームもキラキラしてます

IMG_3012

 

バスルーム。こちらも部屋に劣らずキラキラです!

 

IMG_3016

 

専用のバスソルトも良い香りがしてリラックスできました。

 

IMG_3014

 

バスタブとシャワーブースは別になっています。

 

IMG_3018

 

アメニティ類は「BOTTEGA」で揃えています。使ってみると好みの香りで、なんだか気分があがるアメニティでした!

 

IMG_3021 IMG_3022

 

ちなみにバスローブもふわふわ。

妻が「このバスローブは過去のどのホテルより寝やすかった」と起き抜けに評していました。

 

IMG_3025

シャツ派な僕としてはアイロン+アイロン台が常備されていたのも嬉しいポイントです。

 

デスク周りも気持ちがいい!良い記事が書けそうな空間

IMG_3031

 

デスクも本当に気持ちが良く、座って仕事をしてみると、後ろからビンビンとパワーを貰えるような感覚に。

部屋全体がパワースポット的な何かを感じます。

 

IMG_3042

 

外には贅沢なテラス席も!

座ってくつろいでいると、マリーナベイを往くヨットや船の人とよく目が合いました(笑)

 

IMG_3095

 

パソコンを広げて記事執筆。これはテンションがあがる!

ちなみにシンガポールは風水都市で、都市計画やビルの配置や色使いなどに風水が取り入れられています。

街の中でも、もっともエネルギーが集まるのがこのマリーナベイだそうで、本当にエネルギーに満ちているのだとか。身体が休まるだけでなく、活力をもらえるような滞在でした。

シンガポールで1番贅沢なプールはここではないかと思う。

IMG_3100

 

また、このフラートンベイホテルでおすすめしたいのが屋上プール!

 

IMG_3103

シンガポールでプールというと、マリーナベイサンズのインフィニティプールが有名ですが、有名スポットということもあり、朝から夜までいつも混み合っています。

人をかき分けて写真を撮るのも一苦労だったりすのですが、こちらのプールはこのロケーションなのに、この貸し切り状態。

 

IMG_3120

 

プールサイドも独り占め。ただ、屋根がなく直射日光が当たるので日焼け止めは必須です。

 

IMG_3107

 

本当にキラキラした時間を過ごすことができました。

シンガポールでのんびりと、ラグジュアリーな滞在をしたい!」というなら、このフラートンベイホテルは一押しのホテルです。

シンガポールの高級ホテルというと「マリーナベイサンズ」が有名ですが、こちらはテーマパークのような作りになっていて、のんびりするというより、アクティブに遊びまわりたい滞在におすすめ。

どちらのホテルも価格帯は同じくらいなので、滞在日数に余裕があるなら泊まり歩くのも楽しいと思います^^

また泊まりたい、大好きなホテルがまたひとつ増えた宿泊となりました!

フラートンベイホテル(The Fullerton Bay Hotel)の詳細・予約はコチラ⇢

追伸1:アメニティやアップグレード特典について

IMG_2996

今回の予約は「Vision Travel Solutions」のIzumi Kirchmayr Ogawaさんに手配をお願いしました。

Vision Travel Solutionsはカナダの大手旅行会社なのですが、各ホテルと密なコミュニケーションを取っており、こちらにホテルの手配をお願いすると「VIP顧客」として迎えられます。

ルームのアップグレードやアメニティなどの特典がついてくることが多く、最近は予約サイト経由ではなく、小川さんに直接依頼することが多いです。(小川さん、いつもありがとうございます!)

今回の滞在でも、ひとつ下ランクの「プレミアルーム」の値段で、こちらのマリーナベイが見渡せる部屋にアップグレードいただきました。マカロンやアメニティセットも特典でいただき、テンションが上がりました^^

小川さん曰く、旅行者である僕らの夢や希望を限りなく叶えるために動いてくださるそうで、

ルーブル美術館を貸し切りたい、万里の頂上の上でランチをしたい、ギャラリーラファイエットを貸し切りしたいとか、島を貸しきって結婚式をしたい等・・・ご希望があればいつでもどうぞ!

とのこと! 旅行というものの考え方が変わるような素敵なオファーをいただきました。

小川さんのブログやお問い合わせはコチラから⇢「世界へBON VOYAGE

追伸2:宿泊者でなくても利用可能!屋上のカフェ&バーもおすすめ

IMG_6823

こちらのプールの隣にオープンテラスのカフェ&バーがあるのですが、打ち合わせからデート利用まで、何にでも使えるおすすめスポットです!

夜になると混み合うようですが、日中の時間はけっこう余裕があり、解放的な景色を眺めながらゆったりした時間を過ごせます。宿泊者でなくても利用できるので、このエリアの散策途中にぜひ立ち寄ってみてください^^

<フラートンベイホテル(The Fullerton Bay Hotel)>
・住所:70 Collyer Quay, Singapore, 049323

・価格:550SG〜
詳細・予約はコチラ

パワートラベラーの働き方について

僕ら夫婦は旅暮らしをしていますが、ただ旅をしていても、お金の心配は消えない。本当に楽しく自由になるには経済的自立が必要。という理念のもと、旅をしながらでも資金を稼ぐことができるライフスタイルを構築しています。

基本はPC一台で完結する仕事を選んでいます。PCで完結する仕事はいろいろありますが、最初に取り組み、現在も大切にしている仕事は、

ウェブサイトを作る

というものです。企業から仕事を受注するのではなく、自分でサイトの企画を立て運営をしながら、サイトからの広告収入(アフィリエイト)で生計を立てています。

仕事関連のまとめはこちら

関連記事

結婚することで広がる自由もある、とパリで妻のワンピースを選びながら気がついた話。

パリ・シャングリラホテル、○○経由で予約すると3泊目が無料に! 10万円以上お得...

平日昼間、フィレンツェの街を歩きながら、この自由を叶えるためなら何度でも起業しよ...

パリの風を感じながら走る。パリ市街を走るオープンバスに乗ってきました!

サントリーニ島はあまりに過酷? ネットの情報と生の情報の差異

NO IMAGE

【バルセロナ】世界はいろんな民族でできていて、それが交じり合って日常を作っている...