世界には「知らなくてはならないもの」が隠されている

 

今、バルセロナのランブラス通り沿いの劇場で
フラメンコを観てきたのですが、

あまりの熱量に茫然自失としています。

僕は生まれてから今まで
あんなにも「情熱的」に
生きたことがあっただろうか。

舞台の上で放出されるあの熱量の
半分さえも出しきれていたかどうか疑わしい。

起業当初、あいりん地区にいた時は
あれは生死がかかっていたから
魂を燃やして生きていたのですが、

それは執念とか、怨念のような感情で
「情熱」と呼べるような
生き方ではなかったように思います。

この1年半、僕は
東南アジアを周遊しながら仕事をし
今はヨーロッパを転々としながら仕事を続けてきましたが、

「充実感のある仕事」こそすれ
情熱的な仕事」はできていなかった、

そんな発想すら、持ったことはありませんでした。

きっと今日、バルセロナで
あのフラメンコの熱気に触れることがなければ
そんな生き方があるとも知らずに
生涯ずっと、生き続けていたかもしれません。

 

今日この瞬間、
バルセロナにいなければ
絶対に気が付くことがなかった感情。

それに気がつくことができて
心から良かったと思う一方、

知らずに通りすぎていた将来を思うと怖くて仕方がなくなりました。

 

僕らは知らず知らずのうちに、
自分の生き方の枠を決めて、
そこから外れないように生きています。

でも、それ以外の生き方もあって、
それは、自分が生きている世界の外側に
行かなくては出会うことができません。

世界には、
僕らが知らないものがたくさんありますが、

その知らないものの中には、
今の自分が「絶対に知らなくてはならないもの」も
含まれているのだと思います。

自分の生き方を決定づける上で、
そこで出会わなければならないもの。
「知らなくてはならないもの」が世界には隠されている。

それは、

ニューヨークにあるかもしれないし
アマゾンの奥地にあるかもしれないし
ブラジルの酒場にあるかもしれません。

人によっても違うでしょうし、どこにあるかもわかりません。

今日、僕が出会った
「情熱的に生きる」という知らなくてはならないものは
バルセロナのフラメンコ劇場にありました。

きっと、まだ見つけていない生き方が
世界のどこかに隠されているのだと思います。

 

もし、
自分の生き方に疑問を抱いていたり、
何か違和感を感じているなら、

もしかしたらそれは、

世界のどこかにある「自分が知らなくてはならないもの」に
まだ出会えていないからなのかもしれません。

僕はその「知らなくてはならないもの」を求めて
これからも旅と仕事を続けていきたいと思います。

パワートラベラーの働き方について

僕ら夫婦は旅暮らしをしていますが、ただ旅をしていても、お金の心配は消えない。本当に楽しく自由になるには経済的自立が必要。という理念のもと、旅をしながらでも資金を稼ぐことができるライフスタイルを構築しています。

基本はPC一台で完結する仕事を選んでいます。PCで完結する仕事はいろいろありますが、最初に取り組み、現在も大切にしている仕事は、

ウェブサイトを作る

というものです。企業から仕事を受注するのではなく、自分でサイトの企画を立て運営をしながら、サイトからの広告収入(アフィリエイト)で生計を立てています。

仕事関連のまとめはこちら

関連記事

台北一の人気スパ!そわそわしながら、リージェント台北のカップルスパを受けてきた。

平日昼間、フィレンツェの街を歩きながら、この自由を叶えるためなら何度でも起業しよ...

白髪のかつらに18世紀末の華やかな衣装。「ウィーン・モーツァルト・オーケストラ」...

パリの風を感じながら走る。パリ市街を走るオープンバスに乗ってきました!

どんなに妻のリクエストを叶えても、120点はとれないのだと気がついた話。

AMANGIRI(アマンギリ)宿泊レビュー@Mesa View Suite|ホテ...