グランドプリンス新高輪・渦潮ホールにて、ベーシストとして演奏をしました。

 

僕ら夫婦が参加している慈善団体「アミチエソンフロンティエール インターナショナル ジャポン(https://amitiejapon.org/)」が、国内最大級1000人規模のチャリティー・ガラパーティーを開催しました。

僕は第一部のアペタイムに、少人数編成でのバンドのベーシストとして出演。また、第二部のラストのオーケストラ演奏では指揮者をやらせていただきました。舞台は、グランドプリンスホテル新高輪、アペタイムでは、パーティー会場である飛天の間に続く「渦潮ホール」の特設ステージで演奏いたしました。

こちらはリハ中の写真ですが、ちょうど天窓からステージに向けて光が差し込み、神々しい雰囲気をつくっていました。過去に演奏をしたステージの中で、最も胸がときめく、美しい舞台でした。

僕は15歳から23歳まで、プロのベーシストを目指して活動していました。

真剣に、毎日音楽に取り組んでいるつもりでいましたが、今になって思うことは、全ての活動が「内向き(自分向き)のベクトル」で構成されていたということです。

自分はどう弾くかということ、どうすれば自分はうまくなるのかということ。全てが自分、自分、自分になっていて、本当に狭い視野の中で盲目的に生きてきました。

ミュージシャンとして、一定の音楽のクオリティを出すことは必要不可欠ですが、ベクトルが自分だけに向いていても、世界の広がりはありません。音楽の本質は、「誰と演奏するか」ということであり、「どこで、誰に向けて演奏するか」ということであり、自分を起点とはするものの、外に向けてそのベクトルは向かっていないといけないと、強く思うようになりました。

僕は23歳で音楽の道に挫折してから、30歳を過ぎて、このアミチエジャポンのオーケストラに加わり、自分ひとりで努力をするだけでは決して立つことができない様々なステージに立たせていただきました。

モナコの5つ星ホテルであるエルミタージュホテル、オテル・ド・パリのボールルームや、東京のグランドハイアットホテル、今回のグランドプリンス新高輪にしても、どんなに自分が一生懸命楽器の練習をしても一生涯立つことができない舞台ばかりです。楽器を背負い、日本と世界を飛び回る姿は、まさに世界を股にかけて活動をするミュージシャンのそれであり、このアミチエジャポンの活動に関わることで、僕は昔思い描いた夢を叶えることができました。

阪口ユウキ

追伸:

うちのオーケストラは、慈善団体である「一般社団法人 アミチエソンフロンティエール インターナショナル ジャポン(https://amitiejapon.org/)」のメンバーで構成されています。アミチエと協力体制を結んでいる外部組織の「EXPLORERS CLUB(http://www.explorersclub.jp/)」の中に「音楽部」というものがあり、音楽部の選抜メンバーがアミチエジャポンのパーティーの機会の演奏をすることをしています。アミチエジャポンは誰でも会員になることができますが、EXPLORERS CLUBはクラブ会員の推薦が必要になるため、参加を希望される方は阪口のFacebook上に直接メッセージいただければと思います。

【お知らせ】パワートラベラーの定義と、この働き方を叶えるための戦略を動画でまとめました▶▶「パワートラベラーを叶えるための考え方と基本戦略

POWER TRAVELER

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。

「いつでも自由に旅することができる」という状態を保つため、PC1台で完結する仕事がメインです。

仕事についてのまとめはこちら

 

関連記事

オーケストラの指揮者に就任しました。

今週は指揮者として活動してきました。

指揮者をやるようになって、見えるようになった音楽の世界。

国際線フライトにベースを預けて飛んでみた!当日の様子や料金を解説します【ANA国...

音楽という手段で、世界を巡る力をつけるために。チェロを弾き始めて3ヶ月が経ちまし...

国内線にベースを預けて飛んでみた! 預け入れの様子や料金について解説【ANA/J...