赤ちゃんと留守番してわかった、ずっと家にいるのに家事が進まない3つの理由

こんにちは、パワートラベラーの阪口です。

赤ちゃんが生まれて2ヶ月が過ぎました。

うちは夫婦ともにどこでも仕事が出来るため、最近はずっと家で育児と仕事をしながら過ごしています。
今日は妻が美容院に行っている間、赤ちゃんとお留守番をしていました。

留守番中、ちょっとは家事や仕事ができるかなーと思っていたのですが、結局何も手につかず。そのまま数時間が過ぎ去り、あっという間に妻が帰ってきました(笑)

家にずっといるのだから、掃除のひとつもできそうなのに。

どうして何もできないんだろう?と考えてみることにしました。

1.お世話で両手 or 片手が塞がっていて何もできない

おむつ替えをしたり、ミルクを作ったり、ぐずっている子を抱きかかえてあやしたりと、赤ちゃんが起きている間は基本的に、片手か両手が塞がっていることが多いです。

おむつ替えもミルク作りも、慣れてしまえばさほど時間はかからないのですが、

おむつ替えは、多いときだと1時間のうちに数回替えますし、ミルクも使ったあとは洗浄・消毒が必要です。

抱っこも、あやして「落ち着いたかなー」と思って下に置くと、すぐにまた泣き出したり。そうなるとまた抱きかかえて、家の中をうろうろしたり、揺らしたり。

その状態で家事をするのは、大変です。

洗濯物を洗濯機に放り込んで、乾燥まで一気に回したり、片手で赤ちゃんをかかえつつ、片手で掃除をかけたりすることはできなくもないのですが、両手でやるよりはるかに非効率ですし、赤ちゃんが暴れるとそれもできません。

職場で、「常に片手で3キロ以上の米袋抱えて仕事しなさい」と強制されたら、資料作成も営業もミーティングもやりづらいことこの上ないですよね。

だいたいそんな感じです。

2.眠っているときは、大きな音を立てられないから何もできない

それでは赤ちゃんが眠っている時なら家事ができるだろう、と思うのですが、

眠っているときは、大きな音を立てるとまた起きてしまうため、掃除機をかけたり、洗い物をしたりという作業がはばかられます。

あやしているときは、

「お昼寝してくれたらいいのになー」

と思うのですが、

実際にすやすや眠っている赤ちゃんを目の前にすると、そのまま静かに寝かせてあげたいと思うのが親心だったりします。

じゃあ、家事が無理なら仕事でもしようとパソコンに向き合うのですが、集中しはじめると、赤ちゃんの呻き声や泣き声が聞こえはじめたり、急にまた泣き出したり。

そうなると、仕事どころではなくなって、結局1の状態に戻ります。

3.赤ちゃんが機嫌がいいときは、遊んであげたいから何もできない

もちろん、赤ちゃんは常にぐずっているわけではなく、ご機嫌な時間も多くあります。

そうしたご機嫌な時間になら、家事もできるだろうと考えはするのですが、、、

機嫌がいいときは、やっぱり遊んであげたいんですよね。

膝の上に乗せて話しかけたり、絵本の読み聞かせをしたり、周りのことの実況中継をしたり。

この時期、いっぱい話しかけたり、身体に触れてコミュニケーションをとるほうが、脳の発達にもいいと聞きます。

ご機嫌なときに放置しておくのもなんだか可哀想ですし・・・。

ということで、結局、家事をやろうとしていた手を休めて、赤ちゃんと遊びはじめるのですが、そうしているうちにまたお腹が空いたり、おむつを取り替えなくちゃいけなかったり、また泣き出したりと、1の状態に戻るのでした(笑)

そんなことをやっていたら、あっという間に半日が過ぎて、妻が帰ってきました。

赤ちゃんと生きるということは、片手間ではできない、それだけで「大仕事」なのだと思う。

今日はたまたま一人だったのですが、妻と一緒にみているときも、だいたいこんな感じだったりします。

ひとりが赤ちゃんのお世話をしている間に、もう片方が仕事をしたり、家事をしたりしているのですが、

赤ちゃんの泣き声って部屋中に響き渡りますし、泣きわめいている赤ちゃんを尻目に、家事や仕事をするのも気が引けます。

結局二人いるのに、赤ちゃんの周りで過ごしている時間が多かったりします(笑)

二人がかりでのお世話でもこんな感じなのに、一人であれば、なおさらできることには限りが出てきます。

赤ちゃんを抱えての家事は、だいぶ無理がある。わかっているつもりでも、留守番をして改めて実感しました。

(阪口ユウキ)

パワートラベラーの働き方について

僕ら夫婦は旅暮らしをしていますが、ただ旅をしていても、お金の心配は消えない。本当に楽しく自由になるには経済的自立が必要。という理念のもと、旅をしながらでも資金を稼ぐことができるライフスタイルを構築しています。

基本はPC一台で完結する仕事を選んでいます。PCで完結する仕事はいろいろありますが、最初に取り組み、現在も大切にしている仕事は、

ウェブサイトを作る

というものです。企業から仕事を受注するのではなく、自分でサイトの企画を立て運営をしながら、サイトからの広告収入(アフィリエイト)で生計を立てています。

仕事関連のまとめはこちら

関連記事

人混みを離れてほっと一息。ディズニーランドパリのおすすめカフェ「CAFE FAN...

「いちばん可能性が高い失敗要因はなんだろう」NASAのアポロ計画に学ぶ、実現不可...

沐浴の練習も、短冊切りも、起業もどこか似ている。自分を成長させてくれるものは無限...

NO IMAGE

【夢を諦める方法】僕が10年追いかけたミュージシャンの夢を諦められた「1つの気づ...

お洒落で解放的な下関の港町・唐戸を歩く。

夢をカチカチ唱えるために。カウンターを手に入れました!