世界には「知らなくてはならないもの」が隠されている

 

今、バルセロナのランブラス通り沿いの劇場で
フラメンコを観てきたのですが、

あまりの熱量に茫然自失としています。

僕は生まれてから今まで
あんなにも「情熱的」に
生きたことがあっただろうか。

舞台の上で放出されるあの熱量の
半分さえも出しきれていたかどうか疑わしい。

起業当初、あいりん地区にいた時は
あれは生死がかかっていたから
魂を燃やして生きていたのですが、

それは執念とか、怨念のような感情で
「情熱」と呼べるような
生き方ではなかったように思います。

この1年半、僕は
東南アジアを周遊しながら仕事をし
今はヨーロッパを転々としながら仕事を続けてきましたが、

「充実感のある仕事」こそすれ
情熱的な仕事」はできていなかった、

そんな発想すら、持ったことはありませんでした。

きっと今日、バルセロナで
あのフラメンコの熱気に触れることがなければ
そんな生き方があるとも知らずに
生涯ずっと、生き続けていたかもしれません。

 

今日この瞬間、
バルセロナにいなければ
絶対に気が付くことがなかった感情。

それに気がつくことができて
心から良かったと思う一方、

知らずに通りすぎていた将来を思うと怖くて仕方がなくなりました。

 

僕らは知らず知らずのうちに、
自分の生き方の枠を決めて、
そこから外れないように生きています。

でも、それ以外の生き方もあって、
それは、自分が生きている世界の外側に
行かなくては出会うことができません。

世界には、
僕らが知らないものがたくさんありますが、

その知らないものの中には、
今の自分が「絶対に知らなくてはならないもの」も
含まれているのだと思います。

自分の生き方を決定づける上で、
そこで出会わなければならないもの。
「知らなくてはならないもの」が世界には隠されている。

それは、

ニューヨークにあるかもしれないし
アマゾンの奥地にあるかもしれないし
ブラジルの酒場にあるかもしれません。

人によっても違うでしょうし、どこにあるかもわかりません。

今日、僕が出会った
「情熱的に生きる」という知らなくてはならないものは
バルセロナのフラメンコ劇場にありました。

きっと、まだ見つけていない生き方が
世界のどこかに隠されているのだと思います。

 

もし、
自分の生き方に疑問を抱いていたり、
何か違和感を感じているなら、

もしかしたらそれは、

世界のどこかにある「自分が知らなくてはならないもの」に
まだ出会えていないからなのかもしれません。

僕はその「知らなくてはならないもの」を求めて
これからも旅と仕事を続けていきたいと思います。

この記事を書いた人

阪口 ユウキ
阪口 ユウキPOWER TRAVELER
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。専門はWEBマーケティング、アフィリエイト、自分メディア構築。東南アジアやヨーロッパ周遊生活、夫婦での世界一周を達成後、現在は大阪に拠点を移して育児中心の生活をしています。
旅資金について

パワートラベラーと名乗っているので「トラベルブロガーですか?旅することで稼いでいるのですか?」と言われることが多いのですが、僕の仕事は「WEBサイト運営」です。

PCとネット環境があれば、世界どこでも仕事ができるため、パリやチェンマイ、リスボンなどにアパートを借りてしばらく定住したり、時には世界一周をしながら暮らしています。

【僕が実際に旅資金を稼いでいるサイト作成の方法はコチラでまとめています】

※2014年7月より続けてきたオンラインサロン「パワートラベラー実践会」は、育休のため2017年3月に募集を停止いたしました。現在はこちらの...

2017年4月に娘が誕生したため、現在は子育て中心の生活を送っています。子供と一緒に旅できる日を目標に、毎日コツコツサイトを作っています。

 icon-tag メールマガジンも配信しています

メールマガジン「パワートラベラー養成講座(無料)」では、旅資金を稼ぐ簡単な方法やアイディア、僕のライフスタイルについて配信しています。

こんにちは、パワートラベラーの阪口です。 「企業に所属しなくても、個人単位で、世界を自由に旅をしながらできる仕事がしたい」 そんな働き方を叶...

関連記事

サントリーニ島はあまりに過酷? ネットの情報と生の情報の差異

ウィーンデートにおすすめ!シュテファン大聖堂を望むルーフトップバー「SKY Ca...

自分にとっての異国とは、心理的な距離によって決められるのだと、新山口駅で気がつい...

一生涯、夫婦で語れる思い出に投資する。なぜ夫婦で2ヶ月間のヨーロッパ旅行に出発し...

スタバファンの聖地・北野異人館のスタバが素敵すぎる!

岡山市内のカフェを転々としながら、収益構造の分散化を考えている。