妻の妊婦健診に9ヶ月間付き添ってわかったこと

今日は、妻の妊婦健診で病院に行ってきました。

妊婦健診とは、妊婦や赤ちゃんの健康状態を定期的に確認する検診です。妊娠週に合わせて、月1〜週1回のペースで産婦人科に通います。

この検診に、毎回、欠かさず付き添いをして9ヶ月。

最初は先生にも、「あれ、旦那さんも一緒?」と珍しがられたのですが、今では看護師さん、助産師さんを含め、僕が付き添っているのが当たり前に受け入れられるようになりました。

他にも、助産師さんに「トコちゃんベルト」の付け方を教わったり、、、

病院で開催されている妊婦教室に参加してお産について学んだり、、、

妻が参加する場に当たり前のように一緒に入って、お産について学ぶことをしています。

毎回妊婦健診に付き添って見えたもの

こうして毎回、妊娠について学んだり、赤ちゃんの成長を見るにつれ、自分の中の世界観がだんだん変わってきました。

まず、妊婦さんに対する考え方が変わりました。

僕らは、夫婦でビジネスをしているため、基本的には24時間一緒に生活をしています。

そのため、妻のお腹が大きくなる様子や、体調の変化を、毎日見てきました。

最近では胎動も激しくなって、たまに肋骨を蹴られて「うっ」と呻いていたり。そうした妻を眺めていると、新しい生命をお腹の中で育てている母体にかかる負担は、相当なものだろうと感じます。

「妊娠」
「出産」

というのは、知識としては知ってはいたのですが、実体験として目の当たりにするとこうも違うものかと。

この未知の体験を、あたりまえのように乗り越えている方々が、どこもかしこもいる。

最近では妊婦さんをみかけたり、子ども連れのお母さんを見かけるたび、「すごいよなあ…」と尊敬の眼差しを向けるようになりました。

自分の見えている世界が一変する瞬間

自分が見えている世界が、変わる瞬間。

これまで仕事をしながら海外を巡ってきて、何度もそうした瞬間に立ち会ってきました。

フィレンツェの石畳をコツコツと音を鳴らして歩いたとき。

月曜日の昼間ぼおっと、碧色をした地中海を眺めたとき。

はじめてひとり旅でバンコクの街に降り立ったとき。。。

自分の中にある世界の枠が一気に広がって、世界の見え方が一変する感覚。そうした感覚と同じものを、子どもができるという一連の体験にも感じます。

子どもを連れている母親の姿を見るたび、「この人たちはみんな、妊娠期間の10ヶ月を乗り越えてきた方々なんだな…」と、自然と尊敬の眼差しを向けてるというのは、過去の自分には全くないことでした。

ひとつのことを知ることで、世界の見え方が違って見える。

子どもが生まれると、もっとそうしたことを実感するんだろうなあ、、、ということを、今日、妊婦健診に向かうタクシーの中でぼんやり考えたのでした。

この記事を書いた人

阪口 ユウキ
阪口 ユウキPOWER TRAVELER
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付けたのが2013年、以来世界を巡りながらできる仕事を続けています。

【主な仕事】WEBメディアの運営/コラム執筆/オンラインスクール「パワートラベラー実践会」の運営
【旅のスタイル】年間フライト50回以上。アパートを借りて暮らしたり、語学学校に通う滞在型の旅が好みです。
【近況】現在は妻が妊娠中のため、大阪に拠点を構えながら、収益サイトと自分メディアの構築を続けています。
メール講座「パワートラベラー養成講座」を配信しています

「企業に所属しなくても、個人単位で、世界を自由に旅をしながらできる仕事がしたい」そんな働き方を叶えると決意したのが2012年のことです。

日本でも海外でもできる仕事は何があるのか。辿り着いた答えは、

資産となるような、収益サイトをつくる

というものでした。

パワートラベラー養成講座は、僕が起業してからの6年間実践してきた、自由な働き方を叶える技術やマインドセットをまとめたメール講座です。

「個人単位で働きながら、自由なライフスタイルを叶える」という理念に共感いただいている、6000名以上の方に向けて配信しています。

パワートラベラー養成講座を購読する

関連記事

出産まであと1ヶ月、心斎橋で妻とマタニティフォトを撮ってもらいました。

ジョホールバルで本格的な日本食が食べられる!「JAPAN STREET in C...

オペラ座からCDG空港まで直結!ロワシーバスの乗り方・乗車場所・チケットの乗り方...

チェンマイに戻ってきました!空港到着後→ニマンヘミン通りへ。

ブリュッセル在住の映像クリエイター・金井雄三さんの手によって、あいりん地区のST...

妹を香港ディズニーランドに連れて行く。男としてのレベルが上がったかなと感じた日。