バレンタインなので妻に花をプレゼントしました【Family Tradition】

海外ではバレンタインは

男性→女性

に贈り物をするのが普通だそうで、昔住んでいた東南アジアの国々では、真っ赤な薔薇の花束を持った男性が、路上で女性に告白しているような様子をよく見かけていました。

それを見て以来、

男性側から先に行くって、漢気あって素敵だな

と思うように。

バレンタイン当日、そわそわとただ待つのではなく、自分から行く。

そんな気持ちで当日を臨めば「今年はもらえなかった」と落ち込むことがなくなりますし、

自分にとって本当に大事な人は誰かを再確認する機会にもなります。

阪口家では、結婚当初から、バレンタインは男性側がプレゼントをすることになっています。

追伸1:花のプレゼントについて

日本ではチョコレートを贈るのが一般的ですが、僕は「男性が女性に花を贈る」風習が好みのため、花をプレゼントしています。

追伸2:花を受け取るタイミングの注意!

今回は2月14日当日受取にしてしまったのですが、時間指定をするのを忘れていたためヤキモキしました(笑)

たまたま午前中に届いたので良かったのですが、日中出かけていると受け取れないので、来年からは【前日夜】に受取指定するようにしたいと思います。

追伸3:花束よりアレジメントを。

花をプレゼントするというと、僕は昔はドラマで見たような「花束を渡す」イメージが強かったのですが、

花束だと、水切りをしたり、花瓶に活けたり、もらった後の処理が大変なんだよね。女子力を試されている気がする(笑)

と妻に指摘されてからは、花束ではなく、アレジメントをプレゼントするようになりました。

アレジメントだと、そのまま部屋に飾っておける形になっているので、もらう側もハードルが低いのだとか。特別なサプライズ時は花束の方がインパクトがありますが、普段のプレゼントはアレジメントにしておく方がおすすめです😊

アレジメントの例。すでに花瓶や入れ物がある状態で届くので、このまま部屋において飾ることができます。写真は日比谷花壇さん(http://www.hibiyakadan.com/)より。

 

追伸4:花は通販で手軽に買えます!

「花ってどこで買うの?」と花をネットで買ったことがない男性は思うかもしれませんが、amazonと同じ感覚で気軽に通販で買うことができます。

僕が良く利用しているのは、

★青山フラワーマーケット(通販)
http://eshop.aoyamaflowermarket.com/

★日比谷花壇(通販)
http://www.hibiyakadan.com/

の2つ。

どちらも記念日別、花の種類別、色別などで種類分けされているので選びやすいですよ。

追伸5:ホワイトデーに悩む世の男性へ

男性側から先にプレゼントをしておくと、ホワイトデーのお返しに頭を悩むこともなくなりますね(笑)

パワートラベラーの働き方について

僕ら夫婦は旅暮らしをしていますが、ただ旅をしていても、お金の心配は消えない。本当に楽しく自由になるには経済的自立が必要。という理念のもと、旅をしながらでも資金を稼ぐことができるライフスタイルを構築しています。

基本はPC一台で完結する仕事を選んでいます。PCで完結する仕事はいろいろありますが、最初に取り組み、現在も大切にしている仕事は、

ウェブサイトを作る

というものです。企業から仕事を受注するのではなく、自分でサイトの企画を立て運営をしながら、サイトからの広告収入(アフィリエイト)で生計を立てています。

仕事関連のまとめはこちら

関連記事

理想のライフスタイルを「とりあえず」生きる。人生の方向性を決めるにはプチ冒険が必...

今話題のHotelsCombined(ホテルズコンバインド)って何? オフィス訪...

娘が生まれて2週間。ニューボーンフォト(新生児フォト)を撮影してきました。

スーツケースに何を詰めるか。それはその時の自分にとって一番大事なものは何なのか?...

パリでアパートメントを借りてみた!検索方法と契約手順、おすすめの滞在エリアをまと...

29歳になりました!ともに歩んでくれる仲間たちに感謝を込めて。